ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
ハワイ歩き方事務局

バケーション・クラブのエキスパートに聞く

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2005年10月29日

クラス感のある別荘を週単位で所有するというバケーション・スタイルとして定着しつつある「タイムシェア」。「ハワイに別荘を持ちたい」とか「今年の休みはカリブ海でクルーズ、来年はカナダでスキー」などの夢を実現してくれる「タイムシェア」のシステムは、世界中で1兆円以上もの売り上げを誇る一大産業に成長しています。現在、世界中の90ヶ国以上の国に約5,500以上の「タイムシェア・リゾート」が存在するといわれています。暮らす感覚のステイを約束してくれるだけでなく、世界中のいろいろな場所のリゾートやクルーズとの交換もできる画期的なこのシステム。ハワイ旅行のリピーターにも「ハワイにはたまにしか来ない」という人にも人気の「タイムシェア」とは何か、そしてどういう使い方があるのか、などを徹底的に解剖していきます。

バケーション・クラブのエキスパートに聞く


ソーレン・シーバーさん
ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ
セールス・ディレクター(国際部)

東京育ち。ノルウェー系とイギリス系の血を引くアメリカ人の父と日本人の母のもとに日本で生まれ、17才のときにハワイ大学に通うためにハワイに移住。現在は平日はオアフ島ホノルルで仕事をこなし、週末には家族の住むカウアイ島へ帰る生活。趣味はサーフィン。不動産ビジネスでは20年の経験を持つエキスパート

ハワイで豪華なコンドミニアムのオーナーになれる「タイムシェアについてもっと知りたい」というご要望にお応えして、ハワイの不動産ビジネス界で20年の経験を持つタイムシェアのエキスパート、ソーレン・シーバーさんにお話を聞きました。ヒルトン・グランド・バケーション・クラブに関する疑問に、答えてもらいましょう。

バケーション・クラブに関するプレゼンテーションを受けられるのは、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチリゾート&スパの西の端に立つラグーンタワー1階。太陽の光を反射して輝くワイキキの海を一望するだけで、バケーション・オーナーへの夢が膨らみます。目の前に広がる海には白波が…

■シーバーまったく、今日のような日は仕事がしづらいですね〜。いい波が立っているんですよ。サーフィンが大好きなのでこんな日はもう海に入りたくて。

■ハワイの歩き方:サーフィンはハワイにいらしてから始めたんですか?

■シーバー東京に住んでいた12才のときからから始めました。湘南というか鎌倉のあたりでサーフィンしていましたね。ハワイには、ハワイ大学に通うために17才で引っ越してきたんです。一番最初にした仕事は「ジェット・ツアー」(笑)。その後、不動産のブローカーになって、野村不動産やカウアイ島でマリオットのタイムシェア・ビジネスに携わっていました。ヒルトン・グランド・バケーション・クラブでは、セールスから始めて、マネージャーになり、現在は国際部門のセールス・ディレクターをしています。

■ハワイの歩き方:それでは、タイムシェアに関していろいろ質問させていただきます。まず、タイムシェアを所有する利点は、どこにありますか?


「タイムシェアのオーナーになると快適なバケーションが保証され、将来的にバケーションコストが節約できる」と説明するシーバーさん

■シーバータイムシェアのオーナーになる利点はいろいろあります。

快適なバケーションが保証される
一定のクオリティーのアコモデーションを確約してくれる
将来にわたってバケーションのときに節約できる
投資金額以上の充実した内容
ただのホテルの部屋ではなく、広さ的にも設備も充実している
正式に登記された不動産である
バケーション・リタイヤメント・プランを設定できる
タイムシェア・ブランドの安心感
などです。

日本のホテル会員権などとの大きな違いは土地の所有権つきだということです。日本のものはたいていの場合、利用権のみで土地つきだとかなり高額になりますからね。

■ハワイの歩き方:タイムシェアを購入するのは、どのような人でしょうか? オーナーになる方たちのライフスタイルの特徴や最近のオーナーのトレンドを教えてください。

■シーバー定期的に豪華なアコモデーションに泊まって旅行するのが好きで、旅行をお得に楽しみたいという方たちです。日本人のオーナーの平均年齢はだいたい48才くらいです。このセールス・センターで見られる顕著なトレンドは、オーナー層が広がってきているということ。ポイント制のパッケージで高ポイントのタイムシェアから比較的低いポイントのものまで、様々なタイプが選ばれています。

■ハワイの歩き方:ヒルトン・グランド・バケーション・クラブのハワイでのタイムシェアのだいたいのお値段を教えてください。


説明は、タイムシェアの仕組みを詳解したパンフレットやチャートを用いて分かりやすく

■シーバーハワイでは、隔年でタイムシェアを使える$8,000のパッケージから、宿泊時期を指定する「フィックス」タイプのタイムシェアで$100,000以上のものまであります。だいたい、平均は$30,000くらいですね。たとえば、1泊宿泊すると$1,250する2ベッドルームのオーシャン・ビューのお部屋でだいたい450万円くらいと考えていただくといいかと思いますが、もし車を買ったら4、5年でダメになるけれど、代々にわたってお子さんやお孫さんにも譲ることができるのでタイムシェアは資産としての永続性があります。

■ハワイの歩き方:シーバーさんのお気に入りのタイムシェアはどのユニットですか?

■シーバー私が一番気に入っているのは、ヒルトン・ラグーン・タワーのオーシャン・フロントの2ベッドルームの部屋ですね。ここは、海が目の前で何もさえぎるものがないし、夕陽もとてもきれいにみえます。あるとき、カウアイ島のポイプの近くで土地だけを1億円くらいで買った日本の方がいて、「この景色はオレのものだ」と言っていたのが印象に残っていますが、タイムシェアは「景色を買う」ということでもあると思います。

■ハワイの歩き方:ワイキキのタイムシェアを所有すると、ハワイ内では他にはどのタイムシェアとの交換ができますか? それから、アメリカ国内と国外ではどんなところと交換できるのでしょう?

■シーバーヒルトン・グランド・バケーション・ハワイで現在扱っているのは、ここヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチリゾート&スパ内のラグーン、カリア、ハワイ島のヒルトン・ワイコロア・ビーチリゾートの3ヶ所です。また、アメリカ国内ではラスベガスやフロリダ各地、メキシコ、スコットランドなどにも交換できるタイムシェア施設があります。そのほかにも、RCIというタイムシェアの交換ネットワークを通じて世界中のタイムシェアとの交換が可能です。いまのところ、93ヶ国にある3,700ヶ所のタイムシェアが交換利用できます。それから、ヒルトン系列の2,400軒のホテルとの交換もできるんですよ。タイムシェアのオーナーになると、3年間くらいは同じタイムシェアに泊まる方が多いですが、3年目くらいからはほかのリゾート地と交換するようになる傾向があります。

■ハワイの歩き方:交換するのに手数料はかかるのでしょうか?

■シーバー交換の手数料は、タイムシェアの場所によって違いますが、いまのところヒルトン・グランド・バケーション・クラブでは$49、RCIの交換プログラムで$149から$189です。


説明の後でモデルルームを見学。「ラグーンタワーの落ち着きのある雰囲気がオーナーのみなさんに喜ばれています」

■ハワイの歩き方:「フィックス週」と「フロート週」はどう違うのでしょうか? ライフスタイルによってどちらを選ぶのが良いか教えてください。

■シーバー「フロート週」というのは、クリスマスと元旦の週以外は1年のどの週でも利用できるという意味です。ちなみに元旦の週は、「イベント週」として売られています。「フィックス週」は、毎年、決まった週の予約が確約されます。ちなみに、1年のどの週でも「フィックス週」として選ぶことができます。「イベント週」は、100パーセントが「フィックス週」です。もしも、ゴールデン・ウィークやお盆、お正月など決まったピーク・シーズンにしかハワイにいらっしゃらない方には、フィックス週をおすすめしています。

■ハワイの歩き方:ヒルトン・グランド・バケーション・クラブのポイント制度について教えてください。

■シーバーポイントは、毎年、1月1日に翌年のポイントが発生します。たとえば、2006年に翌年の2007年の予約を先着順で受け付けています。また、少し長めに滞在したい場合などでポイントが足りないときは、次の年のポイントを借り入れて使うこともできます。

■ハワイの歩き方:ポイント制度でそれぞれの部屋のポイント数は、シーズンや部屋の大きさ、景色などによって違うのでしょうか?

■シーバークラブ・ポイントは、タイムシェアに泊まるシーズン、部屋の大きさ、景色のすべてがポイント換算されて決められています。

■ハワイの歩き方:ポイントの使い方を教えてください。


モデルルームのラナイに立ってワイキキの海を眺める一面も。良い波のきている日は仕事中もサーファー魂がうずく?!

■シーバーオーナーとして所有しているタイムシェア施設内で眺めやシーズンを変えることによって、少ないポイントで宿泊したり、滞在日数を増やしたりすることもできます。また、「ラスベガスに3泊とハワイ4泊」とか「オアフ島4泊とハワイ島3泊」など他のタイムシェア施設の交換利用も組み合わせて、同じポイントでいろいろなバケーションのスタイルが楽しめるようになっています。それから、ヒルトン・グランド・バケーション・クラブのタイムシェアではなく、RCIの交換ネットワークを通じて他のタイムシェアと交換すると、使うポイントを抑えられるという利点があります。

ヒルトン・グランド・バケーション・クラブは4つのシーズンに分かれていて、「プラチナ」、「ゴールド」、「シルバー」、「ブロンズ」があります。ハワイでは、「プラチナ・シーズン」と「ゴールド・シーズン」の2種類のシーズンしかありませんが、「ゴールド・シーズン」はゴールデン・ウィーク明けの4週間や9月など、オフ・シーズンを指します。例えば、同じ条件の部屋でプラチナ・シーズンに9,600ポイント必要なところ、ゴールド・シーズンでは7,000ポイントに抑えられるなど、シーズンにより消費ポイントが異なります。

■ハワイの歩き方:ポイントはどのくらいの期間まで貯められるのでしょうか?

■シーバークラブ・ポイントは、1年まで貯められます。ポイント有効期限までにクライブ・ポイントを使いきれない場合は、その年の12月31日までにポイントをヒルトン・オーナーズ・ポイントに交換して繰り越す手続きが必要です。

■ハワイの歩き方:実際の宿泊については、だいたいどのくらい前からの予約が必要ですか?

■シーバーピーク・シーズンや人気のあるシーズンにはできるだけ早いご予約をおすすめしております。できれば、1年くらい前からがいいですね。ピーク・シーズンでない時期には、平均的に4ヶ月前くらいからの予約が要ります。


モデルルームのキッチンを背にタイムシェアの魅力を語ってくれたシーバーさん

予約のタイミングには3種類ありまして、オーナーのみが予約できる「ホームリゾート予約期間」が宿泊する12〜9ヶ月前。「クラブ予約期間」は9ヶ月までで、所有するタイムシェア以外の施設の予約が入れられます。そして、予約が入っていない隙間の数日間を1ヶ月前から予約することができますが、これは「オープン・シーズン」予約といいます。例えば、2べッドルームのお部屋に平日で1泊$100などとお値段もかなり安く泊まることができます。リタイアされた方でバケーションが柔軟にとれる方は、空きが出たら予約を入れてハワイにすぐ飛んでくる方もいらっしゃいます。日本のお客様の中にはこのプログラムのいいところを有効利用して得をしている方も結構、いらっしゃいますね。

■ハワイの歩き方:最後に、ヒルトン・グランド・バケーション・クラブのオーナーの特典を教えてください。

■シーバーオーナーは、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのホテルのゲストが使える施設すべてにアクセスできます。内容としては、ルーム・サービス、コンシェルジュ、ルーム・チャージ、ビーチとプール・サービスなどがあります。

■ハワイの歩き方:なるほど。こうしてお話を聞きながら、実際に部屋の中を見ているとタイムシェアが欲しくなるわけが分かるような気がしますね。今日は、いろいろ教えていただきまして、どうもありがとうございました。

(2005年10月取材)

ヒルトン・グランド・バケーション・クラブに関してのお問い合わせ
ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ日本支社
フリーダイヤル: 0120-805-817
ヒルトン・グランド・バケーション・ クラブ
電話:1(808) 943-5256
FAX:1(808) 943-5288
Eメール: hawaiijpn@hgvc.com
住所: 2003 Kalia Road, Honolulu, Hawaii 96815
ホームページ: hgvchawaii.com

この記事が属するカテゴリー: タイムシェア, 暮らし
関連キーワード: タイムシェア,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*