ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Akiko

マウイ島のナピリ・カイ・リゾートで、アロハあふれる極上のバケーション

投稿者: Akiko 更新日:2017年08月29日

Napili Kai Beach Resort

ALOHA! 賑やかなオアフ島もいいけれど、ゆったりと流れる時間のなか、最高のリゾート気分を味わいたいなら、やっぱりネイバーアイランドに軍配があがります。ネイバー・アイランドの中でも、編集部が自信を持っておすすめしたいのがマウイ島。まるでパステル画の世界に迷い込んだような、柔らかな空気に包まれ、心から癒されてみませんか? 今回は、マウイ島のなかでも、特に美しいシュノーケルスポットに面した、知る人ぞ知る極上のリゾート、「ナピリ・カイ・ビーチ・リゾート」をご紹介しましょう。

広大な敷地にプライベート感いっぱいの静かなビーチ

ナピリ・カイ・ビーチ・リゾート(以下ナピリ・カイ)は、マウイ島の西端に位置する、透明度と穏やかさで知られる「ナピリ湾」に面した、広大な敷地を有するリゾートです。あらゆる種類のハイビスカスやトロピカルフラワーが咲き乱れる敷地内には、ビーチを囲むようにコテージ風の建物が11棟点在。自然美溢れる空間で、日々の疲れから解き放たれ、心から癒されること間違いありません。

透明度が高く穏やかなナピリ湾は、マウイ有数のシュノーケルスポット

とても静かな空間ながらも、アクセスはかなり便利。マウイ島のカパルア空港から車で北に走ることわずか10分の場所にあり、近くにはカパルア・リゾートのゴルフ場も。宿泊者には割引があるのも嬉しいですね。また、数々のレストランやショップもあり、散歩コースも充実しています。「何もしない」ことが醍醐味のリゾートステイではありますが、アクティブ派の要望にもちゃんと応えてくれます。

広々とした芝生の向こうには青い海が!

ナピリ・カイは1961年にオープンした老舗リゾートです。当時はたった12部屋のこじんまりとしたリゾートでしたが、現在は163室を擁するまでに。でも、現在でも、オールドハワイの趣とともに、あたたかなサービスとアットホームなおもてなしは健在です。敷地内に足を踏み入れたとたん、誰もが「帰ってきた」と思えるような寛ぎの空間は、広く世界中の人々から愛されています。

今はコテージも11棟に増えました。

 

長期滞在にも対応、キッチン付きの素敵なお部屋

親切であたたかいおもてなしが嬉しいフロントデスク

車を駐車場に停めて、フロントへ。スタッフの皆さんの優しい笑顔が印象的です。POG(パッション・オレンジ・グアバ)ジュースのウェルカムドリンクが、嬉しいですね。お部屋のキーやタオルカード、支配人からの歓迎メッセージカードなどを受け取り、いよいよお部屋へ。客室やプール、レストランの位置など、主な施設の位置を、マップに印を付けつつ丁寧に説明してもらい、一安心。また日替わりのカルチャー・アクティビティやロビーとビーチ前での毎日のドリンクサービスについても教えてもらいました。それではお部屋に行ってみましょう!

天井が高く、お部屋も広々!

今回宿泊したのは、「ケアカ2」というコテージの2階にあるお部屋。お部屋のクラスは「オーシャンビュー・ファミリー・ステューディオ」になります。このお部屋、フロントの人々も特にお気に入りなんだとか。お部屋に足を踏み入れて、びっくり! キラキラと輝く青い海とプール、パターゴルフのグリーンを見渡す素晴らしい眺望が目の前に。ガラス張りのラナイはゆったりと広く、デイベッドでお昼寝をするのにぴったり。天井はとても高く、シーリングファンが取り付けられているので、涼しく過ごせます。ラナイとお部屋の間を仕切るのは、カーテンではなく障子。ちょっぴり和の雰囲気も感じられ、とても落ち着けます。さすが老舗ホテルならではですね。

ラナイにはデイベッドが

景色を眺めてゆっくり寛ぐのもいいですね

インテリアは自然なブラウン系で統一されていて、大きなキングサイズベッドには、枕が5つも。さらにソファーベッドもあります。緑の多い環境と、充実の設備で、まるでマウイの別荘にいるような気分です。

本格的なキッチンで自炊はいかが?

このクラスのお部屋には、本格的なキッチンも付いています。大型の冷蔵庫や電子レンジ、オーブンなどの家電はもちろん、食器や調理器具も一通り揃っているので、自炊もばっちり。長期滞在にもぴったりですね。子どもが12才以下のファミリーの場合、最大4名まで泊まれるので、朝ごはんやお夜食作りなどに活躍してくれそうです。

ダブルシンクが使いやすいバスルーム

次にバスルームをチェックしてみましょう。まず、ダブルシンクに注目。やはりシンクが2つあると便利です。また、シャワー室とお手洗いが分かれているのも機能的。タオルもたくさん用意されていますよ。シャワーは固定式と可動式のダブルヘッド! 日本人には嬉しい設備ですよね。アメニティはナピリ・カイのオリジナル。ソープ3個とパイナップルのボディシャンプーにシャンプー、マカデミアナッツのコンディショナー、パパイヤ・パッション・ボディローションにソーイングセットやシャワーキャップがずらり。ハワイっぽい香りに癒されます。もう何度でもシャワーを浴びたいくらい!

 

リゾート内の設備をチェック!

こんなにきれいなビーチがあるだけでも感激なのに、リゾートには4つのプールやジャグジー、パターゴルフ・グリーン、バーベキュー・エリア、ジム、フェイシャルやマッサージが受けられるスパ、無料で停められる駐車場がたくさんあります。宿泊ゲストには、長期滞在風のご家族連れも多く、のんびりムードがとても良い感じです。

プールも充実!

ビーチ沿いをのんびりお散歩しましょう。波も穏やかで、子どもでも年配の方でも安心です。と、すぐそこに見えたのは? ホヌ(ウミガメ)でした。このナピリ湾では、ウミガメをしばしば見ることができるらしいですよ。泳いでいるウミガメを見て、子どもたちが歓声をあげていたのも印象的でした。素敵な思い出になりますよね。

穏やかなビーチだから年配の方でも小さな子どもでも安心!

どのプールからも海の絶景が眺められ、ビーチにも部屋からすぐ出られるので、水着のまま行き来できるのも便利ですよ。

 

グルメ賞を多数受賞しているシーハウス・レストラン

ホテル内のシーハウス・レストランは、目の前がすぐビーチと言う絶好のロケーションに位置しています。50年以上もの間、マウイの地元の人々に愛されてきたお店で、毎年数々のグルメ賞を受賞していることでも知られているんですよ。特に朝食メニューは、ハワイ・マガジン誌の「読者が選ぶ朝食が美味しいベストレストラン」に何度も選出されるなど、高い評価を得ています。ナピリ・カイに泊まるなら、絶対はずせないレストランです。

ビーチフロントのレストランは快適そのもの

このレストランの名物メニューは「ハレアカラ・パンケーキ($13)」です。このパンケーキはオーブンで焼くので、注文から15~20分ほどかかるそうです。でものんびりコーヒーを飲みながら海を眺めていたら、待ち時間もあっという間です。パンケーキはカスタードをベースとした生地に、熱々に焼かれたパイナップルやバナナがたっぷり入っていて、小麦粉の使用量がすくないためか、とても軽く、最後まで美味しく食べることができました。表面にまぶされた黒砂糖は、焼くことにより香ばしくカリッとした食感に。さらに、サイドメニューとしてカルアポーク($4)も追加し、甘辛のコンビネーションを楽しみました。

名物ハレアカラパンケーキを求めて、たくさんの人々がやって来ます。

観光客と地元の人々でいつも混み合うシーハウス・レストラン。海を見ながらの朝食は最高です。ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

ナピリ・カイで、「急がない生き方」を楽しんで!

さて、こちらの記事では、ナピリ・カイの魅力をできる限りお伝えしてまいりました。しかし、どれだけの言葉を連ねても、伝えきれないその魅力と空気感。百聞は一見にしかずと言いますが、ぜひあたたかなアロハスピリットを、皆様も感じていただけたらと思います。ナピリ・カイのキャッチコピーは、「Discover the Unhurried Way of Life(急がないライフスタイル/生き方を見つけよう)」。家族旅行や長期滞在はもちろんのこと、忙しい日程の中でも、ゆっくり流れる時間に身をゆだね、アロハスピリットあふれるマウイの空気を感じながら、心と体を癒してみてください。ハワイの奥深い魅力をさらに見つけたい方、リピーターの方にもおすすめです。

胸いっぱいの感動、ナピリ・カイの夕日

ナピリ・カイ・ビーチリゾートの宿泊は、同リゾートの日本語公式ウェブサイトから、日本語で簡単に予約することができます。ぜひ、今度のバケーションこそは、お得で自由度の高い個人手配にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

ナピリ・カイ・ビーチ・リゾート

場所:7192 5900 Lower Honoapiilani Road, Lahaina, HI 96761 MAP
電話:(808)669-6271
日本語公式ウェブサイト:jp.napilikai.com
宿泊プラン&予約:http://jp.napilikai.com/Specials.htm

この記事が属するカテゴリー: マウイ島, 特集, 離島案内
関連キーワード: マウイ島,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*