ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

ファミリーで楽しむ夏の野外コンサート

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2005年05月06日

日本でも大人気のハワイアン・ミュージックやフラ。6月〜8月のハワイでは、あちこちで夜の野外コンサートが開かれ、カジュアルな雰囲気の中、第1級のパフォーマンスが楽しめます。芝生に寝転び、星を眺めながら楽しめる野外でのコンサートは、小さな子供のいるファミリーにも最適 入場料がリーズナブルなのも、ファミリー連れには嬉しいですね。今回は、ワイキキ周辺の「夏の野外コンサート情報」を、まとめてお届けしましょう。

ファミリーで楽しむ夏の野外コンサート


早めに入場して、食事したり昼寝したり。自由に過ごしましょう

お弁当を食べつつ、寝転んで楽しんでもOK
常夏のハワイといえども乾季、雨季はあり、ご存知のように5月から10月までは乾季にあたります。雨が少なく爽やかな気候が続くこの時期、ファミリーでのお楽しみの定番はビーチや公園でのピクニック。さらにもう一つ、ロコが心待ちにしているのが、ピクニックしながら楽しめる野外コンサートなんです。サマーシーズンには夕暮れ時から日暮れ後にかけ、ワイキキ水族館やホノルル動物園など、あちこちの施設がコンサートを開催。しかも出演者はハワイアン・ミュージックの大御所や今注目の若手グループ、著名フラ・ハラウ(フラ・グループ)など、驚くほどの豪華メンバー。それでいて入場料は通常$20以下、ホノルル動物園では無料など、屋内コンサートに比べ、格安なのが魅力です。


人気の野外コンサート会場、ワイキキ・シェルは前方が椅子席、後方が芝生席

基本的に芝生の広場が会場として使われるので、椅子席ではなく、みんなビーチマットやブランケット、シーツなどを持ち込み、まさに「ピクニック」しながら満喫できるのが、野外コンサートの醍醐味。そして、開演まで飲んだり食べたり、昼寝したり。思い思いに自由に過ごすのがハワイ流なのです。夏の特別コンサートだけでなく、常設のワイキキ・シェル(カピオラニ・パーク端にある野外コンサート会場)にも椅子席のほか、芝生席がありますが、どちらかと言うと、芝生席の方が人気のようです。


素晴らしい音楽を聞きながら、ハワイの星空を眺めるロマンチックな夜

枕や寝袋持参のロコも多数
こんなカジュアルな野外コンサートは、ファミリーにも強力推薦したいエンターテイメント。ベビーや幼児を連れて屋内でのコンサートに出かけるのは、気が引けるものですが、野外ならグッと気楽。子供達は開演まで、芝生エリアで自由に遊べる上、上演中は、眠くなったら横になって眠りこんでもOK。実際、どの会場もスペースがゆったりしているので、隣のグループと膝を突きあわせて座る必要もなく、中にはコンサート開始後も、寝転がったまま(眠ったまま?)の人もチラホラ。敷き物だけではなく枕やクッション、寝袋まで持ち込む人も実にたくさんいます。素晴らしい音楽を聞きながら、ハワイの星空を眺める…というのも、大変ロマンチックな経験と言えるのでは? 日本でいうと、ちょうど花火やお花見の雰囲気と言えば、イメージが沸きやすいでしょうか?

以下、野外コンサートの注意点や、代表的なコンサートのスケジュールを記しておきますので、うまく都合が合えば、ぜひ出かけてみてください。子供たちもパパ&ママも、心から楽しめること受け合いですね。


小さめのクーラーがあると野外コンサートで大活躍

野外コンサートの注意点◎
1. 夏といっても、夕暮れ後は気温が下がります。ジャケットなど長袖の衣類を必ず持参しましょう。乳児、幼児連れなら、寝込んでしまった時のためにバスタオルや小さなブランケットがあると万全。念のため、雨具の用意も。

2. 虫対策のために、長ズボンで出かけた方が無難でしょう。

3. カジュアルな野外コンサートとは言っても、子供が泣き叫ぶようなら、観覧エリアを出てあやすなどの気配りを忘れずに。また、大人の座高より背の高い幼児は、芝生席であっても上演中、立ち上がる、歩き回るのはタブー。

4. 日暮れ後は特に、観覧エリア外で子供だけで遊ばせないようにしましょう。暗闇、群集の中、迷子になる子供がいます。

◎主な野外コンサート◎

ビショップ・ミュージアム
ポリネシア文化の殿堂、ビショップ・ミュージアム。6月〜8月、毎月1回の木曜夕方、中庭でハワイ銀行後援の「ムーンライト・メレ・コンサート」を開催。開場の18時から開演までは、ハワイアンホールなど各展示ギャラリーも自由に楽しめます。小さなクーラー、食べ物、飲み物も持ち込みOK。プレートランチのフードブース、ゴーデン・ビアーシュのビール・スタンドも出店。ビーチチェアは、高さ30cmのものまで使用可。なお、主催者から「虫除けスプレーと長ズボン着用がオススメ」とのこと。
日程&出演者 6月16日=マウナルア
7月21日=ホオケナ、ダ・ブラダス
8月11日=マカハ・サンズ
スケジュール 18時開場、19時開演
料金 大人$15、5歳〜12歳$10、4歳以下は無料
チケット販売 5月中旬から電話847-3511で予約受付け。当日券もあり(過去、当日券が不足したことはないとのこと)
データ&アクセス アクティビティ情報「ビショップ・ミュージアム」を参照

ワイキキ水族館
6月〜8月の隔週火曜の夕方、中庭で計5回、水族館の資金集めを目的としたコンサート「ケ・カニ・オ・ケ・カイ」(海の響き)を開催。水族館の各展示ギャラリーも開放します。毎回、サムチョイズティキズ・グリル&バーなど人気レストラン1軒が交代でフードブースを出し、$7前後のプレートランチ、弁当などを販売します。外部の食べ物、飲み物の持ち込みは不可。アルコールも禁止。
日程&出演者 6月28日=ナ・パラパライ&サニー・チンズ・フラ・ハラウ
7月12日=ハパ
7月26日=ナ・レオ・ピリメハナ
8月9日=ザ・ビーマース
8月23日=イオナ・ダンス・シアター
スケジュール 17:30開場、19:00開演
料金 大人$18、7歳〜12歳$10、6歳以下は無料
チケット販売 電話923-9741、またはtammyc@waquarium.org(英語のみ)で予約受付け。当日券もあり(過去、当日券が不足したことはないとのこと)
データ&アクセス ファミリー情報「ワイキキ水族館」を参照


ホノルル動物園
6月〜8月の毎週水曜日夕方、象舎前の広場で、AT&Tワイヤレス後援のコンサート「AT&Tワイルデスト・コンサート・イン・タウン」を開催します。開場の16:30から開演の17:30(18:00開演の場合も。出演者によります)までは、園内の見学も自由。フードブースはないので、食べ物、飲み物の持ち込みは自由。ただしアルコールは禁止されています。
日程&出演者 6月1日から8月31日までの毎週水曜日。出演者は未定。5月中旬以降に動物園に問い合わせを。過去にはハワイの歌姫ライアテア・ヘルム、カアアウ・クレーター・ボーイズなどハワイアン、ラテン、コンテンポラリー・ミュージックの著名バンドが出演しています。
スケジュール 16:30開場、17:30開演(18:00開演の場合もあり)
料金 入場料は無料ですが、1人当たり$1の寄付を。
チケット販売 なし
データ&アクセス ファミリー情報「ホノルル動物園」を参照


ワイキキ・シェル
ロックやジャズ、ハワイアン・ミュージックのコンサートはもちろん、フラの競技会など多彩な催しが通年開かれる野外コンサート会場。前方が椅子席、後方が芝生席になっており、芝生席のチケットはかなり割安。入場料はイベントにより差がありますが、たとえば5月1日に行われたブラザーズ・カジメロのコンサートでは椅子席$25、芝生席が$15でした。食べ物や、幅45cm以下のクーラーの持ち込みは通常OKですが、イベントにもよるので確認を。アルコールの持ち込みは禁止。常設のフードブースではプレートランチや弁当、スパムむすび、ビールなどを販売。
日程&出演者 6月11日=マカハ・サンズ
その他のイベントは、その月の初めに「データ」に掲載しているウェブサイトで確認を。
スケジュール、入場料 イベントにより異なります。マカハ・サンズの入場料は$10〜$30。
チケット販売 NBCホールのチケット売り場(777 Ward Ave.)を利用するか、ホームページから購入。当日券もあり。
データ 住所:2805 Monsarrat Ave.
Tel:527-5400(管理事務所)、924-3384(チケット売り場。ただしイベント当日の夕方のみオープン)
ウェブサイト:イベント情報&アクセス方法はこちら(www.ticketmaster.com/venue/82462)から、イベントカレンダーはこちら(www.blaisdellcenter.com/calendar/index.cfm)から。
アクセス カラカウア通りをダイヤモンドヘッド方面に歩く。カパフル・アベニューを過ぎてカピオラニ・パークに入り、モンサラット・アベニューとの交差点を左へ。モンサラット・アベニュー沿いを5分ほど歩くと、右側に入り口があります。


(2005年5月取材)

子連れ旅行のアドバ椅子とおすすめグッズ

日焼け止め効果入りの虫よけクリーム
日中のハワイでは、子供に限らず大人も紫外線対策は大切。ビーチやプールはもちろん、ちょっと公園で遊ぶ、などという時にも、日焼け止めクリームや帽子は欠かせません。しかも、それが虫よけ効果のある日焼け止めクリームなら、さらに一石二鳥 今回ご紹介するジョンソン・ワックス社のクリーム「OFF! Skintastic」は、薬品臭さ皆無、爽やかな香りの虫除けクリーム。しかも、SPF30の日焼け効果があり、水を弾くので、水陸両用? 夢の虫よけ&日焼け止めクリームと言ってもよさそうです。野外コンサートや、緑深い山の中のハイキングにも最適なこのクリーム、ぜひお試しください。ロングス、その他で$7.80前後。

この記事が属するカテゴリー: オプショナルツアー, ファミリー, 子ども向けアクティビティ
関連キーワード: コンサート, ファミリー,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ