ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

デルタ航空、来夏までに成田から撤退へ

投稿者: キョーコ 更新日:2019年08月08日

Delta Air Lines to Slash Flights at Tokyo Narita Airport, Increase Presence in Haneda

需要拡大見込み羽田へ全フライトを移管

ホノルル国際空港、実際はダニエル・K・イノウエ国際空港です

2020年夏に予定されている羽田空港の国際線発着枠拡大にともない、デルタ航空では来夏までに成田空港の旅客便運航から撤退し、すべてのフライトを羽田空港に移管することをこのほど発表しました。

◇関連記事/デルタ航空、福岡とホノルル間の直行便を廃止へ
◇関連記事/ホノルル−福岡直行便の再就航計画発表

パシフィック・ビジネスニュースの報道によりますと、ジョージア州アトランタ市に本拠を置くデルタ航空は、現在羽田空港からカリフォルニア州ロサンゼルスとミネソタ州ミネアポリスを結ぶ直行便をデイリーで運航していますが、羽田空港の需要拡大を見込み、ホノルルをはじめ、アトランタ、ワシントン州シアトル、ミシガン州デトロイト、そしてオレゴン州ポードランドの5都市を結ぶ路線開設計画を進めており、今年5月に米運輸省から仮承認を得ています。

新たな羽田路線の追加が実現すれば、同空港における最大の運航規模を持つ米国の航空会社になるものとみられています。

(Pacific Business Newsより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ