ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
キョーコ

調査委、ミサイル誤報でハワイ州を批判

投稿者: キョーコ 更新日:2018年01月16日

State had no safeguards to prevent nuclear scare, FCC says

誤報発信の危機管理局に脅迫電話

弾道ミサイル誤報でハワイ州を批判

写真はみさこさんのブログより

 

1月13日(土)午前8時7分(日本時間14日午前3時7分)にハワイ州内で、弾道ミサイル警報がハワイに向けて発射され、避難を呼びかける警報が誤って配信された件で、調査に着手した米連邦通信委員会(FCC)は、ハワイの警報システムには適切な防止策が講じられていないと批判、早急なる改善を州当局に求めています。

◇関連記事/ハワイ州で弾道ミサイルの誤警報!

また警報を誤報したハワイ危機管理局に対しては、市民を守るべき機関が市民を恐怖に陥れたとして、脅迫電話が寄せられていると伝えられています。関係者からの発表によりますと、誤った警報を送ってしまったのは勤続10年の男性職員で、現在は別の部署に配属されているということです。

さらに誤報の発信から州当局による訂正までに38分を要したことや、デイビッド・イゲ州知事による説明と謝罪の記者会見が誤報から5時間後に行なわれるなど、対応の遅れに批判が続出。今秋の知事選で再選を目指す知事にとっては逆風となりそうです。

(Honolulu Star-Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ