ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー

ハワイで朝活! マノアの滝で森林浴ハイキング

投稿者: Yoshiko 更新日:2018年08月30日

Easy and Fun! Hiking at Manoa Falls Trail

真夏が過ぎて日が短くなり、かすかに秋の気配を感じるハワイ。この季節に楽しみたいものといえば…そう、山や森でのハイキングです! Myハワイ編集部ではワイキキやアラモアナから近く、森林浴がたっぷり楽しめる初心者にも人気のトレイル「マノアの滝(Manoa Falls Trail)」に行って来ました!

マノア・フォールズ・トレイルで注意すべき点

1.雨具を持参する

マノア・フォールズ・トレイルは、ハワイ大学がある地点からさらに奥へと進んだ、コオラウ山脈の麓に位置。太陽が燦々と輝くワイキキとは違い、熱帯雨林気候に属するまさに「ジャングル」。少し手前までは晴れていても、この一帯だけ灰色の雲が覆い、小雨の白い霞がかかっていることも珍しくありません。

このように、草木は雨に恵まれイキイキしています。それはジャングルにもなるはずですね…。マノア・フォールズ・トレイル一帯に青空が広がる、という方が珍しいので、気になる方は雨具を持参することをおすすめします。

2. 虫除けスプレーを忘れずに!

木々や川、水溜りが多いため、マノア・フォールズ・トレイルには蚊が多くいます。虫除けスプレーを持参することをおすすめしますが、忘れた場合は現地の売店「レインボーズ・エンド(Rainbow’s End)」でも購入出来ます。

3. トレイルはぬかるみが多い

サンダル履きなどカジュアルな格好で来る方も多いトレイルですが、トレイルはぬかるんで歩きにくい場所が多くあるので、底のしっかりしたスニーカーを履くことをおすすめします。また転びやすい場所もあるため、必要があれば岩や木につかまれるよう、両手が空くバックパックやウエストポーチなどを利用すると良いでしょう。

4. 駐車場は私有地

マノア・フォールズ・トレイル手前にある駐車場は私有地で、駐車には1台$5かかります。駐車場にいる係員、または売店の中で支払い、レシートをダッシュボードに外から見えるように置いてください。お金を払わないとレッカーされることもあるので、ご注意くださいね!

アクセスの仕方

ザ・バスの場合

ワイキキからバスでマノア・フォールズまで「ザ・バス(TheBus)」を利用して行く場合、まずは8番バスなどでアラモアナセンターに行く必要があります。

アラモアナセンターでは「マノア・バレー(Manoa Valley)」行きの5番バス(コナ・ストリート側乗り場)で乗車して終点で下車します。5番バスの時刻表はこちらからどうぞ。終点の停留所から山側へ真っ直ぐ5分程度歩くと入り口が見えてきます。乗車時間は約30分ですが、交通状況や乗降者人数によりさらに時間がかかる場合もあります。

車で行く場合

ワイキキから車で行く場合、カラカウア・アベニュー(Kalakaua Ave.)を山側に進み、サウス・キング・ストリート(South King St.)で右折、すぐプナホウ・ストリート(Punahou St.)で左折します。

プナホウ・ストリートをそのまま山側に真っ直ぐ行くと、道の名前がマノア・ロード(Manoa Rd.)に変わります。マノア・フォールズ・トレイルは、マノア・ロードをそのまま終わりまで行ったところにあります。

車は入り口より手前にある住宅地に停めて(駐車禁止の場所に停めないようご注意!)歩けば駐車代がかかりませんが、トレイル前の駐車場に停めた場合は1台$5かかります。この日は朝8時15分に着いたのでまだ駐車場に空きが多くありましたが、その1時間後、9時15分頃に帰ってきたらすでに満杯でした。週末は特に混むので、車で来る場合はなるべく8時30分ごろまでに着くのがおすすめです。

駐車場にアテンダントがいない場合もあるので、その場合は横の建物内にある売店「レインボーズ・エンド」で支払いを済ませてください。ここではボトルウォーターも購入できて、売店横にトイレもあるので便利です。

駐車券は車のダッシュボードに置き、車内には念のため貴重品を残さないようにしましょう。

それでは、いよいよトレイルへLET’S GO!

片道約30分!初心者でも楽しめるトレイル

駐車場の左側に伸びる道を上ってしばらくすると、マノア・フォールズ・トレイルへの入り口門が見えてきます。道は1本しかなく他のハイカーも多いので迷うことはありません。

門を抜けると鬱蒼と茂る林を抜け、狭い道に続いていきます。このトレイルでは小川(マノア・ストリーム)に沿い上流に向かって歩きます。

小川をわたるためのこの原始的な橋が、熱帯雨林らしい風情を醸し出していますよね。この辺りはトレイルに小石が敷き詰められて歩きやすいように整備されており、まるで庭園の中を歩いているようです。

この日は可愛いコーギー2匹を連れたハイカーもいましたよ。ワンちゃんは編集部員のカメラも飼い主もお構いなく、ズンズン進んで行きます(笑)。

そばを流れる小川を見ると、そこにはミニサイズの滝が。もちろんこれはマノア・フォールズ(マノアの滝)ではありません(笑)。風光明媚で、ハワイの緑と小川の風景を存分に楽しめるトレイルです。

トレイル自体は全体が割と緩やかな坂で、高低差はあまり感じません。ジャングルのような森の中をひたすら進んで行くと、「青い空と海」というハワイの印象とはまったく違う風景に圧倒されます。ここにいると湿気で肌がしっとりしてくるうえ、爽やかな空気とマイナスイオンをたっぷり補給することができて心も体も癒されそう。

トレイル上に覆いかぶさるように伸びるユニークな形の枝が所々に見られるのもこのトレイルの特徴。自然が作り出す造形の不思議さに見とれてしまいますが、枝に頭をぶつけないよう注意してください!

ここまででトレイルのほぼ半分を制覇。この辺りからはぬかるみも多く、道も階段が増えるなど多少険しくなりますので、足元に注意してくださいね。

道の所々にトレイルの上の植物等を説明する看板があります。ハワイの自然についてもっとよく知りたい、という方、ぜひ立ち止まって読んでみてください。ハワイの環境保全に関する事実を学ぶことができますよ。

ゴールに近づくにつれ、トレイルはだんだんとぬかるみが多くなってきます。手に携帯電話を持っていたりすると足が滑った際などに危ないので、両手が空くようにしておきましょう。

幹が丸くつながり、門のように見える木がドラマチックな景観を作り出しています。ここで記念写真を撮る人も多いようですよ。

この周辺一帯には竹が多く生えていて、まるで日本の竹林に迷い込んだような不思議な光景が見られます。足元が険しくなりぬかるんできました。

ここまで来れば、ゴールのマノアの滝まであとひと息! ゴール付近は滑りやすいので特に気をつけてくださいね。必要ならトレイルの傍にある木や岩につかまって上ってください。

階段を上がっていくと徐々に視界が開け、大きな滝が目に入ってきます。短いトレイルですが、ゴールにたどり着いた瞬間の気分は格別!

マノアの滝は150フィート(約46メートル)の高度を誇る壮大な滝。他島にはもっと大きな滝もありますが、この滝はアクセスがしやすく、ドラマチックな風景が間近で見られるため、ローカルにも観光客にも人気です。

目的地にたどり着いたら、もちろん記念写真を撮りたいですよね。友達や家族と撮りたい場合は近くにいる人に頼めば快くOKしてくれるはずですよ。Myハワイ編集部員もこの日2組の写真撮影を担当(笑)。

以前はこの滝つぼで泳ぐ人も多かったものですが、過去に土砂崩れが発生したことがあるため、今はこのように閉鎖されています。安全のため、ここから先へは入らないでくださいね。

しばらく休んだら帰途に就きます。帰りはもっと滑りやすいので、足元に十分注意して、ゆっくり下りて行ってくださいね。

話題のお店「ザ・ヌック」でブランチ!

朝9時過ぎにハイキングを終えて、マノアの一番奥からサウス・ベレタニア・ストリート(South Beretania St.)とサウス・キング・ストリート(South King St.)、そしてユニバーシティ・アベニュー(University Ave.)が交わる、モイリイリ(Moiliili)と呼ばれる地区へ移動。

この日は朝ごはんを食べる前、朝8時前に家を出てハイキングに行ったので、終わった頃にはお腹がグーグー(笑)。そこで、付近でブランチ(ブレックファスト兼ランチ)を食べていくことに決定しました。そこでユニバーシティー・アベニューにある人気店「ザ・ヌック・ネイバーフッド・ビストロ(以下ザ・ヌック)」に行ってきました!

「ザ・ヌック」はユニバーシティー・アベニューとサウス・キング・ストリート角にある建物「パックス・アレー(Puck’s Alley)」の中、1階にある小さくて可愛いお店です。

まずはラテ($5.50)を注文。ラナイ席もあるこじんまりとしたビストロは、木の温かみとノスタルジックな雰囲気が素敵。温かい飲み物を飲んでホッとひと息つくと、ハイキングの疲れも吹き飛びます。

そして次はこの店の人気メニュー「リリコイ・チーズケーキ・パンケーキ」($13)を試してみることにしました。ふわふわのパンケーキにホイップド・リリコイ・クリームチーズ、トーストしたマカダミアナッツ、そしてフルーツがのった豪華版。

4人くらいでシェアしてもOKそうなボリューム。リリコイのフレーバーが効いた濃厚なクリームチーズがパンケーキと絶妙にマッチしていて美味! グループで来て何品がオーダーし、分けて食べるとより楽しめそう。

朝早く出たので、ハイキングとブランチを終えてもまだ午前11時ごろ。午後が丸々残っているので何だか得した気分です。早起きして朝活すると1日が有効に過ごせますね。

マノアの滝でのハイキングと美味しいブランチについてご紹介しましたが、いかがでしたか? 次回のハワイでは、朝早く起きてぜひ挑戦してくださいね!

(※文中の価格は2018年8月現在、税抜き表示)

◎マノア・フォールズ・トレイル
Manoa Falls Trail
場所:3860 Manoa Road, Honolulu, HI
往復距離:約1.3km
往復所要時間:約50分~1時間
入場料:無料(駐車料金$5)

◎ザ・ヌック・ネイバーフッド・ビストロ
The Nook Neighborhood Bistro
場所:1035 University Ave., #105 , Honolulu, HI 96822
電話番号:(808)942-2222
ウェブサイト:http://www.thenookhonolulu.com

この記事が属するカテゴリー: オプショナルツアー


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ