ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Myハワイ編集部
人気連載「ハワイ基礎知識」

トロリーの基礎知識

投稿者: Myハワイ編集部 更新日:2012年07月14日

ハワイの歴史、気候や地理などを扱った「知識編」と、旅行者にとっての必須トピックを扱った「実践編」に分けてお届けする「ハワイの基礎知識」。取り上げて欲しい内容がありましたら、編集部までお知らせください。

トロリーの基礎知識

●移動だけじゃない、乗ること自体も楽しい

旅行者にとって、ホノルル周辺の移動手段として、ザ・バスに次いで身近な「足」となるのがトロリー。ワイキキから、ホノルル市内や東海岸などの主要な観光スポット、買い物が楽しめるショッピングセンターなどを効率良く結んでおり、クラシックな路面電車風デザインが人気です。ハワイの心地よい風を受けながら走るオープン・エアーなので、その爽快感と、街並みを観ること自体がひとつのアトラクション的な楽しみも。ハワイらしい陽気なドライバーたちがガイドを務めているのも、見どころです。チケットの有効期間内なら乗降自由なので、気ままに思いついたところでブラッと降りて、散策という使い方も可能。一味違ったハワイを見つけられるかもしれません。

●目的によって乗り分けよう

ワイキキ・トロリーの主な路線は下記に紹介する4つ。それぞれDFSギャラリア・ワイキキを起点に、ワイキキ周辺の主要なショッピングセンターやホテルなどを停留所としているので、移動に便利です。
またトロリーは貸し切りもできるので、ウエディングや社員旅行などのユニークなサプライズとして利用するのも面白いかも。また、車椅子が利用できるトロリーもあるので、運行スケジュールを電話で確認してみてください。さらにホームページではオンライン特別価格でチケットを販売しているから、こちらも賢く利用してください。

 

ハワイ歴史観光コース <ラインカラー:レッド>
市内の歴史的名所や旧跡を巡回するトロリー。アメリカ唯一の宮殿である壮麗なイオラニ宮殿、カメハメハ大王などの史跡散策、活気あふれるチャイナタウン、ローカルでにぎわうダウンタウンの市場周辺、ワードセンターなど、盛りだくさんの内容。※2013年4月よりダブルデッカー(2階建てバス)にて運行。

 

ダイヤモンドヘッド観光コース <ラインカラー:グリーン>
ダイヤモンドヘッド登頂やダイヤモンドヘッド周辺の観光におすすめのコース。ホノルル動物園、ワイキキ水族館、ダイヤモンドヘッドを通り、カハラモールまで回るルート。土曜日にはKCCファーマーズマーケットにも停留。

 

ワイキキ・アラモアナ・ショッピングコース<ラインカラー:ピンク>
ロ イヤル・ハワイアン・ショッピングセンター、DFSギャラリア、ワイキキ・ビーチ・ウォークなどワイキキ内の主要ショッピングスポットとアラモアナ・ センターを巡るライン。ワイキキ内の主要ホテルにも停車するためお買い物に最適! 料金は片道1人$2、JCBカード会員ならカード 提示で無料で乗車可。

 

ワイケレ観光ツアー
アウトレットでおなじみのワイケレ・プレミアム・アウトレットとワイキキ内主要ホテルを結ぶライン。行きがイリカイ・ホテル8: 45、DFSギャラリア9: 00発(他、ワイキキ内6ヶ所に停車)、帰りはワイケレ14: 30発のそれぞれ1便のみ。完全予約制。
料金は往復大人$26、子供(4~11才)$9.50。所要時間は約1時間。

ブルーライン
ハナウマ湾、ハロナ潮吹き穴、サンディービーチなどを含む、素晴らしいオーシャンビューをダブルデッカー(2階建てトロリー)で楽しめるコース。所要時間は約2時間30分。

 ワイキキ・トロリー
チケット購入情報
ワイキキ・トロリーのウェブサイト、DFSギャラリアのチケットブース、ワイキキの主要旅行会社デスクにて購入できます。「ワイキキ・アラモアナ・ショッピングコース」は乗り放題チケットを持っていなくても、乗車の際に現金でワンタイム乗車が可能ですが、おつりは出ないのでご注意を。
電話: (808) 593-7676
ホームページ:www.waikikitrolley.com (日本語:予約もできます)


(2008年3月、2012年7月、2013年6月情報更新)

この記事が属するカテゴリー: レンタカー・交通ガイド, 基礎知識
関連キーワード: トロリー, 基礎知識,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*