ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Kana
人気連載「ハワイの子育てお役立ち情報」

第1回 ハワイで買える紙オムツ

投稿者: Kana 更新日:2012年07月19日

ハワイの子育てお役立ち情報

ハワイで主流の紙オムツブランド 「ハギーズ」 vs 「パンパース」

ハワイは子供を連れても楽しめるとても素晴らしい観光地です。ただ、小さい子供を連れての旅行となると、何かと荷物が多くなります。特に紙オムツはかさばりますよね。かといって、見慣れないアメリカ・ブランドのオムツを現地で調達するのも不安だなぁという方の為に、今回はハワイでよく見かける紙オムツをご紹介します。

主なブランドは「ハギーズ」と「パンパース」。その他にも、お店のブランドだったり、いろいろあります。値段はお店によって違いますが、30枚前後入ったパックで安いときで約9ドル、定価だと15ドル近くと、値段の差があります。ワイキキのABCストアなどでも購入できますが、少し高めかもしれません。おすすめは常に低価格なウォルマートやターゲット。

「ハギーズ」と「パンパース」はどちらがよいか?というと、好みが別れるところです。私の周りのママさんたちの間ではパンパースが断トツ人気です。皆さんパンパースのほうが肌触りがよいという理由です。

私は3才と1才半の男の子がいますが、上の子の時はパンパースもハギーズも両方使っていましたが、どちらかと言うとパンパースを好んで使っていました。でも、下の子はパンパースを使うとお尻が少しかぶれてしまうので、ハギーズを使っています。

ちなみに、はかせ方が悪かったり、よほど長時間はかせていない限りはそんなに漏れたりはしませんでした。実際、夜用のオムツも売っていますが、うちの子たちは普通の昼用のオムツを夜寝るときにはかせていても問題ありませんでした。

肌触りやフィット感、どのくらいの時間もつかなどは、お子様の体型や体質によって個人差がありますが、もしもハワイで紙オムツが必要になったら参考にしてみてくださいね。

1人の赤ちゃんのオムツがはずれるまでに消費する紙オムツの量は1~2トンだと聞いたことがあります。それを知った私は、下の子には10ヶ月位の時まで布オムツも使っていました。旅行の時には紙オムツが断然便利ですが、エコな生活を送りたいという方はぜひハワイで手に入る布オムツも探してみてくださいね!

この記事が属するカテゴリー: アロハダイアリー, 暮らし
関連キーワード: ABC, アメリカ, ウォルマート, ストア, タイトル, ハギーズ, ハワイ, パンパース, 紙オムツ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*