ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ハワイアンミュージック、永久保存曲に認定へ

投稿者: キョーコ 更新日:2021年03月26日

Iconic Bruddah Iz medley added to National Recording Registry in Library of Congress

スポンサーリンク

米国議会図書館がブラザー・イズの曲を登録

米国議会図書館はこのほど、歴史的、芸術的、文化的重要性があるとして、ハワイアンミュージックを永久保存曲に初めて認定しました。

ハワイ・ニュースナウの報道によりますと、全米録音資料登録簿にこのほど登録が決まったハワイアンミュージックは、“ブラザー・イズ”の愛称で知られる伝説のハワイアンシンガー、イズラエル・カマカヴィヴォオレ(1997年逝去/享年38)が1993年にリリースした「Somewhere Over the Rainbow / What A Wonderful World(虹のかなたに/この素晴らしき世界)」。

他にルイ・アームストロングの「When the Saints Go Marching (聖者の行進)」やコーラスグループ、ラベルの「レディ・マーマレード」、ジャネット・ジャクソンの「リズムネイション1814」など、25曲がこのほど新たに登録され、登録総数は575曲となりました。

ブラザー・イズの「Somewhere Over the Rainbow / What A Wonderful World」は、ユーチューブの再生回数が10億回を超え、大晦日にはニューヨークのタイムズスクエアで流れるなど、世界中の人たちから親しまれています。

◇ハワイ島のムーンボウも! 幸せを運んでくれるハワイの虹特集

(Hawaii News Nowより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ