ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ハワイ公立校、対面主体で新学期スタート

投稿者: キョーコ 更新日:2021年08月05日

Wearing masks, Hawaii’s public school kids return for a new school year with in-person learning

スポンサーリンク

州教育局、マスク着用、社会的距離確保の徹底で感染防止を強調

ワイキキビーチ

7月末から3桁台で新型コロナウイルスの新規感染者が増え続けている中、ハワイ州内の公立校が8月3日(火)、対面主体での授業による新学期を迎えました。

ハワイ・ニュース・ナウの報道によりますと、この日は州内の計257校、およそ16万5千人の生徒が2021~22年度の学期をスタート。感染拡大が懸念される中、州教育局ではキャンパス内でのマスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保を徹底し、またワクチン接種の推進で感染防止を図ることを強調しています。なお2020~21年度は、学期のほとんどで遠隔授業が実施されました。

州当局の発表では、新学期を迎えた学生のうち、およそ8万3千人がワクチン接種対象年齢に達していない12歳未満の児童で、(接種可能な)12~17歳の児童のおよそ47%が少なくとも1回目のワクチン接種を済ませているということです。

(ハワイ・ニュース・ナウより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ