ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー

イゲ知事が尊厳死法に署名、来年1月より合法化

投稿者: Yoshiko 更新日:2018年04月06日

Governor Ige legalizes medical aid in dying for terminally ill

末期患者に尊厳死選択の道

ホノルル・スターアドバタイザーの報道によると、デイビッド・イゲ州知事は5日、ハワイ州民の末期患者が尊厳死用に使用される致死性薬物処方を要請することを許可する尊厳死法案「私たちのケア、私たちの選択(Our Care, Our Choice)」に署名しました。新法は来年1月1日より施行されます。

■関連記事/ハワイ州で尊厳死合法化へ
■関連記事/ハワイ州議会、有給家族休暇保障の法案を審議中

ハワイでは過去10年以上にわたり尊厳死の合法化について議論が行われていました。同法では6ヵ月以下の余命宣告を受け、精神状態が正常と認められた成人の末期患者が、自分自身で投与可能な致死性薬物を医師に要請することが可能となります。

署名を行ったイゲ知事は、「(痛みなどで)苦しんでいる精神的に正常なハワイ州民の末期患者が、尊厳、名誉、平和をもって生命の終焉を選択することを可能にすべき時が来た」と述べました。

ハワイ州はカリフォルニア、コロラド、オレゴン、バーモント、ワシントン各州および首都ワシントンに続き、尊厳死を合法化した全米7番目の管轄区となっています。ハワイ州の尊厳死法はオレゴン州の同法をモデルにして提案されたものです。

(Honolulu Star-Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ