ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

ハワイ州の14日間隔離措置は不当との訴えを裁判所が却下

投稿者: Eriko 更新日:2020年07月04日

Judge rules Hawaii’s quarantine is reasonable during pandemic

スポンサーリンク

新型コロナにより医療機関が崩壊しないために必要

このほどハワイ、カリフォルニア、ネバダ州のある団体の訴えに対して、アメリカ合衆国判事は、ハワイ州が旅行者に対して実施している緊急措置は、新型コロナ禍の公共の健康危機管理として合理的であるとして、訴えを却下しました。

この団体は、ハワイ州の旅行者に対する14日間の自己隔離措置は不当かつ不必要であり、自由に旅行するという市民の基本的権利を奪うものだと訴えていました。

米国地方裁判所のジル・オオタケ判事は、「この規制はハワイ州外からの旅行者とハワイ在住者に課せられる隔離義務は人々が旅行することを妨げているのではない、原告側が14日間の隔離を拒むがためにハワイに来ないと判断しただけ。」と述べ、7月2日(木)保全処分の申し立てを取り下げました。

訴訟側の弁護人、また司法長官の事務局はコメントしていません。

オオタケ判事は、ハワイ州が行っている隔離措置はCOVID-19の感染拡大により医療制度が崩壊しないためのもので、これは同州にとって重要であると述べています。

ハワイが全米でも低い感染率を保っているのもこの緊急規制があるからだと、木曜日の公判でハワイ州検事総長のクレア・コーナー氏はオオタケ判事に代弁しました。

(Hawaii News Nowより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ