ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

マウナ・ラニ体験滞在!ハワイ島のコンドがおすすめな理由15

投稿者: Eriko 更新日:2019年01月16日

Classic Resort at Mauna Lani

オアフ島ダニエル・K・イノウエ(ホノルル)国際空港から飛行機で約40分。ハワイ島コナ国際空港から北に20分ほど車を走らせた場所にあるのが、ハワイ島にあるマウナラニ・リゾートです。

溶岩で埋め尽くされた広大な大地に突如現れる豪華リゾート内にあるコンドミニアムで、ホテルとは違った滞在スタイルを提案するのがクラシックリゾート・アット・マウナ・ラニまるでハワイに別荘を持ったかのように優雅な気分で滞在できる豪華宿泊施設へMyハワイの編集部員が体験滞在。一度宿泊するとまた戻りたいと思わずにはいられない、マウナラニの魅力をまとめてみました。

◇関連記事/クラシックリゾート・アット・マウナ・ラニ

ハワイ旅行、コンドミニアム滞在

◇関連記事/「ハワイ島の見どころ」有名パワースポットとオーラの見える洞窟

クラシックリゾート・アット・マウナ・ラニの場所

古くから王族の保養地として利用されてきたマウナラニ(ハワイ語で「天国に届く丘という意味)に位置するリゾート宿泊施設は、大自然に囲まれた静かな環境の中、コンドミニアムタイプで”ハワイで暮らす“ような滞在を提供しているのがクラシック リゾート・アット・マウナ・ラニです。

場所は、ハワイ島でもサニーサイド(お天気が良い)と言われる南部のコハラコースト沿いにあり、コナ国際空港からはドライブで約20分ほどで到着します。ハワイ島の有名な観光地、キラウエア火山までは約3時間かかります。

それでは、昨年末に同リゾートに滞在したMyハワイ編集部員の体験をもとに、リピーターが多いこのリゾートの魅力に迫ります!

1.自然に包まれる静けさが極上の癒し!

編集部が今回マウナラニ・リゾートを訪れて一番感じたことは、とにかく静かである! ということ。車や人の声といった一切の騒音とは無縁。朝はかすかな鳥のさえずりと海の響きが聞こえるだけで、大自然に包まれている自分を感じてみる…そんな静かな癒しの時間が知らないうちにたまったストレスを洗い流してくれます!

マウナラニリゾート

2.気分はまるでハワイに別荘を持つオーナー

リゾート内には、コンドミニアムタイプのマウナ・ラニ・ポイント」、貸し別荘タイプのアイランド・アット・マウナ・ラニ、豪華な最高級邸宅(貸し別荘)タイプのチャンピオンリッジがあります。

コンドミニアムタイプ貸別荘タイプの宿泊施設にはどちらも広々としたリビングルームやキッチンが設置されており、「ホテルに泊まる」という感覚ではなく「ハワイの別荘に滞在する」とう表現がぴったり。キッチンには必要な調理器具や食器も備えられ、洗濯機と乾燥機、アイロンなども完備。マウナラニ・リゾート内にはスーパーマーケットもあるので、買出ししてきた食料で思い思いの食事をする…そんな何気ない日常をハワイという非日常の地で送ることが出来ます。 

ハワイ旅行、ハワイ島

3.室内が広くゆったり過ごせる!

すべての客室がゆとりある広さで設計されているので、どこまでも優雅な気分に浸れます。みんなが集まるリビングとは独立して、ベッドルームとそれぞれの寝室ごとにバスルームが設置されているので、グループ旅行でもプライバシーが保てるのもよいですね。

下の動画は2階立て一軒家タイプ、アイランド・アット・マウナ・ラニの動画です。

 

4.贅沢なステイなのに1人あたりの価格がお得!逆に経済的!? 

これだけゴージャスな造りでさぞかし値段も高くなるのでは? と思いきや、実際に一人当たりを計算してみると意外に低価格なのにビックリ!

例えば、コンドミニアム・タイプのマウナラニ・ポイントの2ベッドルームでは1泊$400以下のプランもあり(2019年1月現在)、6人で宿泊する場合、一人当たりの料金は$100以下で済みます。 ワイキキなどハワイ全体のホテル料金と比較してもお得な宿泊料金だといえますね。

同宿泊施設では、日本語で公式ウェブサイトから申し込める、公式サイト予約限定のインターネット割引予約プランなどもあるので、これはぜひ利用すべし。 ※パッケージの詳細はこちらのページから。 

5.リゾート料金なしなのに、無料サービスが超充実

ハワイのほとんどのホテルで宿泊料金と税金とは別に1泊あたり一部屋につき数十ドル程度の「リゾート料金」が徴収されます。ホテルによって内容は異なりますが、このリゾート料金を払う代わりにさまざまな無料サービスを受けられるといいう仕組み。

しかし、このクラシックリゾート・アット・マウナ・ラニではリゾート料金の設定がありません。それにも関わらず、客室では高速インターネットの利用、駐車場の利用、リゾート内を運行しているシャトルの利用もすべて無料。数日滞在すればリゾート料金もかさむのでこれはお得ですよね。

6.自炊が出来る!敷地内にショッピングセンターもあって便利

コンドミニアムにはキッチンが付いているので自炊が出来て経済的です。またリゾート敷地内にはショッピングセンター「ザ・ショップス」があり、スーパーやレストランも入っているので、のんびりしたければわざわざ遠くへ行かなくても食材の調達や外食に便利。

マウナラニ・ポイントのキッチン。料理道具やお皿、カップなんでも揃っているうえ、広々としてすごく使いやすかったです。

リゾート内のショッピングセンター「ザ・ショップス」です。

フードランド・ファームズが入っていて便利。食材だけでなくお土産品も充実していました。

自炊をしたくない時には大人気のステーキハウス「ルースズ・クリス・ステーキハウス」もあります。

7.毎日清掃サービスがついている

コンドミニアムや一軒家なのに毎日お部屋の清掃サービスが付いているのはおすすめのポイント! 旅行中にお掃除の心配はいらず、毎日新しいタオルと交換してくれるので滞在中清潔に過ごせます。※注:アイランド・アット・マウナラニの一部のお部屋のみ清掃サービスがつきません。

サービスに対するチップの記事は下記をご覧下さい。

◇関連記事/人気連載「チップ攻略法」【2019年度版】ハワイでのチップの常識

8.ゴルフ好きにはたまらない!

リゾート内にはゴルフコースが2つもあり、居室からもゴルフコースが望め、ゴルフ好きにはたまらない環境が用意されています。

蒼い海、黒い溶岩の絶妙なコントラストによる絶景が特徴であるマウナラニ・ゴルフコースは初心者から上級者まで楽しめます。その人気はゴルフをするためにここに宿泊する人もいるほど。日本のCMにも何度も登場したことのある、名物ホールのマウナラニ・サウスコースの15番パー3で憧れの「海超えホール」を体験したい!

マウナ・ラニ・ゴルフコース

ハワイならではの景色を背景に豪快なプレイが楽しめます!

9.本格的なBBQが楽しめる! 施設内のアメニティが充実

敷地内には、プールやBBQエリアが設置されているので、外食に出かけずとも近くのスーパー「フードランド・ファームズ」などで食材を手に入れればディナーが楽しめます。運転の心配がないので、ワインなどで乾杯してゆっくり仲間と楽しむことが出来ます。

バーべキューが出来る施設にはキッチンや寛げるソファー、テーブルが設置されています。すぐ横にはプールやサウナがあります。

ハワイでバーベキュー

グリルで本格的にBBQスタート!

食材はスーパーで調達!

焼けてきました!

さらに、施設内にはスポーツジム、テニスコートもあり、宿泊者がテニスをする際にはラケットなどの貸し出しなども可能です。

テニス、マウナラニ

クラシック・リゾート・アット・マウナ・ラニのスポーツジム

10.宿泊者はプライベートビーチが利用できる!

同施設のゲストは、シュノーケルなどが楽しめるマウナラニビーチクラブのプライベートビーチと、徒歩圏内にある果樹が立ち並んだプライベートガーデンを利用できます。

同リゾート宿泊客専用のプライベートビーチなのでとても静かで、カバナもありゆったりと出来ます。ビーチクラブに行く際にはチェックインの際に渡される専用カードが必要です。

ビーチクラブではドリンクや美味しいお食事も出来ます!

11.セキュリティ完備で安心!

各敷地内にはゲートが設けられ、宿泊者以外は入れないようになっているのでセキュリティの面でも安心です。また、困ったときには事務所に電話をするとすぐに対応してくれます。編集部員も今回鍵をロックしてしまい(汗)電話したところ、係りの人が5分くらいで来てくれました!(ホッ)

クラシックリゾートのオフィスでチェックインをします。リゾートのゲートから入って2〜3分ドライブしたところにあります。

マウナラニ、セキュリティ

12.クジラを眺めるチャンスも!

12月~4月頃の冬シーズンには、ハワイの海に南下してきたクジラを見ることもできるかもしれません。※数年前編集部が3月上旬に滞在した際には、マウナラニ・ポイントのリビングルームのソファからクジラを何度も目撃しました。

マウナラニ・ポイント、コンドミニアム

13.最高の夕焼け、夜は満点の星空が堪能できる!

編集部が今回滞在した、マウラナラニ・ポイントのコンドミニアムタイプのお部屋を一歩出ると目の前は海。夕暮れ時に見たマウナラニの夕日は涙が出るほど美しい! といっても過言ではありませんでした。また、星空が美しいことで有名なビッグアイランドの満天の星は、宿泊施設からでも見ることが出来ます。ちなみに編集部員は毎晩寝る前にラナイから星の観測をしていましたよ。

サンセット、マウナラニ

14.周囲に最強パワースポットがある!

ハワイ語で「天国に手が届く丘」という意味を持ち、古くから王族の保養地として利用されてきたマウナラニに位置するリゾートの周辺には数々のパワースポットが点在。パワースポットに関する記事はこちらをご覧下さい。

世界三大ポワースポットの1つといわれるカラフイプアア・フィッシュポンド。オーラが見える洞窟も近くに!

ハワイのパワースポット、カラフイプアアフィッシュポンド

リゾート内にあります!

15.観光地アクセスに最も便利なロケーション!

同リゾートはハワイ島のコハラコーストに位置。どこに行くにも便利なロケーションにあります。また周辺ではさまざまなアクティビティもあり、今回編集部員もヘリコプターツアーやマウナケア山頂のサンセット・星空観測ツアーに参加しました。ハワイ島での観光はレンタカーをおすすめします。

今回編集部員が参加したロバーツハワイマウナケア山頂と星空観測ツアーより。マウナケア山頂から眺めるサンセットは感動もの! ハワイ島に滞在するならおすすめ。

ハワイ島などのネイバーアイランドではレンタカーは必須。レンタカーは日本語のサービスが充実しているアラモレンタカーがおすすめです。レンタカーに関する記事は下記をご覧下さい。

◇関連記事/【動画付】保存版!ハワイのレンタカー基礎知識

レンタカー、ハワイ島

クラッシックリゾート・マウナラの宿泊施設の詳細は下記をご覧下さい。 

滞在先はコンドミニアム、タウンハウス、OR 豪邸から選べる!

クラシックリゾート・アット・マウナ・ラニには3種類の滞在施設があります。1つ目はコンドミニアムタイプのマウナ・ラニ・ポイント」、2つめは2階立て貸し別荘タイプのアイランド・アット・マウナ・ラニ。そして、豪華な最高級邸宅(貸し別荘)タイプのチャンピオンリッジです。タイプ別の詳細や違いは下記を確認ください。

マウナ・ラニ・ポイント

コハラコーストで最高に美しいオーシャンフロントという最高のロケーションに位置するオーシャンフロント・ヴィラです。1~3ベッドルームの3つのタイプの部屋があります。各部屋にはキッチン、ダイニングとリビングエリア、気持ちのよいプライベート・ラナイ(ベランダ)付きです。

コンドミニアムタイプの詳細はこちらから。

コンドミニアムタイプは、1階と2階は別のルームになっています。

広々としたリビングとベランダからの豪華なパノラマビュー!

今回編集部員が滞在した部屋は、1階のオーシャンビュー。ベッドルームからも海が見えていました。

マスターベッドルームからもベランダに出られます。

ツインのベッドルームも広々としていて過ごしやすかったです。各部屋にバスルームが付いています。下の動画はマウナ・ラニ・ポイントです。

 

アイランド・アット・マウナ・ラニ

2階建ての1軒家をまるまる1つレンタルできるタウンハウスタイプの宿泊施設。広々としたリビングルームやダイニング、キッチン(共有)の他に2ベッドルーム、または3ベッドルームがあります。各ベッドルームは個別にバスルームとプライベートラナイ(ベランダ)が付いており、3世代や友人同士のグループ旅行に人気のユニットです。最小ユニットでも2,100平方フィート(195平方メートル)という広さ。まるでハワイの自宅にいるように寛げます(写真:アイランド・アット・マウナ・ラニ)

2階立て貸し別荘タイプの詳細はこちらから。 

貸し別荘の2階建てのタイプは、まるでハワイの家に住んでいるかのように過ごせます。

リビングルームもアットホームで寛げるインテリアです。

ベッドルームの1つ。

各部屋に付いているバスルームも広々。

チャンピオンリッジ

マウナラニの絶景を存分に堪能できる最高級邸宅(貸別荘)。キングベッド各1台が付いた3つのマスターベッドルーム、クイーンサイズのソファベッドがついたデン(小さな書斎の部屋)、広々としたバスルーム、プライベートラナイ(バルコニー)、55インチの大型テレビなど、家族旅行やグループ旅行に最適。ハワイの豪邸に滞在する夢を叶えてくれるかも? お部屋の清掃サービスも毎日付きます。

最高級邸宅(貸別荘)タイプの詳細はこちらから。

プール付きの豪邸、チャンピオンリッジ。海外のセレブリティも滞在したそうです。

素敵なインテリアの広々としたリビングルーム、チャンピオンリッジは8名まで追加料金なしで滞在可能です。

キッチンやランドリールームも個別の部屋に!

<Myハワイ編集部員の感想>こんな感じで編集部員は、ハワイ島のリゾートで3泊4日の優雅な滞在体験をしてきました。慣れないうちは戸惑うかもしれないコンドミニアム滞在ですが、勝手が分かってくると自由が利くしゆったり過ごせるので、グループや家族でのハワイ旅行向きであると実感。特にネイバーアイランドで数日滞在の場合はホテルより経済的でおすすめです。次回は皆さんもぜひトライしてみてくださいね。

ハワイ島関連の下の記事も読まれています。

◇関連記事/コナ滞在で行きたい場所(1) UCCハワイ
◇関連記事/人気連載「ハワイ島ガイド」テックスドライブイン~ハワイ島で一番美味しいマラサダ店
◇関連記事/人気連載「ハワイ島ガイド」ホノカア、古き良きハワイのノスタルジーを感じに
◇人気連載「ハワイ島ガイド」レンタカーの心得&ワイピオ渓谷
◇関連記事/人気連載「ハワイ島ガイド」大地のエネルギーみなぎる、キラウエア火山 

クラッシックリゾート・アット・マウナラニ
住所:68-1050 Mauna Lani Point Dr., Kohala, Hawaii, 96743 
ホームページ(日本語):http://jp.visitmaunalani.com
宿泊プラン(日本語):http://jp.visitmaunalani.com/specials-packages.htm


この記事が属するカテゴリー: ハワイ島のホテル, ホテル


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*