ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

見学ボートに溶岩直撃、乗客23人負傷

投稿者: キョーコ 更新日:2018年07月18日

Lava Bomb Injures 23 Passengers on Boat Tour

ハワイ島キラウエア火山

 

火山活動が続いているハワイ島キラウエアで7月16日(月)朝、溶岩が噴出する様子を海から見学するツアーボートに溶岩が直撃する事故が発生、乗客23人が負傷しました。

◇関連記事/人気連載「ハワイ島ガイド」キラウエア噴火とハワイの現状について Q&A
◇関連記事/火山活動続くハワイ島でマグニチュード5.5の地震

ホノルルスター・アドバタイザー紙の報道によりますと、ボートを直撃した溶岩はバスケットボール程度の大きさで、金属製の屋根を貫通し、乗客の座席下に落下したということです。また「ホットスポット」と呼ばれる細かい粒子状の噴出物もボートに落下してきたと伝えられています。

負傷者のうち3人が救急車で病院に搬送され、そのうち20代の女性が大腿骨を骨折する重傷を負いました。残る20人のうち10人は病院で手当てを受け、軽いやけどや擦り傷などの軽傷の10人は救急隊員により現場で手当てを受けたと報告されています。

沿岸警備隊の話では、見学ボートには溶岩が海に流入する場所から100m以内への進入が禁じられていましたが、ツアー会社からの強い要請を受け、1週間前に50m以内と変更したばかりでした。今回の事故を受け沿岸警備隊では見学ボートに対して300m以内への進入を禁じています。

(Honolulu Star-Advertiserより)

 

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ