ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「パパママの日記」

05th  In Loving Memory of Mosiac

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2006年11月14日

5th In Loving Memory of Mosiac


Monjiro and Mosiac loved to fool around

●”He was such a sweet fella”
I wish I had happier things to write about this month. But sometimes life throws you a curve ball, and you just have to roll with your emotions. My dearest cat, Mosiac, passed away last week. I knew this day would come, but I guess I was never prepared to say good-bye — and thank you — so soon.

Mosiac came into my life ten years ago when I needed him most. I was nineteen, living alone, going to school, and still licking my wounds after my brother’s death a couple of years earlier. I guess you could say I was vulnerable then, unsure about so many things going on in my life. I happened upon Mosiac and his brother, Simon, at a humane society in Chicago. At just eight weeks and terribly sick, the two scared kitties cowered and shook in the corner of their cage. Paul, who was my boyfriend at the time, thought they looked like rats. Having worked at animal shelters before, I knew these guys barely had a chance of being adopted, let alone being kept alive for very much longer. Sick animals get the boot first, and fast, to make space for others.

Without hesitation I took the kitties home, and over the next two months blew my allowance and savings to nurse them back to health. They quickly grew to become awesome cats, great big balls of energy and totally unconditional lovers. They weren’t always attractive (they were obviously runts of the litter, and if I didn’t groom them enough they’d get pretty mangy). But they’d run to the door when they heard me come home, their long, black tails quivering in delight.


A playful jostle with Marsden

During the next decade, Mosiac and Simon shared some of my life’s greatest milestones – graduating from college, getting married, moving to three cities, and welcoming two kids. Along the way, I took in Monjiro, my grandmother’s cat, after she passed on. The three were instant pals, the three musketeers, always busy chasing each other around, or lovingly grooming each other in an interesting three-way.

But Mosiac was undoubtedly the head of the “welcoming committee,” as I called them, because they absolutely LOVED visitors. He was always the first to greet every pair of legs that walked through the door, be it family, friends, or the A/C repair man. He was definitely quirky. We had to enforce an “open door” policy with our bathroom, because he’d get upset and rip out the carpet if you didn’t let him in. All he wanted was your undivided attention while you sat on the can (or maybe he just liked the, uh… smell), purring non-stop and head-butting your legs. Some of my friends were wigged out by this, but eventually they, too, would just wait for him to come into the bathroom before they closed the door. Bathroom time meant Mosiac was coming along. That’s just the way it was at our house.

Mosiac was like a dog. If you made eye contact with him, he’d come skipping towards you, purring. He was also big (almost 20 pounds), but we never needed a fly swatter around the house, because he’d fly high and do the deed for us.


Total submission

When he and Simon turned ten this summer – about 60 in human years — I knew they were officially “geriatric,” and that their healthy years were numbered. But they were well-cared for, fed premium cat food, their shots all up-to-date, and I believed they had at least a few more good years ahead of them. They’d mellowed out in recent years for sure, and I noticed Mosiac couldn’t score that fly on his first couple of tries (which he had before). But his patience was simply beyond belief, for which I was always grateful. Ki-chan used to try to ride him. He’d usually collapse under her, but he’d just stay there for the cuddle. I don’t even know how many times Ki-chan and her friends pulled his tail. Even I’d get alarmed, but he never seemed to mind. Lately he had taken a special liking to Marsden, gently body slamming him while he practiced sitting up. Marsden would cackle, grab Mosiac’s head, roll over, and come away with a fistful of his fur. Somehow Mosiac, too, found this very entertaining. Purring like a motor — and maybe his glands were getting a bit lax from growing old — he’d drool on Marsden.


Our 20-pounde

But such happy moments were short-lived. I’d recently noticed him spending most of his day lying flat on the cold bathroom floor, not to hang out with us, but as if to keep his stomach cold. He was losing weight rapidly. The vet gave him antibiotics and a blood test. By the time the results came back, it was obvious his organs were failing. During the last few days I spent hours with him on the chilly tiled floor, force-feeding him and petting his bony body. He barely left the bathroom, but during what became his last night with us, he mustered enough energy to climb the stairs to our bedroom. In the morning, I found him by our bed. I honestly thought he was on the rebound, yet looking back, it kills me to think he used his final blast of energy to be near us. At the vet’s that day, while we waited for more test results to come back, he slipped in and out of consciousness until he took his last breath.

Later that evening, Ki-chan searched the house for Mosiac. “I think he’s in Mommy’s room,” she said, running in to the bedroom, only to find Mosiac wasn’t sleeping in his usual spot. The “he’s in heaven” concept hasn’t sunk in yet, so she still asks me when he’s coming home. Simon and Monjiro are definitely feeling a strange shift around the house, sometimes wailing sorrowfully in the middle of the night, and being generally clingy. As for me, I’ll be on the mend for a while. I’m only beginning to embrace the intensity of the love and joy this cat gave me over the last ten years. For the first time in a long time, I’m also feeling the preciousness and fragility of all living things. So I’m slowing down more these days, stopping to give my kids and kitties long and meaningful hugs, wishing they could have grown up to know what a sweet and special fella Mosiac was.

日本語要約
今月はもっと明るい話があればよかったんですけど、人生カープを投げられた時って素直に受けとめなくちゃ、と思うんですよね。実は先週、愛猫のモージアック(愛称モージー)が亡くなってしまったんです。この日がいずれ来る事は承知の上でしたが、こんなに早く「さようなら」と「ありがとう」を言わなくてはならないなんて… 心の準備が出来てませんでした。

モージーとの巡り会いは10年前のこと。 当時19歳の私は一人暮らしの大学生で色々な不安を抱えていて、3年前に兄を交通事故で亡くしたせいもあって心の傷を癒していた頃でした。ある日シカゴ市内のヒュメイン・ソサエティー(動物愛護協会)を訪れた時に生後2ヶ月の黒猫2匹を見掛けました。病弱な彼らは狭いおりの片隅で震えていて、ポール(この頃はボーイフレンド)が「どぶねずみみたい」と言ったほど、みにくくて哀れな子猫達だったんです。以前動物シェルターで働いていたので、この子達が誰かに貰われる可能性は低いと分かっていました。限られたスペースに捨て猫や捨て犬が毎日新しく収容される為、病気持ちはまず安楽死させらてしまうのもシェルターの現実。

ためらわず子猫達を引き取り、2ヶ月ほど掛けて親からのお小遣いと自分の貯金をほとんど猫の治療代につぎ込みました。そのうちにみるみる元気になり、迫力溢れる、愛情豊かな子猫達に育ってくれました。特に魅力的な猫ではなかったですけどね… ちょっとでもグルーミングに手を抜くとフケが問題だったり。でも2匹は純粋に飼い主を愛してくれて、ドアが開く音がする度にどこからでもすっ飛んできて、長い尻尾をプルプル震わせながら迎えてくれていたんです。

それから10年間、モージーとサイモンは私の卒業、結婚、3度の引越しに2児の出産と、生涯の最大イベントを見届けてくれました。祖母が亡くなった時に残された猫、紋次郎ものち我が家に加わり、3匹は大の仲良しに。お互いを家中追いかけまわしたり、ちょっと怪しげな輪になって舐め合ったりしてました。

3匹はとにかくお客さんが大好きでした。中でもモージーは我が家の「歓迎委員会」のリーダーで、家族であれ友達であれ、エアコン修理のおじさんであれ、玄関を通る人の足は必ずスリスリして「フニャー」といらっしゃいませの一声を挙げてました。

ひょうきん者でも評判だったモージー。トイレに行こうとするといきなり現れて来て、便器に座る人にかまってもらえると思ってたのか(もしくはニオイを好んでいたのか)足元を付きまとっていました。ドアを閉めると怒ってカーペットを引っ掻くので、我が家のトイレはすっかり「オープンドア方式」に。 ビックリする人もいましたが、モージーがトイレに入ってくるまでドアを閉めるのを待つ友達も少なくありませんでした。

まるで犬みたいだったモージーは目を合わせるだけでゴロゴロと喉を鳴らせながら寄ってきました。多少肥満体だったにも関わらず(20ポンド近かった頃も)、ジャンプが上手で飛んでる蝿を命中につかまえていたほど。ハエたたきなど、買ったこともありませんでした。

今年の夏で猫共は10歳(人間で言うと60歳)を迎えて、そろそろオヤジになってきたな〜、と私も感じ初めていたんです。 例えば寝てる時間が延びたり、昔みたいに1回で蝿をつかまえられなくなったりと、猫なりの衰えはあったような気はしました。でもキャット・フードは上等なものを与えていたし、予防接種も毎年やってるし、ケアは行き届いているはずなので少なくとも後数年は元気でいてくれるだろうと信じていました。モージーの穏やかさは変わらないままで(普通猫だったら嫌がるのに)きーちゃんにいつ跨がれても驚かず、ぺしゃんこにされたってじっと構えてきーちゃんに抱き締められてました。しっぽなんか何度ターゲットにされたか… 特にきーちゃんのお友達は容赦なく引っ張るのでハラハラしましたけど、モージーはいつも静かに耐えてました(そのしっぽ、ちゃんと神経通ってんのかい?と疑いたいくらい)。 最近は雷ちゃんの傍が良くて、お座りを練習する彼に軽くぶつかってみたりしてました。雷ちゃんはモージーの頭をつかみなからゴロんと倒れ、猫の毛を握りこぶし一杯にしてはキャーキャー喜んでました。モージーはひたすらゴロゴロ、だらしないオヤジっ面を見せながら興奮のあまりによだれを垂らしてたことも。

でもそんな愛らしい光景を楽しめるのもつかの間でした。最近バスルームで寝そべってる時間が長くて、いつもの「トイレタイム」を楽しんでるより冷たいタイルの上でお腹を冷やしてる様に見えました。体調が急変したので獣医さんに連れて行き、抗生物質をもらって血液検査をしてもらいましたが、検査の結果が戻ってきた翌日には何らかの原因で内臓にかなりのダメージがある事を発見。 バスルームの冷えたフロアに一緒に座って、日々痩せていくモーちゃんの体を撫でたり、注射器で無理やり餌を採らせるのが精一杯でした。2、3日経って全くバスルームを離れなくなり、これはもう危ういと思いました。しかし、亡くなる前の晩、どうやってか真夜中に2階へ上がってきて、朝起きるとベッドのふもとに横たわっていたのです。元気が戻って来た!? そんな期待も一瞬ありましたが、顧ればモージーは最後のエネルギーを振り絞って傍まで来てくれたのだとしか思えません。数時間後、病気の原因が見つからないまま意識の消失と回復を繰り返し、獣医さんのもとで静かに息を引き取りました。

その夜、家中モージーを探す娘の姿は実にに悲しい光景でした。「ママのお部屋にいるよ」と言ってベッドを探しても、いつもの場所にモージーはいない。「天国に行ったのよ」と説明してもピンと来ないらしく、「いつ帰って来るの?」とばかり。サイモンと紋次郎も変化を察しているのでしょうが、夜中に悲しく鳴いたり、いつもよりベッタリしてます。

時間が掛かりそうですけど自分は改めて命の尊さと、モージーに癒された10年間を顧たりして、少しずつ立ち直りに向けて頑張ってます。そして、「本当に特別でかわいい奴だった」モージーともっと長く育って欲しかった − そんな気持ちを大事にしながらもっとゆとりを持って、残された猫達と子供達を毎日可愛がり、ギュッと抱きしめています。

スザンヌのワンポイント英会話
ペット好きの読者の皆さん ハワイにはHawaiian Humane Society とHawaii Cat Foundationの、主に2ヶ所の動物保護施設があります。動物をもらうことを”Adoption”と言って、$50−60ほどの金額を寄付という形で払う場合がほとんどですが、額には予防接種や不妊・去勢処置も含まれています。 生後間もない場合を除いて、大体の犬や猫はトイレ・トレーニングも済んでいるはずです。 Adoptをしたい場合、家族構成やライフスタイルがペットのケアに適しているか確かめる為に施設側がインタビューを行います。 できれば家族皆で(もしくは同居している人と一緒に)行って、ペットとの相性をよく見て、もらってあげて下さいね。UHの近くにあるHawaiian Humane Societyではウサギ、モルモット、鳥、カメ、ねずみ等、犬や猫の他にも様々な捨てられたペットが新しい飼い主を探しています。ペットを飼いたいなぁ、と思ったら是非これらのシェルターに立ち寄ってみて下さい。素敵な出会いがきっとあるはず

プロフィール
娘:エリン・霧江(きりえ)、愛称キーちゃん。外見は恥かしがり屋、家では結構「キレちゃう」典型的内弁慶。ハロー・キティとパパをこよなく愛す保育園児。ちなみに、ハワイの人達のひとついいところは名前に「ちゃん」付けをしても分かってくれること。サンフランに住んでた頃、「キーちゃん、キーちゃん」と呼んでる私は廻りの人に「なんだそりゃ? 中国語かい?」と聞くかの様に変な顔をされました。こっちでは白人でも平気に「キーちゃん」と呼んでくれます。 
息子:マーズデン・雷(らい)。腹掛け着せたらまさに金太郎のごとくムチムチ、胸板のぶ厚い、とにかく丈夫そうな3ヵ月児。(母は彼を見て「布袋(ほてい)様」、親戚は「ボンレスハム」と言っている)。今は姉貴に蹴られたり、下敷きにされているが、この調子で行けば「被害者」の日々もそう長くはなさそう。
旦那:ポール。同じく日本生まれ、日本育ちのハーフ。昔から縁はあったけれど、同じ大学に通い始めてからやっと実った仲。一緒に納豆食べてくれる、くだらないギャグ飛ばしてくれる、ありがたき人生のパートナー。

この記事が属するカテゴリー: アロハダイアリー


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*