ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ハワイアンモンクアザラシに触れた男性に高額罰金

投稿者: キョーコ 更新日:2018年09月01日

Visitor who Woke Up Sleeping Monk Seal Slapped with a Hefty Fine

インスタグラムに動画投稿し違法行為発覚

昨秋、カウアイ島を訪問中に、ポイプ海岸で寝ていたハワイアンモンクアザラシに触り、起き上がったアザラシに驚き、海岸を走って逃げる動画をインスタグラムに投稿していたアラバマ在住の男性に、このほど高額の罰金が科されました。

ハワイアンモンクアザラシは絶滅危惧種に指定され、連邦、州法によって保護され、触れたり近づいたりすることが禁じられています。ハワイ・ニュースナウの報道によりますと、この男性は「#monkseals」のハッシュタグを付けて動画を投稿していたため、米海洋・大気庁の目に留まり、このほど違法行為が発覚したということです。

またその後の調査で、この男性が同じく保護下にあるウミガメを執拗に追いかける動画を投稿していたことも判明し、このほど絶滅危惧種保護法違反で男性に$1,500(約16万5千円)の罰金が科されました。

 

(Hawaii News Nowより)

■関連記事/ 瞑想&回転する、ワイキキ水族館のアザラシが世界中の話題に
■関連記事/【アクティビティ】ハイキングスポット:オアフ島最西端のカエナポイント (動画付き)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ