ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

【ハワイ旅行】海外旅行に必須の電子渡航認証「ESTA」5/26から値上げ

投稿者: Eriko 更新日:2022年05月27日

CBP Announces ESTA Fee Change

スポンサーリンク

5月26日から21ドルへ

米国税関国境保護局(CBP)は、2022年5月26日(木)より、電子渡航認証システム(ESTA)申請の料金を14ドルから21ドルへ値上げしました。(5/26現在、1ドル=127円の換算で約2670円)

ESTAの有効期限はこれまでと同じ取得日から2年で、現在承認済みのESTAを保持している人は再申請する必要はないとのことです。

ESTAは2009年にビザ免除プログラムを利用する際に提出する「I-94W」に替わり導入されたシステムで、当初は無料でしたが2010年に有料化されました。ESTAの運用費4ドルに加え、申請書が承認された際の旅行促進法により徴収が定められた10ドルが含まれ、14ドルとされていました。

5月26日以降の申請からは、17ドルが旅行促進に充てられ、運用費は4ドルとなります。ハワイ旅行の際にはESTAが必要で、ESTAが承認されるとビザなしで最大90日間の滞在が認められます。

ESTAの詳細は米国大使館こちらのページをご覧ください。

 

◇関連記事/ハワイ渡航に必要な事前準備【2022年最新、出発&帰国の手順】
◇関連記事/【5/13更新】ハワイで日本渡航者に陰性証明書を提供する医療機関まとめ【価格安い順】
◇関連記事/ハワイから日本への渡航体験記 【2022年3月、ホノルル→羽田】

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ