ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「第09回 ハワイモニター旅行当選者1」

当選者 埼玉県 今永様 OL2人のマウイ島旅行 その4

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2002年11月19日

第9回ハワイモニター旅行当選者 埼玉県 今永さん

マウイ 4日目



運良く晴れ間に姿を見せたイアオニードル

丸一日マウイで過ごせる最終日です。今日は渓谷美が「太平洋のヨセミテ」と呼ばれるイアオ渓谷州立公園へ向かいます。さっきまでの海の景色とは正反対の大きな緑の山々、奇岩、たくさんの花や木々、静かに流れる清流。渓谷までは1時間弱のドライブなのですが、マウイは海と山の両方を手軽に楽しめるし、少し移動しただけで全く違った風景が広がり誰にでも楽しめるオールマイティーーな島だなぁとつくづく感じました。公園の名前にもなっている「イアオニードル」(針のように尖っている山)は圧巻です。谷に雲がかかりやすいそうですが、運よくハッキリとその姿を見ることができ、真っ青な空と目が痛いほどの鮮やかな緑のコントラストは自然が生み出した神秘です。木々が生い茂る中で野生のグァバをかじったり、マイナスイオンを体中にチャージしながら川沿いを歩いたりと、癒しのひとときを過ごしました。


生命力溢れる南国の植物に癒されるひととき

その後、近くにある「トロピカル・プランテーション」へ向かい、プルメリアやレッドジンジャーなどの花々が咲き乱れている中をしばし散策してマウイの自然を満喫しました。エントランスでパイナップルの試食があり、ジューシーで甘くてたくさんいただいちゃいました。ランチはカフルイに移動し、マウイモール内にある「ドラゴン・ドラゴン」という飲茶のお店で、シーフードのあんかけヤキソバと飲茶をいただきました。味もボリュームも◎で、すぐ側ではローカルの家族が誕生日パーティーをしており、地元の人にも人気があるお店のようです。


ショッピングもラストスパート

腹ごしらえも済み、買い残していたお土産やお目当ての物を買うべく、最後のショッピングへ向かいました。マウイ・マーケット・プレイスOLD NAVY とボーダーズを覗いたあと、すぐ近くのKマートへ。この辺りはモールが近隣に揃っているので移動も楽々です。生活用品・食べ物関係はここで買いだめ。安い上に種類も豊富で、ここに来ればなんでも揃ちゃいますね。一度は飲んでみたかったマウイ産パイナップルワインもかなりお安く購入する事ができました。結局2人して時間を忘れて、夕方まで袋いっぱいにお土産を買い込み、ものすごい荷物に…


ザ・ショップス・アット・ワイレアのルイ・ヴィトン前でちょっと休憩

最後の夕食は、「リッチに行こうではないか!」とキヘイにある「寿司パラダイス」に決定!! 寿司屋らしからぬネオンに少々ビビリながら入り口を入ると、ねじり鉢巻をした日本人の大将の元気な「いらっしゃいませ〜」で2人とも一安心。カウンターへ座り、板さんオススメのスシディナーと茶わん蒸しを注文しました。目の前で握ってくれるお寿司は、どれもこれもネタが大きくて新鮮! 隣に座っていた、地元に住んでらっしゃる日系のおばあさんが「ここのお寿司を食べたら日本でもう食べられないわよ〜」との言葉に2人で深く頷いたのでした。初体験だったカリフォルニアロールとホットロールは両方アボガドが使われていて、日米共演のマッチングに目からウロコが落ちる美味しさ。サービスも良くて、気さくな板さんとのお話でとっても楽しく美味しいひとときでした。今まで「海外に出かけてまで、日本食を食べようとは思わなかった」のですが、そんな事はありませんね。「マウイに来た際には絶対また来よう!」と、みかりんと誓いました。結局、お腹がはちきれんばかりになってしまい、全部は食べきれず、残りはお土産にしてもらいました。


収穫物を披露しあったあとはスーツケースに乗りあってパッキング

ホテルへ戻った!? はずなのです… ホテルのパーキングに車を止めて、みかりんと私はお互い何も言わずとも、自然とショップス・アット・ワイレアへ向かって歩いていました。「もう、ショッピングは済んでいるはずなのにぃ…」。ホテル内にあるかのように隣接しているので、つい寄り道感覚で行けてしまうんです。ここはブランド店も空いており、品数も豊富だから見やすく、ついつい真剣に物色してしまいます。前々から狙っていたバックとお土産の時計を購入し、今度こそホテル へ戻りました。一日でお土産が山となり、途方にくれながらトランクの上にお互い乗り合って、パッキングも無事終了… 「明日にはもう帰るんだな〜」と寂しい思いにかられました。最後の夜、明日のために早く休めばいいのに、私たちはマウイの思い出話に花が咲き、結局深夜まで話し込んでしまったのでした。「あ〜、帰りたくないよ〜」。

帰国日


名残惜しいホテルの風景。またきっと来るからね

今日も、朝日がまぶしいくらいに輝いています。前夜のお寿司の残りやマフィンなどの朝食をラナイで取り、みかりんと私はしばし静かに、ここから見える景色を目に焼き付けました。チェックアウトを済ませ、お世話になったホテルを後にしました。レンタカーを返却する前にやらなければならない、一番心配していたセルフでのガソリン入れも、意外と簡単に済ますことが出来、ホッと一安心。再び、来るときと同じくアロハ航空に乗り、マウイの美しい景色を見ながら、ドンドン離れてゆく島に別れを告げました。


初めての海外ドライブも何とか無事に

初めてのマウイ滞在で、すっかり島の魅力に取りつかれてしまいました。滞在中はお天気にも恵まれて、とても充実した時間が過ごせました。ゆったりと流れる空気や美しい自然はもちろん、道ゆくドライバーみんなが快く道を譲ってくれたり、「気候だけはなく、人々もとても温かいなぁ」と感じました。ここは海・山・アート・ショッピングと、何でもオールマイティーに楽しめる所です。ハワイといえばつい「ホノルル」と考えてしまいがちですが、マウイにはマウイならではの魅力がいっぱい詰まっていました。今回はラハイナへは行けなかったのですが、今度来るときは絶対に足を延ばしたいと思っています。次のハワイ旅行もマウイに決定です!!

最後に、ハワイの歩き方のスタッフのみなさま、車を提供してくださったダラー・レンタカー様、そして素晴らしい滞在時間を過ごさせてくださったアウトリガー・ワイレア・リゾート様、本当に素晴らしい旅をありがとうございました。

今永 美和

この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート
関連キーワード: OL2人, ハワイ旅行, プレゼント, マウイ島旅行, 埼玉県, 当選者, 懸賞,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*