ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
キョーコ

マウイ島、もっとも低い場所で降雪観測

投稿者: キョーコ 更新日:2019年02月14日

Snow Closes Haleakala National Park and Creates Social Media Buzz

常夏の島での降雪画像、ソーシャルメディアで話題に

(普段のハレアカラ山の様子)

米本土で猛威を振るっている寒気がハワイ諸島に到来、マウイ島では先週末、統計開始以来、もっとも標高の低い場所で降雪が観測されました。

View this post on Instagram

A post shared by Honolulu Star-Advertiser (@staradvertiser) on

 

ホノルル・スターアドバタイザー紙の報道によりますと、マウイ島南部のポリポリ州立公園で2月9日〜10日にかけて降雪を観測。同地区は標高6,200フィート(約1,900メートル)で、ハワイ州内でこれまでに降雪が記録された場所としては、もっとも標高の低い地点とされています。

気象関係者によりますと、ハワイ州内でこれまでに記録したもっとも低い地点での降雪は、1952年のハレアカラ山の標高7,500フィート(約2,200メートル)と報告されています。

View this post on Instagram

A post shared by Maui Blog | Maui Hawaii (@amauiblog) on

またハレアカラ山頂では少なくとも6インチ(約15センチ)の積雪が確認されており、頂上が雪に覆われたハレアカラ山の画像はソーシャルメディア上で広く拡散され、大きな話題を呼んでいます。現在はハレアカラ国立公園、ポリポリ州立公園ともに休園措置が取られ、園内への立ち入りが禁じられています。

(Honolulu Star-Advertiserより)

 

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ

```