ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

【動画付き】保存版!ハワイのレンタカー基礎知識

投稿者: Yoshiko 更新日:2018年07月12日

How to rent a car and drive on Oahu

オアフ島に滞在する際は、ザ・バスやトロリーを駆使すれば多く場所に行くことが可能です。でも、ワイケレなどのホノルル郊外での買い物や、バスではアクセス出来ない場所に行きたい…という場合はやっぱり便利なレンタカーの利用がおすすめ。ネイバーアイランドでもレンタカーは必須! 異国でドライブするのは勇気が必要ですが、チャレンジする価値は大ありです。今回はオアフ島でレンタカーを借りる場合のノウハウをご紹介します。

空港でレンタカーを借りる場合

まずはシャトルで各社の営業所へ!

◇関連記事/Myハワイ編集部おすすめ!ハワイ4泊6日オアフ島の旅(中級編)

ダニエル・K・イノウエ(旧ホノルル)国際空港でレンタカーを借りる場合は、バゲージクレームでスーツケースなどの荷物をピックアップした後、空港ターミナルから予約したレンタカー会社の無料シャトルバスで各レンタカー会社の営業所へ向かいます。

ハワイでレンタカーを運転する場合、予約は日本で済ませておくのが得策です。予約は自分で行うことも出来ますし、またはツアー会社を通して行うことも可能です。

アラモレンタカーなら、同社の日本語サイトを利用して日本からの予約が可能です。

(www.alamo.jpより)

さらに日本語のGPSもあるので、ハワイでの運転が初めてでも心強いですね! また、24時間日本語ホットラインもあるので、トラブルの発生時などにすぐ問い合わせをすることが可能です。

◇関連記事/アラモレンタカーが日本語サイトを一新

シャトルで営業所に到着したらレンタル契約を行います。各種自動車保険は海外旅行保険に付帯されている場合もありますが、必要ならば盗難や事故、非常時の補助(ロードサイドアシスタンス)などがカバーされる保険契約を現地で契約することも出来ます。

ハワイでの運転に慣れておらず、不安な場合などは念のためこれらの保険を契約することをおすすめします。アラモでは、このように日本語で内容を確認することが可能です。

レンタカーを契約する際は、ビザ、マスター、JCB、アメリカンエクスプレスなどの大手クレジットカードが必要となります。ハワイ州ではアメリカに入国1年以内ならば有効な日本の免許証で運転することが可能で、これは観光客でも同じです。

ただし在ホノルル日本国総領事館によると、地元の警官が日本の免許証を認識出来ない場合もあるため、国際免許証の携行も強く勧めているそうです。また、パスポートの携帯は必須とのことです。

ガソリンはレンタカーを返却する前に自分で満タンにすることも出来ますが、セルフサービスである海外のガソリンスタンド利用が不安な場合、予め契約時にガソリン料金をレンタカー会社で支払うことも可能です。

レンタカーは、レンタル契約時に運転手として登録した以外の人は運転出来ません。複数人が運転する場合は契約時に申告しておく必要があります。

レンタカーを借りる際の重要な注意事項の例として、下記のようなものが挙げられます:

◇車内は一切禁煙。タバコを吸うと追加の清掃料金等を科される場合があります。

◇運転中の携帯電話使用はハワイ州の法律で禁じられており、罰金が科されます。

◇飲酒運転は違反ではなく、れっきとした「犯罪」です。

◇チャイルドシート使用は州法で義務付けられています(年齢・身長規定あり)。

◇ハワイ州では車内全席でシートベルト着用が義務付けられており、不着用の場合は罰金が科されます。

レンタル契約を済ませ、契約書のコピーと車の鍵を受け取ったら、敷地内の駐車場で自分の借りるレンタカーを探します。

荷物を入れて座席に乗り込み、いよいよドライブ開始…の前に、海外での運転に慣れていない場合は、車をスタートする前に車内のどこにどのような機能があるかを一通り確認し、分からない場合は係員に尋ねてください。

また、レンタカー会社によっては、駐車場を出る前に、自分の借りるレンタカーの車体に傷が付いていないか確認し、あった場合は所定の紙に印をつけて報告しなければならない場合もあります。

◇関連記事/「ハワイ島ガイド」レンタカーの心得&ワイピオ渓谷

それでは、いよいよ車を運転してレンタカー会社からホテル、またはショッピングに向かいましょう。ハワイを含むアメリカでは車は右側通行であることをお忘れなく!

空港からワイキキへ車でGO!

まずはスタンダードに、空港からワイキキへの行き方を説明しましょう。空港周辺のレンタカー会社は空港の敷地内、または敷地外の二ミッツ・ハイウェイ(Nimitz Highway)沿いにあります。ここからはH-1ハイウェイの東方向(H-1 East)に乗るか、そのまま二ミッツ・ハイウェイをワイキキ方向に進みます。

空港から借りる場合、空港を出てすぐ「H-1」への入り口が見えます。その際、西方向(West)と東方向(East)の入り口が同じなので注意が必要です。ワイキキに行く場合は右のレーンに移動して東方向に行きます。ワイケレやコオリナ、ノースショアに行く場合は西方向です。

アラモレンタカーの場合は空港から少し離れた二ミッツ・ハイウェイにありますので、そのまま二ミッツ・ハイウェイを通ってワイキキまで行くのが簡単です。その場合は直進すればワイキキまでたどり着くことが出来ます。

二ミッツ・ハイウェイは、ダウンタウン海側のアロハタワーで名称が「アラモアナ大通り(Ala Moana Blvd.)」に変わります。さらにそのまま進んでいくと、左手にカカアコ地区やワードビレッジアラモアナセンターなどが見えてきます。

そのまま直進し、アラモアナ大通りとカラカウア大通り(Kalakaua Ave.)の角で右折すればワイキキ中心街に入ります。

初日にレンタカーで空港からワイケレに行きたい場合は?

到着が朝早く、まだホテルのチェックインまでかなり時間があるという場合は、「到着後、午後までワイケレ・プレミアム・アウトレットで買い物をしたい」という人も多いようです。

◇関連記事/【ショッピング】ワイケレ・プレミアム・アウトレットを徹底取材!

その場合は上の地図で分かるように、二ミッツ・ハイウェイと平行(高架上)に走るH-1ハイウェイの西方向(H-1 West、左方向)に乗ってください。そのままH-1を西のワイアナエ(Waianae)方向に直進して行きます。ワイパフ(Waipahu)を過ぎると右側に「ワイケレ」と書かれた7番出口(Exit 7)が見えてきますので、ここで降ります。

出口を降りたらパイワ通り(Paiwa St.)で右折し、その後ルミアイナ通り(Lumiaina St.)でもう一度右折するとワイケレに到着します。

ホノルルへ帰る場合は来た道を戻り、同じパイワ通りの左端レーンからH-1の東方向(H-1 East)に乗ります。

ワイキキでレンタカーを借りる場合

◇関連記事/「ビデオでレッスン、ハワイでお役立ち英会話」第20回 レンタカー編

ハワイ滞在中に始めから終わりまでレンタカーを借りるのではなく、遠出する予定がある2~3日のみ借りる、という方も多いようです。その場合は、ワイキキなどにあるレンタカー会社の営業所でレンタル契約の手続きをします。

こちらはワイキキのカイウラニ通り(Kaiulani Ave.)、キングス・ビレッジ隣にあるアラモレンタカーのカイウラニ営業所です。

予約をしたレンタカーは、レンタル当日にこちらで契約手続きを済ませます。日本語に翻訳した説明書があるため、英語が話せない場合でも手続きは容易に行うことが可能です。

営業所の裏に駐車場があり、レンタル契約手続きが終わると、係員が自分の車を見つける補助をしてくれます。この際、質問があったら気軽に尋ねてみましょう。

カイウラニ営業所によると、日本人観光客に人気の車種は、なんと屋根の開閉が出来る「コンバーチブル」だそうですよ。ただし、大きな荷物がある場合などはトランクの大きい他の車種の方がいいかも…。

ワイキキではアラモアナセンターに近いディスカバリーベイ2階にも営業所があります。

こちらでは3階の駐車場に車が用意されていますので、手続きが終わったらエレベーターで3階に行き、自分の車を見つけましょう!

知っておくべきハワイの交通ルール

運転席が左側で右側通行であることを除けば、基本的には日本とハワイで車を運転することに大差はないと言えます。しかし、日本にはなくてもハワイにはある交通ルールも多く存在しますので、運転する際は注意しましょう。違反した場合はホノルル警察より罰金のチケットを交付される場合もあります。

◇関連記事/人気連載「ハワイでの駐車(パーキング)の仕方」その1

ここでは、ハワイの交通ルールや標識などで、観光で訪れる日本人にはあまり知られていないものや、特に重要なものをいくつかご紹介します。

一時停止と一方通行

「STOP」とは一時停止の意味です。左折や右折をする場所では必ずと言っていいほどこの八角形の標識を目にします。ここでは白線で必ず止まり、車だけではなく歩行者や自転車などが来ないことを確認してから曲がりましょう。

また州法により、歩行者が横断歩道を渡っている際は渡り終えるのを待たなければなりません。ワイキキは特に歩行者が多いため、十分注意してください。この場合は「ONE WAY」と書かれた一方通行の標識が出ているため、左折しか出来ません。

午後、コーンが置いてある時は左折禁止

◇関連記事/レンタカーの際に必須!ハワイの道路標識(動画あり)

こちらはちょっとややこしいですが、「NO LEFT TURN」 、「PM WHEN CONED」とあります。

ホノルル中心部のカピオラニ大通り(Kapiolani Blvd.)では、ワイキキ付近からアラモアナ、ワードまでの一帯で、平日朝の通勤時間帯、および15時~18時頃に、交通量を調整するため紅白の三角コーンが道路中央部に置かれて中央レーンの方向が変更されます。午後の時間帯はコーンが置かれている場所での左折は禁止されています。

編集部員も最近2度目撃しましたが、コーンが置かれてレーン方向が変更されたことを知らず、通常のレーンを逆走する車がたまにいます。事故にもつながりますので要注意!

赤信号の右折について

ハワイの交通法で日本人が戸惑うものの中に「赤信号時の右折」が挙げられます。ハワイ州内では基本的に、赤信号でもT字路や十字路で右折することは可能です。日本を含む他国の観光客の運転する車が、右折出来る場所で青信号になるまで停止していて、後方からクラクションを鳴らされる場面をよく見かけます。

このような場合は必ずストップ(一時停止)の標識があり、右折する前に白線でいったん停止することが義務付けられています。違反チケットを切られることの多い点ですので十分注意してください。

ただし、例外として下の写真ような場合には赤信号時に右折出来ません。

これはアラモアナセンター横のアトキンソン通り(Atkinson Drive)とアラモアナ大通り角にある信号ですが、ここでは赤信号の際に右折出来ないという標識が出ています。こちらのサインは「矢印の右折信号が緑色(日本の青色)の場合のみ右折可能」という意味です。

このように、右折がOKな場合と禁止されている場合がありますので、運転中は交通標識に常に注意を向けて適切な判断をすることが必要です。

Uターン禁止

ドライブ中に道を間違い、Uターンしたいという状況もあるでしょう。しかし、上のように「NO U TURN」の標識が出ていたら「Uターン禁止」の意味です。ここでは信号が緑の際に左折可能ですが、Uターンをすると罰金を科されます。

Uターンをしていい場所にはU字の矢印、または「U TURN OK(Uターンしても良い)」という標識がありますので、それを探してください。

駐車禁止、レッカー移動区域

レンタカーを借りたら、必ず付いて回る問題が「駐車」について。アラモアナセンターワードビレッジワイケレ・プレミアム・アウトレットなど、無料駐車場があるショッピングセンターやビジネスなどでは問題ありませんが、路上駐車をする際は特に注意が必要です。

「NO PARKING」という標識がある場所は全て駐車禁止です。禁止された場所に駐車すると、警察から駐車違反チケットを切られるばかりか、車がレッカー(英語ではTow Away)され、さらに高額なレッカー代金を支払う羽目になります。

また、駐車禁止という標識がなくても、道路脇に黄色の消火栓がある場合(前後2メートル以内は駐車禁止)や、縁石が赤く塗られている場合なども駐車禁止で、停めた場合は違反チケットを切られます。

路上のメーター式パーキングに駐車する場合、通常ワイキキは2時間、ダウンタウンは1時間がタイムリミットです。メーターは月~土曜の7時から18時まで有効で、それ以外の時間、および日曜日は無料です。

ハワイ州では電気自動車を奨励しているため、その場合、このような公営のメーター式パーキングならば無料で駐車することが可能です。

この新しいメーター式パーキングの場合、コインまたはクレジットカードでの支払いが可能です。メーターが切れると駐車違反のチケットを切られるため、無料駐車場のない場所で長時間の駐車が必要な場合は最寄りの有料駐車場に停めることをおすすめします。

また、インターナショナルマーケットプレイスロイヤル・ハワイアン・センターなど、ワイキキの大型ショッピングセンターでは、商品や食事、サービス等を購入した場合のみ駐車料金が無料または割引になる「バリデーション(Validation)」システムを採用している場合がほとんどなので、必ずレジなどでバリデーションをもらってください。

ガソリンの入れ方

日本と違い、ハワイのガソリンスタンドは基本的に自分でガソリンを入れるセルフサービス形式です。レンタカーを借りる際に予めガソリン料金を支払わなかった場合、返す直前にレンタカー会社の営業所に近いガソリンスタンドで、自分でガソリンを満タンにしなければなりません。

ハワイを含むアメリカのガソリンスタンドでは、現金払いの場合、まず敷地内にある店のレジなどで代金を支払います。ガソリンスタンドではそれぞれの機械に番号(機械の上部にあります)があり、たとえば3番でガソリンを入れる場合は、「30 Dollars on number 3, please(3番に30ドルお願いします)」などと言えば、その分入れられるようにレジで操作してくれます。先払いした場合はその金額でガソリンが止まります。

レンタカーに入れるガソリンのグレードは、通常「レギュラー(Regular)」でOKです。

満タンにする場合は、上の写真にようにその場で直接クレジットカードを使用して支払うことが出来ます。ガソリンを入れていて満タンになると「カチッ」という音がして止まり、それ以上はガソリンを入れられなくなるので、そこで止めます。

レンタカー会社によってはガソリンを満タンにした証明としてレシートを確認する場合がありますので、念のために保管しておきましょう! レシートが出てこない場合は店内でプリントしてもらうことが可能です。

レンタカー返却の前に注意したいこと

レンタカーを返却する前は、車に大きな汚れが付着していないか、また車内にゴミや私物が残っていないかなどを確認しましょう。また、返却予定時間を過ぎると追加料金を科されますので、返却日はなるべく時間に余裕を持って行動するのがおすすめです! 

◇関連記事/事前にチェックしておきたい!ハワイの意外なルール

以上、レンタカーを借りる際の基本情報をお伝えしましたが、いかがでしょうか?

ハワイを含む外国でレンタカーを借りて運転するのは勇気が要りますが、いったん慣れてしまえば行動範囲が広がり、新しい発見がたくさん出来るはず。今までアクセスが難しかったスポットにも簡単に行けるようになりますので、運転に自信のある方はぜひチャレンジしてみてください!

(取材協力:アラモレンタカー)

この記事が属するカテゴリー: 基礎知識


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ