ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ANA新型機「フライングホヌ」いよいよ就航

投稿者: キョーコ 更新日:2019年05月24日

Airbus A380 “Flying Honu” comes into service on May 24, 2019

5月24日ホノルルに向け成田から初離陸

ANA、フライングホヌ◇関連記事/ANA新型機「フライングホヌ 」の就航イベント、ハワイで開催!

全日本空輸(ANA)が新たに導入したエアバスA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」が5月24日(金)、成田-ホノルル線をいよいよ就航します。

“空飛ぶウミガメ”を意味するフライング・ホヌは、2階建て全520席の世界最大の旅客機で、成田―ホノルル線を週3往復(火、金、日出発)で運航をスタート。7月1日(月)からは週10往復まで拡大されます。

またフライング・ホヌの就航に合わせて、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港内に新たに「ANAラウンジ/ANAスイートラウンジ」がオープン。合計で370席と同空港では最大のラウンジとなります。

ANAでは今回新たに計3機を導入。ハワイの「空」をイメージした1号機のフライング・ホヌのほか、2号機はハワイの「海」をイメージしたエメラルドグリーン、3号機はハワイの「夕日」をイメージしたオレンジ色の塗装が施されるということです。

エアバスA380型機の詳細はこちらのサイト(https://www.ana.co.jp/ja/jp/hawaii24/airbus380/)をご覧ください。

 

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ