ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー

ラナイ島とハワイ島でモンクシールの赤ちゃん誕生

投稿者: Yoshiko 更新日:2018年03月14日

Two Monk Seal pups born on Lanai and Big Island

ラナイ島、ハワイ島でハワイアン・モンクシールの赤ちゃんが誕生

ホノルル・スターアドバタイザー(Honolulu Star-Advertiser)は13日、ハワイ島とラナイ島で今年これまでに各1頭ずつハワイアン・モンクシールの赤ちゃんが生まれたと報道しました。

米海洋大気庁(NOAA)でハワイアン・モンクシールの研究を行うステイシー・ロビンソン氏によると、そのうち1頭は今年1月6日にラナイ島で生まれ、もう1頭は2月8日にハワイ島西部で生まれたそうです。ロビンソン氏は、他にもニイハウ島で生まれている可能性もあると述べています。

ロビンソン氏はラナイ島とハワイ島で生まれたモンクシールの赤ちゃんは健康的に育っているようだと話しています。

NOAAによると2017年現在、絶滅危惧種であるハワイアン・モンクシールはハワイ州全域におよそ1400頭おり、頭数は安定しているそうです。昨年はハワイ北西諸島で161頭、カウアイやオアフなどのハワイ諸島では34頭が生まれており、その中にはワイキキで生まれて注目を集めたモンクシール「カイマナ」も含まれています。

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ