ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
Eriko

イルカと会えるだけじゃない!シーライフ・パーク潜入取材(動画付き)

投稿者: Eriko 更新日:2018年06月23日

One Day Trip to Sealife Park Hawaii

ハワイ旅行中に家族全員で楽しめて思い出に残るアクティビティをお探しの方は必見です! ハワイの海洋生物と触れ合いながら学べ、可愛いイルカと遊べるなど日本ではなかなか出来ない体験を可能にしてくれるのが、オアフ南東部のマカプウ岬にある「シーライフ・パーク・ハワイ(以下シーライフ・パーク)」です。

そこで今回は、編集部員とその家族のシーライフ・パークでの1日体験レポートをもとに、園内で参加できるさまざまなプログラムをご紹介していきます。次回のハワイ旅行の参考になれば幸いです。

シーライフパーク

シーライフ・パークってどんなところ?

2,000以上の固有海洋生物を保有

オアフ島は南東部のマカプウ岬に位置している、ハワイ唯一のマリーンパークです。渋滞が無ければ、ワイキキから車で約30分で到着します。2,000以上のハワイの固有海洋生物が保有されており、園内ではこれらに実際に触れて学べる体験プログラムや、可愛い動物たちによるパフォーマンスをはじめとするさまざまなアクティビティが毎日開催されています。

園内マップ

写真提供:シーライフ・パーク・ハワイ

1.正面入口
2.シャークケーブ
3.ウミガメの餌付け
4.ロッキーショア
5.コロヘ・カイ・アシカ・ショー
6.ハワイアン・オーシャン・シアター
7.ハワイアザラシ生育区
8.海鳥保護区
9.ドルフィン・ラグーン・ショー
10.アシカの餌付けプール
11.アクティビティ・チェックインカウンター/ドルフィン・エトセトラ・ギフトショップ
12.ディスカバリー・リーフ・タッチ・プール
13.ペンギン生育区
14.ハワイアン・レイ(アカエイ)・ラグーン
15.アドベンチャー・センター
16.スナックバー
17.アドベンチャー・キッズプレイゾーン
18.ロッカー/シャワー
19.メイン・ギフトショップ
20.ビーチボーイ・ラナイ
21.マカプウ・メドウ
22.喫煙場所  
23.ハレ・マヌ・バードケージ

一般入場料で楽しめるプログラムは10種類以上!

一般入場料で参加できるプログラム

シーライフパークでは一般入場料だけで楽しめるアクティビティが毎日催されています。

例えば、「ドルフィン・ラグーン」では1日1回イルカのショー。「ハワイ・オーシャン・シアター」ではダイナミックなイルカのパフォーマンスが行われ、動物のトレーニング方法や海洋生物の保護が学べます。また、ユーモア溢れるアシカとトレーナーの息もぴったりの「コロヘ・カイ・アシカ・ショー」もあります。

プログラムは下記のリストをご覧下さい。ほとんどのプログラムは無料ですが料金がかかるものもあります。スケジュール等の詳細はこちらからご覧下さい。

●ハワイアン・オーシャン・シアター・ショー
●アシカの餌付け
●ペンギン生息区でのレクチャー
●ウミガメのレクチャー
●海鳥保護区でのレクチャー
●コロヘ・カイ・アシカショー
●ドルフィン・ラグーン・ショー
●イルカの餌付け
●サメの餌付け
●ハワイアン・モンクアザラシのレクチャー

※イルカの餌付け:ドルフィン・ラグーン・ショーの後、希望によりイルカに餌付けができます($15)。餌付け開始の15分前には販売が締め切られます。

展示施設 

●タッチプール・エクスプロレーション:絶滅危惧種の海洋生物に触れたり、魚に餌を与えることが出来ます。
●ハレ・マヌ・バードケージ(鳥の飼育エリア):インコが200羽集まったエリアで餌付けができ鳥について学べる。

オプショナルプログラム

オプショナルプログラムは6つあります。料金や詳細についてはこちらのページをご覧下さい。※表記している料金は一人分。大人も子どもも同じ価格です。
●ドルフィン・ロイヤル・スイム $259.99
●ドルフィン・スイム・アドベンチャー $199.99
●ドルフィン・エンカウンター $139.99
●ドルフィン・アロハ $84.99
●シーライオン(アシカ)・エンカウンター $74.99
●ハワイアン・リーフ(エイ)・エンカウンター  $79.00

編集部が体験! シーライフ・パークの超充実な1日

編集部のまる1日スケジュール

シーライフ・パークは一般入場料だけでも楽しめるプログラムがたくさんありますが、オプショナルを体験すると楽しみも倍増です。ただし、オプショナルを組み込む場合は一般のプログラムと重なって見られないものも出てきますので、最初にしっかりと計画を立てていくことをおすすめします。ということで、今回編集部もしっかりスケジュールを組んでいってきました(下記)。ぜひ参考にしてみてくださいね。

<編集部ファミリーのスケジュール>(目次)

09:00 – 09:15 シャークケーブ
09:30 – 10:00 ホヌ餌付け
10:00 – 10:15 ハワイアン・オーシャン・シアター
10:15 – 11:15 ドルフィン・エンカウンター(※オプショナルプログラム)
11:15 – 11:30 コロヘカイ・シーライオン・ショー
11:30 – 12:30 フードスタンド/ランチ
12:30 – 13:00 ドルフィン・ラグーン・ショー
13:00 – 13:30 ハレマヌ・バードケージ
13:30 – 14:15 タッチプール・エクスプロレーション
14:30 – 15:30 ギフトショップ&アドベンチャー・キッズプレイゾーン

それでは、ローカルのちびっ子2人が楽しいシーライフパークへご案内します。レッツゴー!

09:00 – 09:15 シャークケーブ

まずはシャークケーブから。涼しい館内の水深5.3メートル、106万リットルの大きな水槽で、ハワイ近海に棲息するメジロザメ、アカシュモクザメ、2系統のカマストガリザメの4種類が観察できますよ。

「早く行こうよ~!」

子どもたちはもう待てないという感じ。

シーライフパーク

間近でサメが泳ぐのを夢中でみている娘。

水槽のところどころにアイパッドが設置されており、気になる海洋生物の情報を確認することができます。子どもたちも興味津々でお勉強中。

09:30 – 10:00 ホヌ餌付け

ウミガメに餌付けができるエリアです。

10:00 – 10:15 ハワイアン・オーシャン・シアター

水深約2.5メートルのガラス張りのプール「ハワイアン・オーシャン・シアター」。オープンエアの円形シアターでは、中央の大きな水槽でイルカやアシカ、ペンギンたちが素晴らしいパフォーマンスをみせてくれます。ショーは1日3回開催されます。

シーライフパーク

水槽の側にいくとイルカが近くに泳いできます。超可愛いイルカに子どもも大人もメロメロ。

さて次は本日のハイライト! イルカちゃんと遊んできま~す。

10:15 – 11:15 ドルフィン・エンカウンター(※オプショナルプログラム)

編集部員がオプショナルで選んだのは、イルカと一緒のプールに入って観察ができるプログラム「ドルフィン・エンカウンター」。フレンドリーなイルカとキスをしたり握手をしたり出来るそうで、大人も子ども同様ワクワして挑みます!

子どもも参加できることから(8才以上)人気のプログラムでもあり特に午前中は込み合うそうなので、午前を希望の場合は早めの予約をおすすめします。プログラムについての詳細はこちらを確認してみてくさださいね。

シーライフパーク

「十分に訓練を受けたイルカでも子どもが急に触れると神経質になるので、保護者が先にお手本をみせてあげるとスムーズにいきますよ」と係員からのアドバイス。

イルカと一緒の特別な瞬間をプロのカメラマンが撮影してくれるので、希望により後で購入することも可能です。編集部家族にとっても良い記念になりました! 子ども連れの家族にはぜひおすすめのプログラムです。

シーライフパーク

さてそれでは、更衣室で着替えて次のプログラムに向かいます。シーライフ・パークにはシャワーと更衣室がついているのでアクティビティの後、またさっぱりして楽しむことが出来るのが良いですね。

更衣室は混雑することもあるので、アクティビティ参加の方、特に初回のプログラム参加予定の場合は事前に水着着用をおすすめします。

1:15 – 11:30 コロヘカイ・シーライオン・ショー

よく訓練されたアシカたちによるショー。アクション映画「ミッションインポッシブル」のテーマソングに合わせて、トム・クルーズ(スパイ)に扮したアシカが愛くるしいパフォーマンスを披露。会場は笑いの渦に包まれます。

個人的には、編集部がこの日一番笑えて面白かったプログラムでした(笑)。またごく近くでパフォーマンスを鑑賞出来るのでおすすめです。

11:30 – 12:30 フードスタンド/ランチ

たくさん遊んでお腹が空いたらランチタイム。広々としたフードコート「ビーチボーイ・ラナイ」には座席もたくさんあり、ホットドック「ピンクス・ホットドック」、「カウカウ・キッチン」「スナックショップ」「ティキ・トリート」で、プレートランチからコールドスイーツまで購入できます。

営業時間:毎日10:00~16:00

シーライフパーク

広々としたフードコート「ビーチボーイ・ラナイ」

ピンクス・ホットドッグ
1939年、ロザンゼルス、ハリウッド発祥の有名なホットドッグ店。

カウカウ・キッチン
ロコモコや各種ローカルスタイルのプレートランチ、カルビ、照り焼きチキン、フィッシュソテーが人気。

スナックショップ
ドールホイップやホットドッグ、ポップコーンチキン、ポテトフライのスナックショップ。

ティキ・トリート
アイスクリームやディッピン・ダッツなどのデザート。

 

さっぱりして腹ごしらえした後はまたパワー全開で、次のアクティビティへ! 

12:30 – 13:00 ドルフィン・ラグーン・ショー

12:30に始まるドルフィン・ラグーン・ショーの会場です。開始時刻ちょっと前に到着すると、会場の前にはすでに長蛇の列が(汗)。人気があるショーのようなので良い席を確保するには早めの到着をおすすめします。

シーライフパーク

目の前にはラビットアイランド(下写真左手のほうに見えているウサギの形をした島)と東海岸が広がる最高のロケーションで、ショーが始まるのを待ちます。余談ですがこのラグーン、ラブコメ映画の傑作「50回目の初キッス」のロケ地にもなった有名な場所だということ、ご存知でしたか?

◇関連記事/訪れてみたい! ハワイの映画ロケ地12選(前編)!

約30分間、プールの中で訓練されたイルカたちがダイナミックなショーを繰り広げます。イルカが大きなジャンプを見せるたびに客席から拍手喝采!

オアフ島東海岸の壮大なパノラマビューを望みながら、エキサイティングで最高に癒しの時間を過ごせます。シーライフ・パークにはさまざな無料プログラムがありますが、これは絶対見逃せません!

シーライフパーク

シーライフパーク

シーライフパーク

3:00 – 13:30 ハレマヌ・バードケージ

マリーンパークとはいえども、保有されているのは海洋生物だけではありません。こちらは、美しい鳥たちが200羽集まった大きなバードケージ。カラフルなインコたちに無料で餌付けすることができます。1日に2回入場が可能ですが人数制限あり。

シーライフパーク

人懐っこいインコたちが肩や頭にとまりにくるので、子どもたちも大喜び。写真撮影をしたり素敵な思い出になること間違いなしですね。鳥の餌は無料で配布されています。

13:30 – 14:15 タッチプール・エクスプロレーション

タッチプールでは、調教師の指示に従い、絶滅危惧種のアオウミガメの子ガメやシラヒゲウニ、アカシマシラヒゲエビ、ナガウニなどの海洋生物などに触れたり、魚に餌を与えることが出来ます。

係員がウミガメの赤ちゃんを連れてきてくれました。

イルカとキス

ペンギンの赤ちゃんも。可愛くて癒されます。子どもたちも実際に触れてみて嬉しそうでした。

イルカと一緒に泳げる、シーライフパーク

ペンギンが泳いでいる様子がこんな近くで見ることが出来ます。

14:30 – 15:30 ギフトショップ&アドベンチャー・キッズプレイゾーン

シーライフ・パーク限定のロゴグッズをはじめ、イルカのぬいぐるみなど可愛いお土産がたくさん揃います。カメに餌付けをするときに使用できる餌券も販売されています。園内でグッズを販売しているお店等の詳細はこちらを確認ください。

営業時間:9:30-16:00

アドベンチャー・キッズプレイゾーン

大人たちは大満足なんですが、これだけ遊んでもまだまだ元気な子どもたち(汗)。〆はやっぱりプレイゾーン(パーク)でしょうか!? 

広々としたエリアに置かれた遊具で子どもたちは遊び、大人は涼しい木陰に設置されているテーブルとチェアで休憩。地面にはカーペットが敷いてあるのも安全に遊べて良いですね。

シーライフパーク

さて今日行ったところをおさらい。「ここも行ったね?」「僕はここが良かった!」

「楽しかったね~。また来ようね」と母。

朝10時から午後4時までまる1日よく遊びました。

シーライフパーク

シーライフ・パークのレポート、いかがでしたか? 編集部ファミリーは大満喫でした。次回の家族でのハワイ旅行のプランにぜひ組んでみてはいかがでしょうか? ALOHA!

シーライフ・パークについての情報

営業時間:9:30-16:00(年中無休)
一般入場料:大人(13才以上)$42.00、子ども(3-12才)$26.00、 幼児(1-2才)無料
※入場料にはショーや展示会へのアクセスが含まれています。料金の詳細はこちらのページをご覧下さい。プログラムによっては料金がかかるものもあります。
ロッカー使用&レンタル(1日あたり料金):ロッカーレンタル $3、車椅子 $5、ベビーカー $5
お助かり情報:更衣室、シャワーあり(無料)。クレジットカードを園内で利用の場合には必ず身分証明書(顔写真つき、英文)の提示が必要。パスポートのコピー持参をおすすめ。

交通手段

シーライフ・パークからは便利なホテル送迎のシャトルサービスも行われています。ホテル送迎シャトルのスケジュールはこちらのウェブサイトを参考にどうぞ。シャトルバス以外の交通手段は下記を参考にしてください。

<車で行く場合>
ワイキキからフリーウェイ東方面、H1E(イースト)に乗り終点まで走り、国道72号線へ。そのまま走行し、ハナウマ湾や潮吹き岩(ブローホール)を過ぎ、右のほうにマカプウ岬が見えてきたら、「シーライフ・パーク」の看板のところを右折。
駐車料金:1台につき$5

<ザ・バスの場合>
ワイキキからは22番と23番が利用可能です。ワイキキから乗り換えなしでいける22番を利用する場合はこちらの記事の「ハナウマ湾からワイキキへ」を参考にどうぞ。

【最新版】ザ・バス その2 人気スポットへのルート徹底研究 

シーライフ・パーク・ハワイの近くでこんなアクティビティも人気です!
◇人気の水中スクーターで海の別世界へ!(動画あり)
◇【アクティビティ】全米で一番に輝いたハナウマ湾の魅力、トップ5

シーライフ・パーク・ハワイ
所在地:41-202 Kalanianaole Hwy., Waimanalo, HI 96795
予約&問い合わせ:0120-966123(パシフィックリゾート)まで。
ウェブサイト(日本語):https://www.hawaiisealifepark.jp/

 

この記事が属するカテゴリー: オプショナルツアー


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ