ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

マウイ島 ハレアカラ・ダウンヒル・ツアー

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2001年06月15日

オアフ島を制したら、まだまだ未知の魅力あふれるネイバーアイランド(隣島)へ飛び出しましょう!極上のリゾート、どこか懐かしいオールド・ハワイ、ダイナミックな自然…ネイバーアイランドには新たな発見がいっぱいです。このコーナーでは現地レポーターが、そんな素敵なネイバーの魅力をお届けします。(編集部注:2009年現在、ダウンヒル・ツアーは廃止されています)

ハレアカラ ダウンヒル ツアー

Haleakala Downhill Tour in Maui

  ハワイ伝説のヒーローの名前を持つマウイ島。ここはオアフ島についで旅行者向けの施設が整っていることもあって、ネイバーアイランドを初めて訪れる人がまず候補に上げる島です。高級なリゾートやショッピングモールも充実している一方、ハワイならではの自然もたっぷり残っていて、いろいろな楽しみ方ができます。

そんなマウイで今一番人気のアクティビティをご紹介しましょう。その名もハレアカラ・ダウンヒル・ツアー。マウイの最高峰ハレアカラの山頂から、強力なブレーキと特別のタイヤを使用したダウンヒル専用の自転車で海岸近くまで駆け降りてくるという気分爽快なアクティビティです。

ひょうたん型をしたマウイ島、その東部分中央にそびえるハレアカラは、標高3.055メートルの高山。冬場には雪をいただくこともある休火山です。とはいえ、きれいに舗装されたハイウェイが山頂まで通っていて、旅行者でも気軽に訪れることができます。このハレアカラ山頂はハワイきってのサンライズの名所として知られ、毎日夜明け前にはこの朝日を見に訪れる旅行者のレンタカーや観光バスで、駐車場がいっぱいになるほど。この天をつく高山の天辺から海岸まで、自転車で約60キロの距離をひたすらにかけ降りてくるというシンプルなダウンヒル、でもそれなりに体力も必要で、アドベンチャー気分が味わえるツアーなのです。

今回紹介するのは数あるダウンヒル・ツアー会社のなかでも老舗のひとつ、マウイ・ダウンヒル。ツアーは昼間に行うもの、若干コースを短く設定してあるものもありますが、なんといっても人気なのは早朝に出発するスーパー・サンライズ・サファリ。ハレアカラ名物のサンライズをまずは山頂で眺めた後、自転車でハレアカラを下りバイキングするツアーです。

ツアーは午前3時前後にホテルやコンンドミニアムなどでピックアップ。ツアー・オフィスでかんたんなスナックを出してくれます。人数が揃ったら自転車を搭載したトラックと共に、バンに乗って山頂へ。空気が薄いせいで地上で見るよりも数倍鮮やかな朝焼けを堪能したあと、十分に明るくなったらいよいよバイク・ツアーに出発します。出発時はずいぶん冷える(夏場でも10度以下)ので、厚手のジャケットとパンツ、手袋を身につけます。もちろんヘルメットも着用。

バイクの速度はおよそ時速25キロとけっこうなスピード。でも先頭にはガイドが、最後尾にはバンがついているので、前の人との距離を一定に保ち、むちゃな運転をしなければ大丈夫(でも道路には当然車も走っているので十分に注意して)。慣れてくると辺りを見る余裕もでてきます。眼下には西マウイの山や渓谷、空港のあるカフルイからリゾートエリア、ビーチまでが一望に。吹き抜ける風を肌に感じながら、パノラマ・ビューを目にするのは、車でドライブするのとはまったく違った爽快感が味わえます。日が高くなってくるにつれだんだんと暑くなり、ジャケットも不要に。ぬいだジャケットやカメラなど携帯できない荷物はバンが運んでくれるし、随所随所で止まって無理のないように気を配ってくれるので、もしも途中で疲れたらそこで中断するのも可能です。

途中2時間ほど下ったところで、朝食タイム。そのあとは、緑ゆたかな牧草地帯をぬけながらさらに下り、カウボーイ・タウンのマカワオへ至ります。ここからはパイナップル畑や古めかしい教会などを両脇に見るのどかな田園ルート。そして出発してから4時間ほどで終点、海沿いのパイアの町へと到着します。

ホテル出発から終了まで、半日がかりで、それなりの体力がいるアクティブ・ツアー。でも標高3.000メートルから自分の足で降りてくるなんて、ほかではなかなかできない体験。時間があったらぜひチャレンジしてみて!

マウイ・ダウンヒル
Maui Downhill
電話:1-808-871-2155
日本語予約ダイヤル:1-808-875-6655
住所:199 Dairy Rd., Kahului, HI 96732
URL:www.maui.net/~micrin/mauidownhill.html
料金:スーパー・サンライズ・サファリ$130(税込み)、スーパー・デイ・サファリ(昼間)$125(税込み)

(2001年取材)

ネイバーアイランドHOTインフォ
ハレアカラ国立公園
Haleakala National Park

ハワイ語で太陽の家と言う意味を持つハレアカラ。世界最大の休火山でもあり、東西12km、南北4kmのクレーターの景観はまさに神秘的。マウイ島に行ったなら是非とも訪れてもらいたいポイントの一つです。中でも絶対におすすめなのがサンライズ。カアナパリからだと、レンタカーで2時間はかかるので、夏場なら朝の3時、冬場でも5時前にはホテルをでなくてはならないので、ちょっと辛いけどガンバって早起きする価値は大ありです。山頂は夏でも気温が5度以下になったり、冬場は雪が降ることもあるくらい寒いので、持ってきてる洋服を全部重ね着して出かけましょう。ホテルのブランケットを持ち込んでる外人さんもよく見かけます。せっかく早起きして行ったのに、寒くて外に出られなかったという話も聞きますので完全防備をお忘れなく。

レンタカーで行くときの注意事項
ガソリンは満タンにして
つづら折りの連続の上、大型バスやダウンヒルの自転車が多いので、対向車線にはみ出さないよう、またはみ出してくるバスや自転車もいるので、くれぐれも運転は慎重に
下りはエンジンブレーキを併用(ギヤをDではなく2とかにする)
サングラスは必携
山道に入る前に、カフルイ辺りでコーヒーなど温かい飲み物を調達した方がベター(山道の途中や山頂には自販機や売店などはありません)
着なかったとしても無駄にはならないで、ある限りの衣類とホテルの毛布を積み込む
クルマ1台に付き$10の入場料がかかります(1週間有効)

レンタカーのない場合や、運転に自信のない方は、ツアーもありますのでホテルのコンシェルジェに相談してみてください。

この記事が属するカテゴリー: マウイ島, 離島案内
関連キーワード: マウイ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*