ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

ビショップ ミュージアムの日本語オンラインプログラムをご紹介

投稿者: Eriko 更新日:2021年05月18日

Bishop Museum Japanese Online Program

スポンサーリンク

ハワイと太平洋の歴史、文化、環境に関する24プログラム

バニース パウアヒ ビショップ ミュージアムはハワイ州観光局の協力を得て、ハワイや日本、そして世界中で日本語を話す人々に向けてオンライン プログラムのシリーズの配信を開始しました。

「ビショップミュージアム 日本語オンライン プログラム」は2021年12月まで、ミュージアムを代表するギャラリー、オリジナル展示、またライブプレゼンテーションを通して、ハワイと太平洋の歴史、文化、環境について24のプログラムを提供します。

プログラムは、英語で録画されたビデオに日本語字幕を付けた事前収録のビデオ配信、又はビショップ ミュージアム アジア パシフィック教育スタッフによる日本語プレゼンテーションのライブ配信として届けられます。

参加者の受講申込は一つのプログラムにつき10ドルです。 ビショップミュージアム メンバーの参加費は無料です。

今後のプログラムの詳細及び受講申込はBishopMuseum.org/Japanese-Online-Experiences を参照下さい。

 

2021年5月から8月にかけてのスケジュール

開催日 (日本時間)/ プログラム名
2021年5月8日 今に生きる伝統文化
2021年5月22日 ハワイアン スターライン: イヴィクアモオ
2021年6月12日 マイ キノヒ マイ: ハワイのサーフィンのツアー パート1
2021年6月26日 マイ キノヒ マイ: ハワイのサーフィンのツアー パート2
2021年7月10日 ポリネシア考古学者篠遠喜彦博士の足跡 パート1
2021年7月24日 ポリネシア考古学者篠遠喜彦博士の足跡 パート2
2021年8月7日 ハワイアン スターライン: マナイアカラニ

 

複数のプログラムを受講する場合は、ビショップミュージアムのメンバーシップへの入会をおすすめします。

年間メンバーシップは大人1名を対象とした「フレンド 」レベル(70ドル)からあり、ミュージアム一般入館料無料に加えて、12ヶ月間に開催されるオンライン イベントへの参加が無料となる特典が含まれます。

 

ビショップミュージアム入館料、パーキング、開館時間

現在ビショップミュージアムでは収容人数規制の為、1日あたりの入館チケットを最大550枚としています。

時間指定の入館チケットは事前に購入することができます。入館の時間帯は午前9時から1時間毎で、最終の入館チケットは午後4時になります。

時間指定の入館チケットを予約したら、指定の1時間の間にチケット窓口でチェックインして下さい。予約時間枠から15分以上経過した場合は、空き状況によっての入館となります。入館後は時間に制限なく、閉館の午後5時まで楽しめます。

現在有効な事前購入の入館チケットの所持者は、当日の空き状況により入館できます。ミュージアムはゲストと職員の健康と安全を守ることを最優先にしています。最新規定により ミュージアムは安全にご来館頂ける場所を提供します。

 

◎一般入館料 
大人: $24.95 
シニア (65歳以上): $21.95
子ども(4–17歳): $16.95 
3歳以下: 無料 

◎ハワイ居住者、ハワイ居住学生、軍関係者 (要ID)
大人: $14.95
シニア (65歳以上): $12.95
子ども (4–17歳): $10.95
3歳以下: 無料

16歳以下のお子様には大人の同伴が必要です。
ビショップミュージアムの年間会員(メンバー)は一般入館料及びパーキングが無料となりま
す。詳しくはミュージアムのウェブサイトBishopMuseum.org/Membershipを御覧下さい。

パーキング料金

昼間料金: 午前6 時から午後5 時 $5.00
夜間料金: 午後5 時から午後10 時 $3.00
開館時間
毎日開館 午前9 時から午後5 時
感謝祭とクリスマスは閉館

ビショップミュージアムの「カフェ ハイウェイ イン」では丼物、サンドイッチ、及びスナック類を毎日午前10時から午後3時30分まで販売しています。ビショップミュージアム メンバーは、メンバーカードを提示すると10%割引となります。

 

バニース パウアヒ ビショップ ミュージアムについて

バニース パウアヒ ビショップ ミュージアムは、ハワイと太平洋地域の特異な歴史、文化、環境を探究し共有することにより、地域及び観光で訪れた人々に感動を与えることをミッションとしています。

ビショップミュージアムはチャールズ・リード・ビショップ氏によって、カメハメハ大王の直系子孫である妻バニース・パウアヒ王女の追悼として、1889年に設立されました。

ミュージアムは地域の教育の場として、そして世界的にもハワイと太平洋地域における主要教育機関として発展しています。

9つの研究部門があり、2,200万点の自然史標本、 200万点以上の文化品、11万5,000点の歴史的出版物、100万点の写真、フィルム、芸術作品、音声資料と文献を含む、総計2,500万点以上の膨大なコレクションを収蔵しています。

これらのコレクションは130年以上に渡る貴重な学術研究と、ハワイ及び太平洋地域の文化と生物多様性を物語るものです。

ビショップミュージアムは、毎年2万人の子どもたちの課外授業を含む20万人以上の来館数を誇ります。

(ハワイ州観光局の情報をもとに作成しました)

◎ビショップ・ミュージアム
Bishop Museum
住所:1525 Bernice Street, Honolulu, HI 96817
電話:(808) 847-3511
ウェブサイト(英語):www.bishopmuseum.org

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ