ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

半数が「職場でのセクハラ経験」

投稿者: キョーコ 更新日:2019年11月13日

Half of Isle Adults Claim Sexual Harassment

ハワイ初のセクハラに関する意識調査

ハワイは女性にとってベストな州

ハワイ州における「職場でのセクシャルハラスメント(セクハラ)に関する意識調査」で、回答者の半数がセクハラを経験していたことが、このほど明らかになりました。

ホノルル・スターアドバタイザー紙の報道によりますと、安全な職場環境の構築を目指す活動グループ「Safe Spaces and Workplaces」が中心となって行われた今回の調査では、ハワイ州の住民607人から回答(許容誤差4%)が寄せられ、勤務中に何らかのセクハラ行為を受けた経験のある人が女性では52.2%、男性では42.4%に上ることが分かりました。

セクハラ行為として、口笛や流し目などの挑発的な行動や性的な言葉の使用、昇進や解雇の話をちらつかせて体に触れたり、性的行為を強要するなどが含まれます。セクハラの加害者でもっとも多かったのが同僚(55.1%)で、全くの他人(33.8%)、顧客(28.4%)、そして雇用主、上司(22%)と続きます。

またセクハラ被害に遭い、人事部に報告した人は全体の18%、告発した人は9%に留まっています。ハワイ州全体で職場でのセクハラ被害に関する調査が行われたのは今回が初めてのことです。

(Honolulu Star-Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ