ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ハワイで5〜11歳へのワクチン接種開始

投稿者: キョーコ 更新日:2021年11月06日

Hawaii kids ages 5 to 11 start rolling up their sleeves for COVID vaccine

スポンサーリンク

「受けさせない」「様子見」の声多数

子どものワクチン接種が開始

米疾病対策センター(CDC)がファイザー社製新型コロナウイルスワクチンの5〜11歳の子どもへの接種を承認したことを受け、ハワイ州内で11月3日(水)から子どもへの接種が開始されました。

ハワイ・ニュースナウの報道によりますと、5〜11歳の子どもには、通常大人に投与する量の3分の1の量を3週間の間隔で2回投与するということです。接種開始により、新たにおよそ2,800万人が接種の対象に加わることになります。

ハワイ州内でも接種がスタートし、ホノルル市内のカピオラニメディカルセンター(小児科・婦人科)では3日、100人余りの子どもが接種を受けました。この日接種を受けた子どもたちの父兄からは「外出時の不安感が軽減された」と安堵の声が上がっていましたが、一方で安全性を不安視する意見も多く寄せられています。

カイザー・ファミリー・ファウンデーションが行った5〜11歳を対象としたワクチン接種に関する調査によると、「子どもにすぐに接種させる」との回答は27%にとどまり、「しばらく様子見する」と「絶対接種させない」と答えた保護者がそれぞれ3割に達し、米国内では依然として懸念が広がっています。

(Hawaii News Nowより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ