ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

ワイキキビーチでハワイアンモンクアザラシの赤ちゃん誕生

投稿者: Eriko 更新日:2021年04月29日

Beachgoers urged to keep distance from monk seal and her pup in Waikiki

スポンサーリンク

ワイキキのカイマナビーチで誕生

4月26日(月)、ワイキキのカイマナビーチでハワイアンモンクシール(アザラシ)の赤ちゃんが誕生して話題になっています。

アメリカ海洋大気庁(NOAA)当局は、出産直後のアザラシは非常に保護的になっているとし、見物の際は親子の妨害とならないよう、遠くから見守るよう協力を求めています。現在、このエリアにはロープが張られ、立ち入り禁止となっています。

お母さんアザラシはRK96、またはKaiwi(カイヴィ)と呼ばれています。4月26日の午後3時30分ごろワイキキの東端、ダイヤモンドヘッド寄りのカイマナビーチで出産しました。

アザラシは通常約一ヵ月が育児期間と言われています。赤ちゃんの性別はまだわかっていません。

カイマナビーチでは2017年にもロッキーというモンクアザラシが出産し、子どもはカイマナと名付けられました。

 

◇関連記事/モンクアザラシの赤ちゃんの里親募集中
◇関連記事/ハワイアンモンクアザラシ、ワイキキビーチで出産
◇関連記事/ モンクアザラシの赤ちゃん、2度目の脱走
◇関連記事/ハワイアンモンクアザラシのカイマナちゃん、あわや大怪我!

(Hawaii News Now、Khon2 より)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ