ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「パパママの日記」

08th American baby food

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2007年02月14日

8th American baby food

●Suzanne’s take on rice cereal, jar food, snacks, and more
When I opened a package from my mother-in-law the other day, I found half of the contents MISSING! In their place was a letter from the port authority in Hawaii, letting me know that a bunch of stuff had been confiscated because they contained, in some shape or form, poultry products. The items in question were ? get this ? baby food. Yep, my mother-in-law sent a box full of gourmet Japanese baby food, most of them containing chicken pieces or broth. My heart sank thinking she spent $50 to send a half-empty box over the Pacific Ocean, but moreover, what was I supposed to feed Marsden for dinner!?


アメリカの離乳食デビューは「ライス・シリアル」で始まる

This brings us to our topic for this month: baby food in the U.S.A. To those of you with babies, I know I’m not the only one perplexed by the lack of choices in baby food over here. In my opinion, American babies must be fed the blandest, most mysteriously prepared food on the planet. First of all there’s “rice cereal,” considered Baby’s “first solid food” which, if you ask me, is neither rice, nor cereal. Essentially dehydrated starch, rice cereal is prepared with water or breast milk (or formula) into a goopy consistency, and tastes like… well, wet tissue paper. Pediatricians and baby bibles swear by this stuff, at least for the first few weeks. After feeding rice cereal to Marsden (as the doctor ordered) for two days, I tossed the whole box and resorted to the Japanese way of doing things. I cooked “real rice” into a soft porridge, which he seemed to enjoy more anyway.

But life gets a little complicated once baby’s ready to move on to other foods. The ten minutes it takes to strain a half-cup of boiled vegetables is an eternity when Baby is throwing a hungry fit and banging his head against the back of the high chair. If you’re a mom, I shouldn’t have to tell you how absolutely necessary it is to be able to whip out a jar of baby food at a moment’s notice.


バラエティーに欠けるが安心できて味も良いオーガニック

So, say you’re at the store. What do you buy? Most grocery stores carry Gerber (America’s classic baby food brand), and its organic cousin, Tender Harvest. Luckily these days, other organic choices like Earth’s Best are becoming more mainstream, and are priced pretty competitively with conventional baby food. Not only are the ingredients more trustworthy (no by-products or preservatives used), but Marsden and I agree they taste better, too. The downside to the organic stuff is that the choices are limited compared to Gerber’s expanded selection, and to my knowledge, none of the organic brands have microwaveable meals. But it helps to keep a few of the jar kinds handy anyway.


日本製はやっぱりおいしい!

Most jar foods are pretty simple fare: a single-ingredient fruit, vegetable, or meat. The fruits and vegetables are decent, and definitely useful when you’re out with your tot, or even when you’re at home and need an extra side dish. When I was really in a bind, Marsden’s meals came straight out of the jar… not that he seemed to mind single servings of room-temperature apple sauce or butternut squash. While I felt guilty for taking the easy way out with his meals, I also convinced myself he shouldn’t develop an overly sophisticated palate too early. But boy, did he smack his lips when I served up the occasional Japanese baby food!

Getting back to the bottled stuff, if you should avoid anything, it’s the Gerber meats. They’re edible but gross, with a taste and consistency closer to unseasoned gravy than actual meat. In the last couple of years, though, Gerber introduced “2nd Foods” and “3rd Foods,” with slightly larger portions, slightly better texture, and slightly more variety. Even so, they pale in comparison to Japanese brands that package meals by Baby’s age, delicately but deliciously seasoned to satisfy even an adult’s palate. Gerber also has a line of microwaveable meals, as well as a few selections of Latin flavors. But as far as we’ve taste-tested them, it seems Gerber still doesn’t know that babies have taste buds, too.


小さなおててにピッタリサイズのパフスナック

Now that Marden’s ten months old, eating-on-the-go has become easier, as long as I order food that can be adjusted to his taste. The hardest thing right now is keeping up with his voracious appetite, and remembering to keep a snack ready to shove in his mouth. Gerber did do one thing right, as I learned while grocery shopping with both kids the other afternoon. Marsden started throwing an all-out tantrum while sitting in the shopping cart, so I detoured down the baby aisle, grabbed a tube of Gerber’s new Fruit Puffs, and had Kyrie pop them in his mouth (“I’m a mommy bird!” she exclaimed) as I continued shopping. The airy, bite-sized snacks were tasty, healthy, and fun. And best of all, they allowed me an extra 15 minutes of shopping. The Puffs, in my opinion, are a far better alternative to the American snack staple, Cheerios, which are quite bland and tough to swallow. Japanese snacks like baby sembei and wafers (available at Marukai and Shiorikiya) are also pretty good, but they do get pretty messy. And as for that “tamago boro” stuff ? apart from tasting nostalgic, there’s nothing to it than egg, starch, and lots of sugar. I say, just skip it.

日本語要約
先日、姑が日本から送ってくれたゆうパックを開けると、なんと中身は半分空っぽ。代わりに入ってたのはハワイ港湾局からの手紙で、その内容によると鶏肉の成分を含んだ品物が発見されたとのこと。その品物とは? 貴重な日本産のベビー・フードなのでした! 鶏肉やチキン・エキスが材料として表示されていた物は全部没収されてました。せっかく5000円も送料かけてるのに、太平洋を遥々渡ってきて没収!? トホホ。それよりも、今晩のご飯にしようと期待していた我が子のベビー・フード〜! じゃあ何を食べさせればいいの?

ここでアメリカのベビー・フード事情を軽くご紹介しましょう。アメリカで育児中の皆さん、ベビーフード選びに戸惑った経験ありませんか? こっちほど味気がなくて、見た目も怪しい出来合いのベビー・フードを赤ちゃんに食べさせている国はないのでは、と私は思います。例えば赤ちゃんの初めての離乳食として最も一般的な「ライス・シリアル」。実はライスでもシリアルでもなくフレーク状のでんぷんで、お水か母乳(又は粉ミルク)でドロドロに溶いて食べさせます。味も感触も塗れたティッシュに近いのに、アメリカの小児科の先生や育児本はどうしてもこれにこだわるんです。我が家では二日しか続かず、「こんなまずいもん食べさせまい!」と思って日本流にお粥を炊いて与えました。

しかし、離乳食が進むにつれ、毎回の食事の準備は難しくなってきますよね。赤ん坊がお腹を空かせて泣いている時に、野菜を茹でてこすほんのわずかな時間でさえ永遠に感じたり、「作りおきしておけばいいのに」と思ってもなかなかできない場合だってあります。そんな時、すぐに出してあげられるベビーフードは必要なのです。

いざスーパーへ行くと、ズラリと並ぶベビーフードの小ビン達。さて何を買おうか? スーパーの大半でに置かれているのがアメリカで定番の(日本にもある)ガーバーのブランドと、割高のオーガニック版、テンダー・ハーベスト。スーパーによっては「アース・ベスト」等のオーガニック・ブランドもあり、オーガニック志向が普及する中、お値段も求めやすくなってきました。保存料や添加物を含んでいないので安心な上、味も優れていると思います。オーガニックはレトルト製品がまだないのと、バラエティーが限られているのがちょっと残念ですがビンのものだけでもまとめ買いしておくとかなり便利です。

どのビン製品も主に1、2種類の野菜・果物・肉類を原料としたシンプルなものが多く、野菜や果物はましなので、ピンチな時に役に立ちます。出かける時には持ち歩けるし、家ではお粥やパンがゆを中心にビン物を小分けして「おかず」みたいにして使ってます。ほんとに時間が無い時はビンからそのまま… 常温のアップル・ソースやバターナット・スクワッシュ(いわゆる「かぼちゃ」)の単品を飽きずに食べる息子を見ていると、もう少し手のこんだものを食べさせてあげたいな〜と思う一方、今から舌が肥えすぎても困るので、たまにはこんなもんでいいだろう、と1人で理屈を立てる私。たま〜に手に入る日本のベビーフードのうどんやシチューをあげるとやはり美味しいらしく、それはそれはウマそうに舌づつみを打ってます。

一方、ベビー・フードの中で絶対に避けた方が良いと思うのがガーバーの肉類、と言うよりソース状の「肉もどき」。結構えぐいのでお薦めできません。更にガーバーから「セカンド・フーズ」、「サード・フーズ」といって、やや大きめのビンで、歯ごたえも少しあるベビーフードも最近登場しましたが、まだまだメニューが充実してないので、大人でも美味しく食べられる日本の製品とは比べものになりません。最近ではガーバーも電子レンジでチンできるレトルト品や、ラテン風味のベビー・フードを徐々に展開してますが、試食した上では、ガーバーは赤ちゃんにも味覚があることを忘れている様子です。

うちの子はやっと10ヶ月になったので、外出先でも大人の食べるものをちょっと調節して食べさせらる様になった分、楽になりました。今では彼の猛烈な食欲についていくのが一番のチャレンジで、常におやつを持ち歩かなくてはなりません。そんなおやつを忘れて買い物に出かけたある日、なんとガーバーが私の大ピンチを救ってくれたのです。カートに座った息子の雷ちゃんがいきなり荒れたのでベビー・フード売り場に急ぎ、ガーバーの新製品の「フルーツ・パフ」というおやつをその場でこじ開け娘にバトン・タッチ。 弟の口に一つずつ放り込んで「はとポッポみた〜い!」ときーちゃんは大喜び。雷坊の嵐も一瞬で静まり、買い物を続けることができたのでした。このパフ・スナックは味も良くヘルシーで、かなりの優れものです。日本の赤ちゃん用せんべい(マルカイや白木屋で購入可)は溶けていくうちにベトベトになるし、卵ボーロは懐かしい味だけど砂糖とでんぷんの固まりだし、アメリカで定番の「チリオス」というシリアルを赤ちゃんに与える人も多いですが硬くて味が悪いので、私は口溶けが良いガーバーのフルーツ・パフをお薦めします。

スザンヌのワンポイント英会話
日本では赤ちゃんに粉ミルクをあげる場合、新生児から使う赤ちゃん用の粉ミルクと、離乳期から3歳くらいまで使う「フォロー・アップ・ミルク」がありますね。アメリカにはそういった区別はなく、母乳を続けない場合とアレルギーが無い場合は1歳頃から牛乳を飲ませ始めるのが一般的です。お店ではロー・ファットやスキム・ミルクが良く売られてますができるだけ脂肪分の高いWhole Milk (ホール・ミルク)を選ぶと良いでしょう。ちなみに粉ミルクはFormula (フォーミュラ)と呼んで、日本と同様に多種多様で鉄分を含んでいる類や、アレルギー性の赤ちゃんのための豆乳ベースの物等があります。

プロフィール
娘:エリン・霧江(きりえ)、愛称キーちゃん。外見は恥かしがり屋、家では結構「キレちゃう」典型的内弁慶。ハロー・キティとパパをこよなく愛す保育園児。ちなみに、ハワイの人達のひとついいところは名前に「ちゃん」付けをしても分かってくれること。サンフランに住んでた頃、「キーちゃん、キーちゃん」と呼んでる私は廻りの人に「なんだそりゃ? 中国語かい?」と聞くかの様に変な顔をされました。こっちでは白人でも平気に「キーちゃん」と呼んでくれます。 
息子:マーズデン・雷(らい)。腹掛け着せたらまさに金太郎のごとくムチムチ、胸板のぶ厚い、とにかく丈夫そうな3ヵ月児。(母は彼を見て「布袋(ほてい)様」、親戚は「ボンレスハム」と言っている)。今は姉貴に蹴られたり、下敷きにされているが、この調子で行けば「被害者」の日々もそう長くはなさそう。
旦那:ポール。同じく日本生まれ、日本育ちのハーフ。昔から縁はあったけれど、同じ大学に通い始めてからやっと実った仲。一緒に納豆食べてくれる、くだらないギャグ飛ばしてくれる、ありがたき人生のパートナー。

この記事が属するカテゴリー: アロハダイアリー


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*