ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Myハワイ編集部

「オリジナル・パンケーキ・ハウス」で噂の新感覚パンケーキにメロメロ

投稿者: Myハワイ編集部 更新日:2014年04月02日

Original Pancake House

パンケーキ好き、ハワイ好きの方ならもう誰もが知っている「オリジナル・パンケーキ・ハウス」の看板メニュー“ダッチベイビー”。見た目も味も従来のパンケーキの概念とは違って、一口食べたらもう頬がとろける美味しさです。アラモアナにあるそんな人気店に編集部が乗り込んできました!写真を見るだけで出てきそうなよだれを我慢しつつ、しっかりとその味をレポートいたします。
■ハワイ写真集 Vol.10-ハワイの絶品パンケーキ

ハワイの名物パンケーキ

オリジナル・パンケーキ・ハウスの看板メニューが「ダッチベイビー($9.95)」。満月型のいわゆる“普通のパンケーキ”とはまったく違います! パンケーキ生地全体がお皿のようになっていて、まわりの生地がカリッと焼きあがっているのが見た目からもよくわかります。

ハワイの名物パンケーキ

従来のパンケーキのように平たい鉄板の上で焼かれるものと違って、このパンケーキはオーブンを使って焼かれ、使う食材は卵、バター、無漂白の小麦粉、ホイップクリームなど、すべて上質のものをこだわってセレクトしているそうです。このお店は今から60年も前にアメリカ、オレゴンで誕生し今や展開する店舗は100店以上。そのどの店もこのレシピに忠実に従って作っているとか。

ハワイの名物パンケーキ

見てください、この断面!!一番外側はかりっと焼かれ、内側はしっとりもちもちの食感で、例えるならブレッドプティングやババロアのような味わいでしょうか。
そして編集部一同の心を奪ったのが、レモンのカット。ダッチベイビーを注文すると、バターと粉砂糖、レモンがテーブルに用意されます。これをお好みで自分で振りかけていただくのですが、レモン汁をさっとパンケーキにかけると、甘い中にレモンの爽やかな香りが広がって、何口でも食べられてしまうんです。

ハワイの名物パンケーキ

こちらのお店では普通のパンケーキもあります。写真は「マカデミアナッツ・パンケーキ($7.50)」。ふんわりやわらかな生地の中にもマカデミアナッツがかなりたっぷり入れて一緒に焼き上げられています。生地は薄めで、甘さも控え目のため、さらっと食べられます。私たちはダッチベイビーに付いていたレモンをこちらのパンケーキにもかけたのですが、これがなかなかイケル味わいでした。

ハワイの名物パンケーキ

さらにオムレツの種類も豊富。10種類以上あるオムレツの中から、ヘルシーに「ガーデン・スペシャル($10.50)」も注文。ふんわりと膨らんだふわっふわの生地にほうれん草、トマト、マッシュルームなどがこれでもかと言うほどたっぷり入っていて、こちらも絶品でした。

ハワイの名物パンケーキ

店内は決してきれいでも新しくもないのですが、どこか落ち着ける“昭和の喫茶店”のような雰囲気。多くのセレブたちのサインも飾ってあり、やはり名店なのだとわかります。
ガイドブックを手にした観光客も何組かいましたが、それに混じっていかにも「普段から通ってる」風な地元の人の姿も印象的でした。ローカルたちが食べていた、スープ付きのサンドイッチセットに今度は挑戦してみたいですね。

■関連情報/ハワイ写真集 Vol.10-ハワイの絶品パンケーキ

お店データ

The Original Pancake House
(オリジナル・パンケーキ・ハウス)
6
住所: 1221 Kapiolani Blvd., Suite 103 Honolulu, HI 96814
電話&ウェブ(808) 596-8213   www.originalpancakehouse.com
アクセス:アラモアナセンターからカピオラニ通り沿いに西側(ワイキキとは逆方面)に約5分ほど歩き、牛角の入っているビルの1階(エレベーターホールのすぐ横)
大食いクラブからの
アドバイス:
ダッチベイビーは2人以上でシェアできる大きさ。いくつかのメニューを頼んで色んな味を楽しものがおすすめ。
営業時間:毎日 6:00-14:00
駐車場ビル内に無料駐車場あり(入口はカピオラニ通り側)

この記事が属するカテゴリー: B級グルメ, B級グルメの特集, アメリカンフード, デザート・スイーツ, ハワイのローカルフード, レストラン


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ