ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ハワイで2020年から始まる4 つの法律 – プラ製レジ袋の配布終了 –

投稿者: キョーコ 更新日:2020年01月07日

New Laws Going into Effect in 2020

スポンサーリンク

レジ袋禁止、マリファナ規制緩和など

2020年を迎え、新たに成立した州法、市条例が施行されます。ハワイ・ニュースナウの報道によりますと、ハワイの主な新法は以下の通りです。

◇関連記事/ハワイ限定デザイン、人気のエコバッグ&トートバッグ100点以上!
◇関連記事/使い捨てプラスチック製品、オアフ島でも禁止へ

◎オアフ島では2020年1月1日よりこれまで有料で提供されていたプラスチック製レジ袋の使用が、再利用可能、生分解性にかかわらず禁止される市条例が施行されています。ただし厚さ10mm以上で取っ手付きの再利用が可能なものや、野菜や果物、ナッツ類や冷凍食品、魚や肉などを入れるためのものは規制の対象外となります。詳細はこちらで閲覧できます。

◎ハワイ州では児童の健康的な食習慣の確立を目指し、レストランに児童向けの飲み物として牛乳、ジュース、水の提供を義務付けた新法が2020年1月1日から施行されています。

◎米国内で医療用、娯楽用マリファナの合法化が進む中、ハワイ州でも規制緩和を検討する動きが広がっています。2020年1月11日から施行される新たな州法では、3グラム以下のマリファナ所持に対しては「刑事罰」を廃止し、駐車違反と同様の「違反行為」とみなされ、130ドル(約1万4,000円)以下の罰金措置にとどまるということです。

◎2020年7月1日からは、運転免許証の性別欄に男女の性差にとらわれない「X」と記載できる州法が施行されます。ハワイ州におけるLGBT層(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)の割合は、全人口の4.6%と国内ではもっとも高い州の一つとされています。

(Hawaii News Nowより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ