ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

アフターヌーン・ティー – グルメ・レストラン情報

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2002年04月26日

古来、ハワイにはヒーリング(癒し)があるといわれています。観光やショッピング、マリンスポーツとアクティブに楽しむのもいいけど、「ハワイに来たけど、何もしない」という究極の贅沢な時間の過ごし方の一つとして、「アフタヌーン・ティー」はいかがでしょうか。何度もハワイを訪れているリピーターやハネムーンの余韻を楽しみたいカップル、ゆったりとした時間の流れの中に身を置きながらのんびり、リッチにバカンスを満喫したい方々にオススメです。

アフタヌーン・ティー

Afternoon Tea

●何もしない贅沢
「アフタヌーン・ティー」(ハイ・ティー)とは、イギリスの上流社会の伝統的なティータイムのことをいいます。朝起きてベッドでモーニング・ティーをとった後、多めの朝食をとっていた英国貴族は、昼食は軽めで済ませていました。ところが、ガス灯の普及とともに夕食の時間が遅くなり、それまでの空腹感を紛らわせるため、もう一食欲しくなってしまったのです。そこで始まったのが夕方の「お茶の会」。これがアフタヌーン・ティーの起源です。トラディショナルなスタイルは、三段トレイにサンドイッチ、スコーン、デザートがのっていて、下の段から順にいただくのが流儀です。

ハワイのアフタヌーン・ティーといえば、モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾートの「ザ・ベランダ」、ニーマン・マーカスの「マリポサ」、ザ・カハラ・ホテル&リゾートの「ザ・ヴェランダ」が御三家。いずれも、三段トレイにのったデザートやサンドイッチがお茶と一緒にうやうやしく運ばれてきて、ハイソな気分を満喫できます。お茶のセレクトも、伝統的な英国紅茶からハワイらしくパッション果実系のフレーバーなども充実。 のんびりとしたハワイでのアフタヌーン・ティーと相性がいいのは、とっておきの愛読書と昼下がりの陽光… これだけあれば、あとはひたすらお茶を片手にゆったりとした時の流れに身をゆだねるだけ!

●目の前は青い海… ザ・ベランダ
まずは「ザ・ベランダ」。ワイキキ・ビーチからの心地よい汐風を受けながら、ゆっくりといただくアフタヌーン・ティーは「ただ無為に時間を過ごすこと」がどれほどの贅沢かを教えてくれます。テーブルに着くと、給仕がティーリーフのサンプルを載せたワゴンを押して、お茶のセレクトを伺いにやってきます。モアナ特製のロイヤル・ブレンドをはじめ、パッション・フォー・ハワイやエッセンス・オブ・ピカケなど、10種類のフレーバーからお好みのリーフをセレクトして下さい。メニューは、「モアナ・クラシック・アフタヌーンティー」、「シャンパン・アフタヌーンティ」 (モアナ・クラシック・アフタヌーンティーにローズ・シャンパンが一杯付)、「モアナ・チョコレート・アフタヌーンティー」(クラシック・アフタヌーンティセットに、ローズ・シャンパン1杯、チョコレート・リキュール、リリコイ・トリュフ、チョコレート・ディップ・ストロベリー、チョコレート・スコーン付)の3種類。のんびりと寛ぎながら、優雅にお茶を楽しんでみませんか?

●高級感溢れるマリポサのティータイム
次は「マリポサ」。高級感あふれるセレクションで知られる全米屈指のデパート、ニーマン・マーカスの最上階にある「マリポサ」のティー・タイムは「ハイ・ティー」と呼ばれ、日曜日の午後3時から5時まで。ダージリンやアールグレイ、ジャスミンティーなど香りの高い9種類のお茶の中からお好きなフレーバーをチョイスして下さい。三段トレイにのったカナッペはスモークサーモンのクリームチーズ添え、キュウリとエビを添えたものや定番の玉子サンドのほか、ペーストリーはレモンとクリームを添えたストロベリーのスコーンなど、見た目も味もまさに上品。結構ボリュームがありますが、これで1人25ドル。オーシャンフロントという絶好のロケーションにあって、目の前には青い海とアラモアナ・ビーチパークが広がり、ゆったりとした店内には爽やかな風が吹き抜けるオープンエア。海側には明るく開放感にあふれたテラス席もあります。レトロ感覚のお洒落なインテリアに包まれて、最高の景色を眺めながらショッピングの合間にひと休みするにも最適です。

●ハワイらしいリーフが揃うザ・ヴェランダ
最後は「ザ・ヴェランダ」。ワイキキの喧噪を離れた隠れ家的豪華ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」のロビーに隣接。高い吹き抜けの天井と、その名前の由来ともなっているベランダが、最高のくつろぎのスペースとなっています。こちらもオープンエアのラウンジで、ドルフィン・ラグーンやプールデッキ越しに海がのぞく絶景。日本でも人気の「マリアージュ・フレール」のティーリーフのセレクトは11種類の高級リーフから。リリコイやパパイヤ、パイナップル、マンゴなど、豊富に揃うパッション・フレーバーがカハラ流。自慢の自家製スコーンが人気です。三段トレイにはデザートやサンドイッチなどの軽食が。流儀的には下からが原則ですが、まあ、ここは「細かいことにはこだわらないハワイ」なので、かたいことは言わずにお好きなものからどうぞ。とにかく、静かに時の流れるベランダで思いっきりくつろいでみてください。

(2002年4月取材、2008年4月一部変更)

ザ・ベランダ
住所: モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート1階
料金: $32.50〜
駐車場: バリデート・パーキングあり
電話番号: 921-4600
営業時間: 13:00-16:00
ホームページ: jp.moana-surfrider.com
マリポサ
住所: ニーマン・マーカス最上階(アラモアナ・センター海側中央)
料金: $25
駐車場: あり
電話番号: 951-3420
営業時間: 11:00-15:00、17:00-21:00(日〜金)、17:00-22:00(土) ハイ・ティーは日曜15:00-17:00のみ
ホームページ: jp.neimanmarcushawaii.com
ザ・ヴェランダ
住所: ザ・カハラ・ホテル&リゾート1階
料金: $20
駐車場: バリデート・パーキングあり
電話番号: 739-8895
営業時間: 14:00-17:00
ホームページ: jp.kahalaresort.com

この記事が属するカテゴリー: その他, レストラン
関連キーワード: シーフード,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*