ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「ハワイでの駐車(パーキング)の仕方」

その1

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2008年07月04日

ハワイの歴史、気候や地理などを扱った「知識編」と、旅行者にとっての必須トピックを扱った「実践編」に分けてお届けする「ハワイの基礎知識」。取り上げて欲しい内容がありましたら、編集部までお知らせください。

ハワイでの駐車(パーキング)の仕方 1

ハワイの青空の下でのドライブは気持ち良いですね。右側運転にも慣れて軽快にレンタカーでひとっ走りすると、もう気分はロコ。でも、ショッピングやお食事をしようと車を停める段階でふと気づく… 「どうやって駐車したらいいんだっけ? 」 そんなあなたに今回はハワイでの駐車の仕方をお届けします。オアフ島では、レジャー施設、ショッピングセンター、公園、ビーチと至る所に有料と無料の駐車場があります。またひとくちに「パーキング」といっても、システムによって使い方も違うのでひとつずつ見てみましょう。

ハワイで無料で駐車できる場所
◆施設に併設する無料駐車場◆

パーキング

駐車料金が必要ない無料の駐車場はビジネスが密集するオアフ島ワイキキやダウンタウンでは少ないものの、ショッピング・センターやレストラン、公園やビーチなどでよく見られます。使い方は簡単で、空いている場所に駐車するだけ。平地に線が書いてあるだけの簡素なものから立体駐車場まであります。無料で駐車できるといっても、「2時間駐車可」などと表示してある場所だと駐車時間も限られていますし、「Loading(荷積み降ろし)」と書いてある場所や障害者専用の駐車場にはとめることはできません(詳細は下で説明)。また、お店やレストランに併設してあるパーキングは、もちろんそのお店の顧客専用ですし、店の営業時間の間だけ利用可能です。無料駐車場内でも「Reserved Parking(契約者専用駐車場)」という表示のあるスペースは特定の人や店専用の駐車スペースなので、該当しない人が使うことはできません。このようなルールを守らずに駐車していると、レッカー車で持っていかれてしまう場合もあるので気をつけましょう。またアラモアナセンターのような大型駐車場に駐車するときは盗難予防や安全のため、できれば建物の死角や遠く離れた場所に駐車するのは避けた方が良いでしょう。

◆路上駐車(ストリート・パーキング)

ハワイのパーキング

アメリカでは多くのエリアで路上に無料で駐車することができます。路上駐車に関するサインは通常縦長の長方形で表示されているので、その表示にしたがって駐車します。例えば「No Parking 8:30AM to 5:30PM」とサインに表示がされていたら「午前8:30から午後5:30まで駐車禁止」となっているので、「午後5:31から翌朝の8:29までは駐車してもOK」という意味です。「30 minutes parking」と表示されていたら、文字通り30分間駐車可という意味。いつでも駐車できる場所から、駐車できる時間帯のある場所、休日のみ/平日のみ駐車可という場所などもあります。また「TOW-AWAY(レッカー移動)」というサインのある場所に駐車すると、レッカー車で車を持っていかれてしまうので気をつけましょう。住宅街は基本的に路上駐車はOK。ただ場所や状況により異なるので(片側だけ駐車可など)標識を見ると同時に他の車の駐車状況を見て判断することも大事です。分からなかったら近辺にいる人に聞いてみましょう。

ハワイのパーキング

ハワイでの縁石の色での見分け方
ハワイでは、駐車に関してはサイン以外に縁石の色で表示されているので、これを覚えておくと便利です。またこの色での表示は路上駐車(ストリート・パーキング)だけでなく、一般駐車場内でもよく使われています。色で区別は視覚的で分かりやすいので、慣れてくると青い線で囲まれた駐車スペースを見るだけで「ここは障害者専用パーキングだな」などとわかるようになります。

:人が乗り降りするくらいの短時間の駐車なら可。
:時間を限定して駐車可。時間は縁石か標識に表示してある。
:荷物の積み降ろしのための駐車可。ただし運転者は下車してはいけない。
:駐停車禁止。
:許可車、障害者用車両などの指定事のみ駐車可。

ハワイのパーキング

ハワイで駐車する時に気をつけること
消火栓:路上駐車(ストリート・パーキング)できるエリアでも、黄色い消火栓があったらその前の車道エリアはいつでも駐車禁止です。火事の際にいつでも消防車がアクセスできるようにそう決められています。

障害者用駐車スペース:青地に白の車椅子のマークのある「Handicap Space」は、障害者に発行される車椅子マークの認定証のある車だけが駐車できるスペースです。このスペースはたいていお店や施設のすぐ近くというアクセスの良い場所にあるので駐車したい気持ちも分かりますが、たとえ短時間であっても駐車は厳禁です。またこの場所で駐車違反をすると罰金が大変高額になるので気をつけましょう。

ハワイのパーキング

貴重品:駐車するときには車内に貴重品は絶対に残さないように気をつけましょう。人目につく場所はもちろん、トランクの中やグローブボックスの中でも厳禁です。「こんな所絶対探さないよな」と思った場所も探されてしまいますし、「こんな物盗まないよな」と思うものでも盗まれると思ってください。窃盗犯は盗みたければ車の中にあるものがたった25セント硬貨1枚であっても車体を壊して盗みますし、ガラスを割ったりドアやトランクの鍵を壊すことは窃盗の常習犯にとってはいともたやすいことです。窃盗犯は特にレンタカーをチェックし、あなたの服装・持ち物とあなたの車や行動を見て、トランクに何か入っているか、あなたが金目のものを持っていそうなタイプかチェックしています。車から離れるとき、車内は空っぽにする習慣をつけましょう。

 

この記事が属するカテゴリー: レンタカー・交通ガイド, 基礎知識
関連キーワード: パーキング,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

2 responses to その1

  1. 誤字のご指摘ありがとうございました!

  2. 字の訂正です。

    ■ハワイで駐車する時に気をつけること
    消化栓?路上駐車(ストリート・パーキング)できるエリアでも、黄色い消化栓があったらその前の車道エリアはいつでも駐車禁止です。火事の際にいつでも消防車がアクセスできるようにそう決められています。

    「消化栓 → 消火栓」

    です。

    役に立つサイトでこれからも勉強させていただきます。(ハワイ渡航歴5回)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*