ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
Myハワイ編集部

Myハワイ編集部おすすめ! ハワイ4泊6日オアフ島の旅(初心者編)

投稿者: Myハワイ編集部 更新日:2018年03月14日

Sample schedule for Hawaii beginners

「ハワイ旅行中は、時間を有効に使って観光やグルメを思い切り楽しみたい!」と思いますよね。旅行中のプランをアレコレ考えるのは楽しいけど、どこで何をしたらいいのか分からないハワイビギナーにとってはちょっと大変な作業かもしれません。

そこで今回は、ハワイの達人であるMyハワイ編集部が考案する「ハワイ初心者のためのモデルスケジュール」をご紹介します。参考にしてみてくださいね!

 

1日目ーワイキキ・アラモアナ周辺でのんびり過ごす

ハワイに着いた初日は長時間のフライトで疲れていることも多いもの。あまり予定を詰め込みすぎず、翌日に備えて宿泊先近辺でのんびり過ごすのがおすすめ。ワイキキやアラモアナセンターなら徒歩圏内に必要なものが揃っているので、落ち着いたら外を散策したり、ホテルのプールやビーチに出かけたりして、ハワイの雰囲気と気候、周囲の環境に慣れましょう。

ダニエル・K・イノウエ(旧ホノルル)国際空港到着

早朝到着する便も多いハワイ。長いフライトを経て到着後は、まずはカフェなどに立ち寄って、朝ごはんを食べながら旅行の予定をおさらいしましょう。おすすめはビタミンCがたっぷり取れるつめた~いアサイーボウルやハワイらしいフルーツがたくさんのったパンケーキ! 

◇関連記事/ハードロックカフェの新朝食メニューからおすすめ4選

ホテルに荷物を一時預ける

大きなスーツケースを持ったままで歩くのは大変だし、レンタカーのトランクに入れたままでは危険な場合も。可能ならば宿泊先のホテルでチェックインまで荷物を預かってもらえば身軽になり、動きやすくなります(各ホテルに問い合わせてみてください)。

アラモアナセンターでお買い物

チェックインを済ませて落ち着いたら、アラモアナセンターをチェックするのがハワイ旅行の王道。ワイキキ滞在の場合は、ザ・バスやトロリーに乗って行きましょう。

ショップとダイニング約340店舗が集まる世界最大規模のオープンエア・ショッピングセンターでは、見ること・買うものがたくさんありすぎて1日ではとても足りないので、お目当ての店をチェックして日程中何度か通ってみてください。

◇関連記事/ハワイ最大のショッピングセンター、アラモアナセンター

スパでゆったりマッサージ

疲れた体と心を癒すにはマッサージが一番。ワイキキやアラモアナ周辺には多くのスパがあり、ハワイ独自の伝統的マッサージ法「ロミロミ」などが受けられます。リラックスして翌日に備えましょう。上のマップ(画像)に表記されている、ワイキキで人気のスパの詳細や予約は下記の日本語公式ページを確認ください。

●モアナ ラニ スパ jp.moanalanispa.com
●アバサ ワイキキ スパ ロイヤルハワイアンホテル abhasa.com
●スパ・カカラ khakara.com
●スパハレクラニ halekulani.jp/spa/
●マンダラ・スパ mandaraspa.jp

ワイキキビーチで日光浴

ハワイといえばやっぱりビーチ。「海に入ると疲れが取れる」という人もいます。チェックインした後はすぐそのままワイキキビーチへ直行するのもナイス! ワイキキビーチが混んでいる場合は、ダイヤモンドヘッド側まで足を延ばしてみるのもおすすめです。

お食事&ワイキキでショッピング

リゾートらしいおしゃれをして、ディナーの前後にはワイキキの街でショッピング。免税店(DFS)とインターナショナルマーケットプレイス(International Market Place)の散策はお忘れなく! 翌日に備え、美味しくて栄養のある料理を食べて、早めに休みましょう。こちらの料理はインターナショナル マーケットプレイス内にあるロイ・ヤマグチ氏のレストラン「イーティング・ハウス(Eating House 1849)」で食べることができます。

Eating House 1849

 

2日目ー早起きしてアクティブに動こう!

ホテルでゆっくり休んでエネルギー補給をしたら、ハワイ2日目の朝は早起きして朝食をしっかりと食べ、アクティブに過ごす1日の支度をしましょう。

ダイヤモンドヘッド登頂(6:00~7:30)

ダイヤモンドヘッドは朝日が昇る時間に合わせて行くのが通。ただし頂上は混みます。日の出前はまだ薄暗いので懐中電灯を持参して行きましょう。昼間に行く場合は暑くなるので、日焼け止めを塗って帽子とお水もお忘れなく。かなり険しい場所もあるので、歩きやすいスニーカーを履いて行ってくださいね。入場料は1人1ドル、車1台駐車につき5ドルかかります。

◇ダイヤモンドヘッドに関する詳しい記事はこちらからご覧になれます。

KCCのファーマーズ・マーケットに行く(土曜朝7:30~9:00頃)

KCCのファーマーズ・マーケット

土曜日の朝なら、ハワイの地産品やプレートランチ、デザート、野菜・果物などの屋台が並ぶKCCのファーマーズ・マーケットに寄ってみましょう。ダイヤモンドヘッドの道端をはさんだ向かい側なので、両方とも立ち寄れるなら絶対おすすめです。ハワイのおみやげもここでゲット! 

◇メイド・イン・ハワイの朝市グルメ – KCCファーマーズマーケット Vol.1
◇メイド・イン・ハワイの朝市グルメ – KCCファーマーズマーケット Vol.2

 

ワイキキでランチ

アクティブな午前を過ごした後はホテルに戻り、ワイキキでゆったりランチを楽しみましょう。おすすめはインターナショナル マーケットプレイス内のレストランやフードコート! ここではスタイリッシュで美味しいレストラン「ヘリンボーン(Herringbone)」が大人気です。

◇関連記事/インターナショナルマーケットプレイスに「ヘリンボーン」オープン!

ヘリンボーン

ロバーツ・ハワイのシャトルでワイケレへ行く

ゆっくりランチを楽しんだ後は、ロバーツ・ハワイの便利なシャトルワイケレ・プレミアム・アウトレットへGO!たっぷり買い物を楽しみましょう。

◇関連記事/【ショッピング】ワイケレ・プレミアム・アウトレットを徹底取材!

 

3日目ーカイルアまで遠出してビーチとショッピングを楽しむ

ハワイ3日目はちょっと遠出をしてカイルア散策を楽しんでみましょう。カイルアへはツアーの利用や送迎シャトル(約30ドル程度)やザ・バス(TheBus)(アラモアナセンター発)、レンタカーなどで行く方法があります。

◇関連記事/人気連載「ザ・バスでカイルア日帰り旅行!」その1.アラモアナセンター~ウルポヘイアウ

ブーツ&キモズの名物パンケーキを食す

カイルアへ行ったらまず、「ブーツ&キモズ(Boot’s & Kimo’s、通称ブーキモ)」へ直行!特製マカダミアナッツソースをたっぷりかけた人気NO.1の名物パンケーキに舌鼓を打ちましょう。ふわふわのパンケーキにナッツのフレーバーが香ばしい甘すぎずしっとりしたソースがかかっていてとっても美味! リピ決定間違いなしです。ランチ時間は混むので待ち時間が長くなることもあります。テイクアウトしてビーチで食べるのもありかも!

また、このレストランではオムレツも有名。どちらもボリュームたっぷりなので、何品かオーダーしてシェアするのがおすすめです。

◇関連記事/人気連載「ハワイの新名物を探せ!」第09回、ブーツ&キモズのマカダミアナッツ・ソース・パンケーキ

ラニカイ&カイルア・ビーチ

パンケーキやオムレツでお腹がいっぱいになったら、ラニカイ・ビーチ(Lanikai Beach)とカイルア・ビーチ(Kailua Beach)へ行ってみましょう。カイルアまでシャトルやバスで来たなら、カイルアタウン内で自転車をレンタルしてビーチまで行くことも可能です。カイルア・ビーチパークはシャワーやトイレなどの施設も充実しています。天国の海ラニカイ・ビーチはカイルア・ビーチから歩いて約10分。また、カイルアタウンに点在するおしゃれなお店巡りもお忘れなく!

◇関連記事/【アクティビティ】感動の景色に出会うハイキング、ラニカイ・ピルボックス・トレイル

ホールフーズでランチとショッピング

ビーチから帰ったらちょうどランチタイム。ホールフーズ・マーケット(Whole Foods Market)にはデリやベーカリー、スープ、サンドウィッチ、ピザなど選択がたくさん! デザインがしゃれたエコバッグは$2.99(税別)でとっても安価なので、友だちへの喜ばれるバラマキみやげとしても最適です。

ロングスドラッグスやターゲットでお土産やアメリカ雑貨をゲット

アメリカの生活雑貨を探すなら、まずホールフーズ隣のロングス ドラッグス(Longs Drugs)を覗いてからターゲット(Target)へ足を延ばしてみましょう。カイルアタウン内は徒歩圏内で回れるお店がほとんど。探検も兼ねて散策してみるのもおすすめです。ターゲットについての徹底取材は下記の記事をチェックですよ。

◇関連記事/ハワイのターゲットがおすすめな理由【お土産編】 (セルフレジ動画あり)
◇関連記事/ハワイのターゲットがおすすめな理由【ショッピング裏技編】

4日目ーツアーに参加して憧れのノースショアへGO!

ハワイの雰囲気にも慣れてきた4日目に行ってみたいのがノースショア。レンタカーで行くと往復3時間前後もかかって運転が大変なので、ハワイビギナーにはツアー参加がおすすめ。レンタカーで行く場合、ワイメア・ベイ(Waimea Bay)やエフカイ・ビーチ(Ehukai Beach)など有名なサーフスポットを訪れた後はハレイワタウンでショッピング三昧! 時間があればさらに足を延ばしてカフクまで行き、有名なカフクシュリンプのプレートランチにもチャレンジしてみましょう!

ノースショアの1日ツアーに参加する

ワイメア・ベイ、サンセット・ビーチ(Sunset Beach)など有名な美しいビーチは必見。ノスタルジックな建物が並ぶハレイワタウンも見どころ! グルメスポットも多く、丸1日いてもたっぷり楽しめます。観光だけでなく、アクティビティや自由時間を楽しめるオプションもあり、ノースショアの魅力がたっぷり満喫できます。

ノースショアを効率よく周れるお得なツアーはこちらから$44~
icon

ビッグウェーブで有名なワイメア・ベイへ

冬に大波が訪れることで有名なワイメア・ベイはノースショアの中でも必見のビーチ。夏は湖のように静かで遊泳にも最適。シュノーケリングなどのオーシャンアクティビティも楽しめます。パーク内にはトイレやシャワーもあり、ライフガードもいますが、秋~春の季節は波が荒いため遊泳は危険です。

ハレイワタウンでショッピング

ノースショア観光で絶対に外せないのが、ノスタルジックな町ハレイワタウンでのショッピング。

2014年にオープンしたショッピングモール、ハレイワ・ストア・ロッツ(Haleiwa Store Lots)にはカフェやブティックがたくさん。あの有名なマツモトシェイブアイス(Matsumoto Shave Ice)もこのモールに移動しました。シェイブアイスを食べた後は、おみやげに最適なTシャツやバッグなどオリジナルロゴグッズをゲット!

ハレイワタウンにはこのほかにも、ハンバーガーショップ「クアアイナ(Kua`Aina)」やメキシカンレストラン「チョロズ・ホームスタイル・メキシカン(Cholo’s Homestyle Mexican)」、サンドイッチ専門店「ワイアルア・ベーカリー&ジュース・バー(Waialua Bakery & Juice Bar)」など様々な店があるので、ランチもハレイワタウンで食べていきましょう。

欲張ってカフクシュリンプも食べたい!

時間があれば、サンセットビーチよりさらに北上した小さな町、カフクまで行ってみましょう。「ロミーズ(Romy’s)」、「フミズ(Fumi’s)」などの屋台やトラックが並んでいるので、別の種類を何個か購入して食べ比べしても楽しいかも! ランチ時間は混むので、ちょっと時間をずらしていくのがポイントです!

カフクまで行く時間がない場合は、ハレイワにもシュリンプトラックが出ています。

◇関連記事/【グルメ】やっぱりエビが好き…ノースショア、カフクのロミーズ

ワイキキで最後の夜を満喫

ノースショアから帰ったら明朝に迫った帰国日に備えて、最終日の夜はワイキキでのんびり過ごしたいもの。美味しいディナーとカクテルを満喫した後は、ワイキキで最後のショッピングを楽しみましょう。

アクティブに動き回った旅行の疲れを癒してくれるマッサージもおすすめです。

出発日ー早起きして帰国の準備

楽しかったハワイ旅行もいよいよフィナーレ。出発の時間によってはハワイ最後の朝食を食べに行ったり、買い忘れたお土産を急いで買いに行くことも可能かも。早朝出発の場合はなるべく早くホテルをチェックアウトして、余裕を持って空港へ向かいましょう。ホテルの部屋にはチップを残していくこともお忘れなく! チップに関する記事はこちらを参考にしてください。

Myハワイ編集部が作ったハワイビギナーのためのモデルスケジュール、いかがでしょうか? 

次回のハワイでは、初めての時に行くことが出来なかった観光地やアクティビティ、レストランにもチャレンジしてみましょう。

ではその日まで、A HUI HOU!

 

この記事が属するカテゴリー: 基礎知識, 特集


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ