ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「パパママの日記」

06th  On turning 30

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2006年12月14日

6th On turning 30…


The (not so big) day

●IT’S NOT SO BAD!
Well, time sure does fly, but I just realized… I turned 30! FINALLY! For those of you wondering why any woman in her right mind could be happy about turning 30, consider that I’ve looked “older” than my age for what seems like forever, and is relieved that I can strive to look “young for her age” for once!

Blame it on my height, my frame, or a penchant for makeup since my early teens, I’ve always looked too old. Add to that my half-gaijin look, which to most Japanese people lacked a certain “innocence,” shall we say? When I was 10, I looked 15; when I was 15, I looked 20, and so on. You get the picture. When I was 27 and had my first child, well, heck, most people assumed I was at least 30. Some were kind enough to say I just looked mature, but I knew they were thinking, “God, she looks OLD!” By turning 30, I feel like I’m finally catching up to how I look. It’s a load off my back. Whew!


A sense of humor is crucial!

For those of you who have yet to reach this ripe age, turning 30 is surprisingly refreshing. All those fine lines and wrinkles I used to scrutinize in the mirror until last week aren’t big deals anymore. Of course, I would still kill for a crease-free, porcelain complexion, but at 30, I’ve stopped cursing my mom for her overactive oil glands and my haole dad for his wrinkles. Sure, one would hope that zits become a part of the past once the wrinkles kick in, but for the unfortunate few (i.e. yours truly) you escape your hormonal teens and 20s only to face both battles… But that’s OK. That’s right, I’m telling you it’s A-OK! I’m 30! Perfect skin is no longer my top priority!

Reaching 30 also gives me a time to reflect on my life, and pat myself on the back for everything I’ve accomplished and get depressed about everything I didn’t. It’s not so bad if you get married early (like I did at 21), and start having kids early, and face a middle-of-midlife crisis at about age 26. This is when you get disillusioned with your job, bored with married life, tired of domestic duties, and dive into a definite funk. But with the help of friends, family, meditation, medication, and/or therapy, you shimmy out of your duress and voila! You’ve found yourself again. By this time the 30s are looming, but at least you’ve hit your first “wall” already, and conquered it.


How did I look like when I was 17?

Two kids and about 5,500 diapers later, I can honestly say I’m in a good place right now. No fretting over whether I’ll find a soul mate (thank god). No stress over the ever-ticking biological clock. Yes, I wish for perkier breasts and tighter buns again, but the lack thereof is a relatively small sacrifice for being able to feel happy at 30.


Seriously! 5,500 diapers in 3 years

But while we’re on the subject of getting older, I will tell you what makes me feel OLD: when I meet people and find out they were born in the 1980s; when I watch MTV and realize I am CLEARLY not their target audience anymore; when I get sleepy after a glass of beer; and finding white hairs on my head (these, I cannot stand. They get plucked out immediately).

The question remains, is it really all downhill from here? Possibly. The other day, my mother-in-law called me to say “Happy Birthday,” and added, “you have no idea how fast the next ten years will fly by.” How ominous. Maybe by 40 I’ll be washed up and exhausted and dreaming of days gone by. But maybe if I preempt turning 40 with the expectation that I will inevitably be older, maybe it won’t be so bad. Meanwhile I’m posting pictures of Gwyneth Paltrow and Heidi Klum on my mirror, and no, I don’t have their fortune or their hair dresser, but I can at least strive to be 30-something and fabulous. Oh well, we’ll see. Just ask me in ten years.

日本語要約
時が経つのは本当に早いもので、いつしか30才を迎えてました。ヤッター そんな、30になって嬉しいだなんておかしいとお考えの方、昔から老けて見えていた私にとっては待ちに待った30。「OOにしては若いですねー」と一度言われてみたい そんな気持ちで熱心になれる、(本人にとっては)新しいスタートをやっと切ったというわけです

長身な上にガタイが大きかったせいか、それと十代の頃から好んでいた化粧のせいか、とにかく老けて見えてた私。その上外人顔だったため、変にバタ臭くてあどけなさに欠けてたと言うか… 10才の時には15に見え、15の時には20才と間違えられ、想像がつくでしょうけどいつもこんな調子でした。27で子供を生んだ頃には完全に「若くても30」と見られてたはず。「大人っぽいですね」と言ってくれる親切な人もいましたけど、絶対に「老けてるなあ」と思われていたに違いない。30になってやっと「年相」に追いついた気がして、正直言って重荷が降りてホッとしてます。

まだこの「曲がり角」を迎えていないヤングな読者の皆さん、30って案外とリフレッシングですぞ。(まだ20代だった)先週まで綿密にお手入れしてた小じわも不思議と気にならなくなりました。そりゃもちろん、しわ1本ないもち肌は今でものどから手が出るほど欲しい これ事実。でもこの才になってやっと母親ゆずりのオイリー肌と白人パパゆずりのしわを惜しまくてもいいかなあ、なんて思い始めてます。それにしても「ニキビって20代で卒業するはずじゃなかったの?」と思ってたらとんでもない、結局この才になってニキビ+シワ対策を同時にしなくちゃならない面倒な様になりました。でもまあ、いいや。なんたって私は30パーフェクトの肌を目指そうなんて今さら考えてません。

深く考える事と言えば今までやり損ねた事を反省したり、達成できた事に満足したり、それなりにこれまでの人生を振り返っては「これでよかったのかなあ」と思ったり。結婚が21の時と早かったので、いわゆる「中年の危機」らしきものを25くらいで1回経験してるんですね〜。仕事に幻滅、結婚生活はマンネリ化、主婦業には尽き、結構尻込みした大ピンチの時期。どんな手段でもいいから(瞑想、薬、セラピー、と方法は色々?)このモヤモヤから脱皮して自分をを再発見するべし。もちろんそうこうしてる内に30代が迫ってるわけですが、20代半ばの峠を一度克服すると結構パワーアップできますよ〜。

2児出産と(計算すると)5,500回相当のオムツ替えをやり遂げた今現在、結構良い境遇にいると信じてる私。人生のパートナーはいる事だし(神様ありがとー)、子供を産むタイムリミットの心配も省けたわけで、もちろんバストとヒップの引き締まり度は惜しいものの、若さには引き換えできない幸せを今握っているような気がします。

でも最近になって「やっぱり才をとったな〜」と思う瞬間、よくありますよ。例えば、80年代生まれの人に会った時、自分の「70年代生まれ」の響きが悪い さらに、MTV(アメリカでお馴染みのミュージック・ステーション)を見てるといかに自分が視聴者の主な対象から外れている事に気づいたり、ビール一杯で眠気が刺す時もちょっとガックリ。でも一番才を感じるのが白髪の発見。これだけは許せないので抜いてます(ダメなんでしょ? 分かってますよ。)

さて気になるのがこの先。三十路を過ぎると本当に人生の下り坂を迎えるのでしょうか? 先日「おめでとう」の電話を掛けてくれた姑は「これからの10年は早いわよ〜。40なんてすぐなんだから」となんと暗い話。確かに、40にもなれば育児に疲れ果て心身共にボロボロ、若かった時代の思い出に更けるばかりになってしまうのだろうか? 結果は10年後のお楽しみ...ひとまずは憧れの30代のセレブを見習って(お金もスタイリストもいないけれど)自分に磨きをかきて、もう一花咲かせるぞー

スザンヌのワンポイント英会話
英語では30代、40代、50代等と、10年を区切る誕生日をMilestone(道しるべ)と呼び、盛大に祝う習慣があります。30を過ぎるとOver the hill (盛りを越えた)と言う意味も含めてユーモア溢れるバースデー・カードやバルーンがよくプレゼントされます。 他にも才を取る事に纏わるフレーズが色々あって、これらを聞いたら、なるほど、才をとる事に対するシャレなんだ と憶えていて下さいね

★The big 3-0 (Three-Oh。40、50、60才の誕生日を表す時にも使います。)
★”I’m thirty-something” (年齢を明らかにしないためただ「30代よ」とも言う)
★Fourty is the new thirty (最近では40才なんて30才と同じ若さよ、と言う意味)
★The Golden Years (黄金時代。60を過ぎてから良く使う)

プロフィール
娘:エリン・霧江(きりえ)、愛称キーちゃん。外見は恥かしがり屋、家では結構「キレちゃう」典型的内弁慶。ハロー・キティとパパをこよなく愛す保育園児。ちなみに、ハワイの人達のひとついいところは名前に「ちゃん」付けをしても分かってくれること。サンフランに住んでた頃、「キーちゃん、キーちゃん」と呼んでる私は廻りの人に「なんだそりゃ? 中国語かい?」と聞くかの様に変な顔をされました。こっちでは白人でも平気に「キーちゃん」と呼んでくれます。 
息子:マーズデン・雷(らい)。腹掛け着せたらまさに金太郎のごとくムチムチ、胸板のぶ厚い、とにかく丈夫そうな3ヵ月児。(母は彼を見て「布袋(ほてい)様」、親戚は「ボンレスハム」と言っている)。今は姉貴に蹴られたり、下敷きにされているが、この調子で行けば「被害者」の日々もそう長くはなさそう。
旦那:ポール。同じく日本生まれ、日本育ちのハーフ。昔から縁はあったけれど、同じ大学に通い始めてからやっと実った仲。一緒に納豆食べてくれる、くだらないギャグ飛ばしてくれる、ありがたき人生のパートナー。

この記事が属するカテゴリー: アロハダイアリー


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*