ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「第02回 ハワイモニター旅行当選者1」

当選者 埼玉県 小林様 その1

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2000年02月10日

第2回ハワイモニター旅行当選者  埼玉県 小林さん

はじめに


思いがけずハワイ旅行モニターに当選し、「ハワイに行ける!」と大喜びしたのも束の間。そうです。モニターは、当選から旅行終了までの体験レポートをまとめなくてはなりません。個人旅行は初めての私たち。レポートどころか「普通に観光できるだろうか?」という不安を抱えての珍道中でした。

思い返せば、たくさんの方々にご迷惑をおかけいたしました。そして、たいへんお世話になりました。中でも、「ハワイの歩き方」スタッフの皆様には、不安でいっぱいの私たちの為にいろいろとご配慮を頂きました。 そして、わたしたちにすばらしいチャンスを下さったスポンサーの皆様、本当にありがとうございました。

当選

1999年9月頃。私と友人は、12月の初旬に3泊5日のハワイ旅行を計画していました。計画倒れになる可能性大! なにぶん忙しい時期なので休暇が取れるかどうかは微妙なところ。しかし、「計画がある。」という事がうれしくて、頻繁に「ハワイの歩き方」をチェックしていたのを覚えています。海外旅行なんて、なかなか当たりませんよね。「宝くじで三億円あたったらどうしようかなぁ。」というのと、同じ次元です。ですから、10月5日に届いた「『ハワイの歩き方』ハワイ旅行当選のお知らせ」というタイトルのメールを頂いたときも、そんなに緊張しませんでした。「記念携帯ストラップでも当たったな?」と思って開けました。皆さん、当選メールって見たことありますか?こんな感じなんです!

「ハワイの歩き方」ハワイ旅行当選のお知らせ
アロハ!
弊社はホノルルにあるパックリム・マーケティング・グループと申しまして、ハワイにおける地球の歩き方の広告セールスや取材コーディネーションなどを行っております。厳正なる抽選の結果、「ハワイ旅行プレゼント」企画にご当選されましたのでお知らせ申し上げます。おめでとうございます!!

    「ハワイの歩き方」よりご提供させていただく内容:
    1. 成田発ホノルル行きの往復航空券2名様分(平日成田発=平日ホノルル発)
    2. アウトリガーのオン・ザ・ビーチ・ホテル(ワイキキ・オン・ザ・ビーチ予定)4泊
    3. アラモアナ・センター 500ドル商品券
    4. ビクトリア・ワードセンター 200ドル商品券
    5. ココ・マリーナ 無料マリン・スポーツパッケージ

ご旅行の詳細は、「ハワイの歩き方」上にてレポートしていただくことが条件となっております。写真5点から10点くらいと、当選した日から、出発日までの準備、ハワイに着いてからの毎日の行動、行かれたレストランやショッピング、アクティビティなどのレポート、感想等々をA4用紙2〜3枚程度にまとめていただきたいと思います。
旅行の時期ですが、もしご都合が合うようでしたら、ぜひホノルルマラソンにチャレンジしていただければ、と考えております。お友達とご一緒でのご旅行をお考えかと存じますが、12月12日前後のご旅行が可能かどうか、まずはご確認の上、できるだけ早急にご返事をいただけましたら幸甚に存じます。(以下省略)

あらー。
旅行モニターに応募したことは覚えていたものの、当たるなんて思わないじゃないですか。どうしましょう。しかも、ホノルル・マラソン! 私は、以前からホノルル・マラソンに興味がありました。この大会の参加ランナーはタイムにかかわらず完走することが出来ます。日本では、ほとんどの場合制限時間が有ります。フルマラソン5時間から6時間が相場でしょうか?。場所も常夏のハワイだし、完走できたら、もやもやした自分もパーっと開放できるような気がして。とにかく「完走」が目標の私にはぴったりの大会だと思っていました。だからと言って、まったく練習もしないで完走できるほど甘い距離ではありません。42.195キロって距離は。

友人と、ハワイに行きの話がまとまった時、「ああ、ホノルル・マラソンの季節だな。」という気持ちが過りましたが、同行の友人はマラソンをする人ではないし、私自身も特に練習していたわけではないので、今年も諦めておりました。今年も?実は、毎年諦めていたんですけどね。どうも、気力が続かなくて�年頭にジョギングをはじめるのですが、筋肉痛を理由に一日伸ばしにして、結局止めてしまうのが恒例のパターンになっていました そこへ、「ぐずぐず言わないで、走ってこい!」とでも言うようにハワイ旅行のプレゼント! あの時は、電話で友人と話しながらも、本当にふわふわと不思議な気分でした。「お母さんと行かなくて本当にいいの?私とはいつでも行けるじゃない。」と心配していた友人。私も彼女も初めてのハワイ。マリンブルーのグラデーションを織り成す海! 真っ白な砂浜! そしてハワイ名物虹の掛け橋? 優雅な気分で、ビーチでのんびり三昧、マリンスポーツ三昧するはずだったのに。

準備

各々に、休暇の許可が下りたのは、10月半ば過ぎでした。うれしくて、ついつい、あれこれとトレーニング用品を買いこみ散財。何しろ時間がないので、いままでのようにいい加減に走っていたのでは、事故を招いてしまいます。根性無しの私のこと、故障したら走らなくなるのは目に見えています。

気になるのは靴。外反母趾でも痛くならない靴を探し出すことがポイントです。靴下も試着させてもらって、店内を歩く歩く。それから、雑誌で見た「筋肉をサポートして疲労を軽減する」というロングタイツ。ハワイ気分の派手なランシャツとランパン。キャップ。ウインドプレーカー&ウォームアップパンツ。アンダーウエア各種。手袋。五本指の靴下。それからそれから。売り場のお姉さんも、体験談を交えていろいろアドバイスをくれます。楽しかったなぁ。

ホノルル・マラソン協会日本事務局のホームページで、エントリー用紙を請求し、リンクしてあるホームページに飛んで情報収集。「これから走る人へ・ワンポイント20か条」、「足の痛みから女性ランナーの心理面までカバーした記事(アシックス)」、「アロハ・ダイヤリー アラ・ワイ・ランナーの生活」をプリントアウト。他にはランナーズ1998年10月号別冊付録など参考にしつつ、練習内容を検討。
まずは、走ることに体を慣らすこと。目標は「完走」なので速く走る必要ありません。ウォーキングだって良いのです。

まずはウォーミングアップ15分。これと、走り終わった後のクールダウンは初心者には特に大切だと思います。この柔軟を毎日続けるだけでも、肩こりや腰痛が軽減されるような気がしています。最初の二週間は一日おきに3キロランニング、10月の終わり頃から5キロ走れるようになり、11月に入ってからは、休みの日に10キロランを1週おきに入れて、だいたい1キロ10分ペースで走ることを目標にする。

11月の後半から急に寒くなり、「寒いからパス」と一時練習をサボっていましたが、12月にはいって焦りだし、また3キロランを再開。20キロウォーキングを試してみて筋肉痛のないことを確認。さてさて、そんなこんなしているうちにも、ゼッケン引換え番号の通知や、『ハワイの歩き方から』航空券が届いたりして、出発の日を迎えました。さて、12/10から15までの4泊6日の旅の始まりです。

空港で(つづき)

成田空港で、なんとか無事に出会う事ができた私達。友人は、既に準備万端。後はご飯を食べるだけ。私には、空港で両替、コンタクトレンズケースの購入(ワンデイを持って来ていながら、いつものソフトコンタクトを入れてきてしまった。)という課題が残っておりました。両替、4万円をUS$に。$379でおつりが73円。レートは105.35円でした。「100ドル札を入れてもいいですか?」と両替窓口の方。
「いいえ、20ドル札と1ドル札にしてください。」と私。両替窓口の方笑顔で交換してくださる。チョット気になるその笑顔。なにか変なことをしたのでしょうか?コンタクトレンズのケースも無事購入。成田空港のドラッグストアには空港に立ち寄るたびにお世話になっております。

機内食が出るような予感がしていながら、空腹に耐えかねて夕飯はしっかりと食べました。「行きはね、眠れなくなると困るから、肉類や油物は避けて、炭水化物中心の食事が良いらしいの、現地に到着したら、今度は、肉類を食べた方が時差ぼけになりにくいそうです。」と友人にアドバイスしつつ、「一口カツとエビフライ定食」を頼む私。友人が「あのねー」と一言うのも無理もありません。

さぁ。搭乗です。真中の席は嫌なので、「窓際の二人席開いてますか?」とリクエストしていたら、なんと、ワンランク上のシートに座ることができました。「何かの間違いでは?追加料金かかるんじゃないの?」と怪しんでいたら、そういう設定の便が、たまにあるのだそうです。「ハワイの歩き方」のスタッフの方が、それを知っていてこの便を予約して下さったのでした。ありがとうございました。

もうー、快適です。広いです。足置きがあります。寝ている最中に、頭が右へ左へと移動しても大丈夫。支えが付いています。自分で枕を膨らませることもありません。出し入れ自在のテレビが付いていて、申し出ればテレビゲームもできるらしい。機内食は出ました。当たり前ですね。さすがに、「一口カツとエビフライ定食」を食べている私は和食にしましたが、洋食もおいしそうでした。後はひたすら眠るだけ。腰も首も痛くならないまま快適な空の旅は無事に終わり、間もなくホノルル空港に到着です。

続きはこちら>>>

この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート
関連キーワード: ハワイ旅行, プレゼント, 懸賞,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*