ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「マシューのグルメ評論」

3660オン・ザ・ライズ – グルメ・レストラン情報

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2007年04月01日

3660オン・ザ・ライズ

3660 On The Rise

3660オン・ザ・ライズのシェフ

●熱狂的なファンが大勢いるレストランだよ
「3660オン・ザ・ライズ」っていうレストランには、熱狂的なファンが大勢いて、口コミで爆発的な人気を呼んでいるんだ。それも納得なんだよね。アジア料理とヨーロッパ料理とローカル料理のフレーバーをうまく取り入れながら、ハワイで採れた新鮮な食材を見事なまでに見た目にも美しい料理に仕上げているんだ。

ここの共同経営者でエグゼクティブ・シェフを務めるのは、ラッセル・シュー氏。彼は、15才で地元ハワイのドライブイン・レストランで料理を始めてから、大企業の食品業界で活躍した人物なんだ。アメリカ本土はもとより、香港などでも働いたことがある国際派。そんな彼が1992年にゲイル・オガワ(共同経営者でマネージャー)とシェフのジェームス・ギレスピー氏と力を合わせて「3660オン・ザ・ライズ」を開店したんだよ。このレストランは、全米規模の権威あるグルメ雑誌、「グルメ・マガジン」だけでなく、いろいろなメディアで過去10年間に渡って高い評価を受けているね。

前菜のアヒ・カツ

●看板メニューともいえる前菜と言えば…
メニューのうちの「ザ・ファースト・フレーバーズ」(前菜)でこのレストランの看板メニューとも言えるのが、「アヒ・カツ」。活きのいいアヒ(マグロ)を海苔で包んで、さっと揚げてスライスしたものをワサビ・ジンジャー・ソースで頂くんだ。カリカリで香ばしい外側と中身のレアなルビー色のマグロのコンビネーションがたまらないね。口の中にマナ(ハワイの不思議な霊力)が広がる感じだよ。このワサビと生姜が効いたフランス風バター風味のソースがまた料理に完璧にマッチしているんだ。

それから、舌がとろけそうで魅惑的な前菜は、2種類のフォアグラ。これは、今までに僕が食べたフォアグラの中でも最高級の部類に入るね。天にも昇るようなお味の1種類目は、フォアグラのマンドリン・オレンジ・マーマレード添えのポワレ。フライパンで程よく蒸し焼きにされたフォアグラの味は、たまらないね。もう一つのフォアグラは、「トルション」という手法で料理されたもの。フォアグラを煮込んだ料理なんだけど、これには僕も大好きな甘酸っぱいリリコイ(パッション・フルーツ)のジュレが添えられていて絶品だね。

メイン・ディッシュのスナッパー

●最高のメイン料理は?
メイン・ディッシュは、このレストランで「セカンド・フレーバー」(アントレ)と呼ばれていて、スープとサラダに特徴があるんだ。 僕はクラム・チャウダーとコーン・チャウダーを頼んだんだけど、ローストされたレッド・ペッパークリームで味に深みを加えたちょっと、こってりした濃いスープなんだ。このスープはコーンの甘さがじんわりとくるね。スープを飲み終えるときは柔らかいタロイモのパンが大活躍! これをちぎってスープにつけると、最後の一滴までも美味しく頂けるという訳。

「ザ・チャイニーズ・スティームド・フィレ・オブ・スナッパー」(スナッパーとはフエダイ科の魚のこと)は、ウエイターのおすすめのメニュー。蒸し焼きにする前に軽くフライパンで焼いてあって、味わいに深みを出しているんだ。ソースは、デリケートなブラックビーン風味のソース。コーンスターチでとろみをつけた中華風のあんかけになっているのが特徴なんだ。この料理は、口当たりは軽いけど味わい深い、なかなかのもの。 

●シーフードとのバランスが絶妙なテンダーロイン
「グリルド・メダリオンズ・オブ・ビーフ・テンダーロイン」は、海老とアラスカ産キング・クラブ、エシャロットのムースに、トマト・ガーリック・ホランデーズ・ソースと四川風ペッパーコーン・ソースと一緒に頂く最高の一品だね。 この料理は、一皿でいろいろな味覚が楽しめるんだ。甘くてマイルドなシーフードが、テンダーロインの風味と歯ごたえをさらに引き立たせ、そして最後にはクリーミーで酸味のあるトマト・ホランデーズ・ソースとパンチのある四川風ペッパーコーン・ソースがピリリと効いてノックダウンさ。その他のメイン・ディッシュは、「スティームド・シュリンプ&スキャロップ・ラウラウ」(ハワイアン料理にあるラウラウのセレブ・バージョンっていうところかな?)、「テンプラ・キャットフィッシュ」(なまずの天ぷらとポン酢)と「セサミ・クラッシュド・アヒ」(ゴマとパン粉をまぶしたマグロをネギ、生姜と一緒に焼いたもの)から選べるんだ。最後に「ミソ・グリルド・ムスビ」(味噌焼きおにぎり)なんてもう最高だね。
デザートのチョコレート・スフレケーキ

●デザートのおすすめは…
ここのレストランのデザートはどれも素晴らしいよ。最近、僕が食べたのは、クリームブリュレとりんごとベリーのポットパイ。それとチョコレート・スフレケーキ。このスフレケーキは、あたたかいスフレの上に冷たいアイスクリームがのっていてモカソースがかかっているんだ。このチョコレートとアイスクリームが醸し出すおいしさがたまらないね〜。人気のシグネチャーデザートのワイアラエ・パイは、ハーゲンダッツのバニラとコーヒーアイスをマカデミアナッツがアメ状の板に固められたお菓子と重ねて、キャラメルソースとチョコレートソースで頂くんだ。

●スタッフの対応もバッチリだね
このレストランでは、サービスも抜群なんだよね。スタッフはフレンドリーだし、ウェイターは常に気を配ってくれるから、お水やパンも丁度いいタイミングで持ってきてくれるんだよね。ワイキキからタクシーでたったの10分程で行けて、こんなに気の利いた料理が味わえるレストランに行ってみる価値はあるよ。

グルメ評論家、マシュー・グレーのプロフィール
 ハワイの人気グルメ評論家。エグゼクティブ・シェフやレストラン評論家として活躍した豊富な知識と経験を活かし、現在はファイン・ダイニングからB級グルメまでハワイの幅広いレストランを対象としたユニークなグルメ・ツアーを主催している。マシューは、80年代から90年代にかけて、ハリウッドの映画スターや有名政治家らのセレブ御用達シェフとして活躍。カリフォルニアで起業したフードショップも成功を収め、彼の名は雑誌やテレビを通して全米で広く知られるようになった。1993年にハワイに移住後は、地元紙「ホノルル・アドバタイザー」のレストラン評論家として歯に衣着せないストレートなコメントの掲載を開始。地元ハワイはもとより、アメリカ本土からも熱烈な支持を受けた。「ハワイの美味しい食事と料理の楽しみを多くの人々と共有したい」という考えから2004年に始めたグルメツアーは、彼自身がガイドを務め、ハワイの食文化の紹介や食にまつわる豊富な体験談などを交えながら、おすすめのレストランをまわるというもの。数々のメディアにも取りあげられる人気ツアーとなっている。
>>グルメツアーの記事を見る

(2007年4月取材)

ワイキキからカラカウア大通りをカピオラニ公園へ向かって、カパフル通りを左折し直進。つきあたりのワイアラエ通りを右折。10th 通りの2つ先の角。ビルの中にありちょっとわかりづらいので、車で行く場合は見落とさないように注意

 

住所:3660 Waialae Avenue
Honolulu, HI 96816
アクセス:ワイキキよりタクシー利用
約15分
駐車場:
電話番号:737-1177
営業時間:17:30〜21:00、(金・土)17:30〜22:00
休業日:月曜/元旦/サンクスギビング/クリスマス
予約:予約がベター
ホームページ:www.3660.com
1人分の予算$35〜 (チップの平均は合計金額の18%〜25%)
お店の雰囲気カジュアル
バースデーサービスデザートをサービス

この記事が属するカテゴリー: グルメ評論家, レストラン
関連キーワード: カイムキ, 人気,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*