ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
ハワイ歩き方事務局
人気連載「ハワイで働く・完全マニュアル」

その1 正しい英文履歴書の書き方

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2009年03月01日

このコーナーでは、現地在住の「ハワイの歩き方」編集部が集めたハワイ暮らしに役立つ情報をご紹介します。ハワイでの滞在や生活に、もちろん旅行者にも役立つ情報が満載です。新コーナー「ハワイで働く・完全マニュアル」では、ハワイでの仕事の探し方、海外で働く際の注意点などを順を追って詳しく説明します。

ハワイで働く・完全マニュアル その1 正しい英文履歴書の書き方

ハワイで仕事

正しい英文履歴書の書き方とは?
「ハワイで働く・完全マニュアル」では、ハワイで仕事をするにあたって必要な基礎知識を解説していきます。英語圏で仕事を探すにあたって、まず必要になるのが英語の履歴書(レジュメ)。きちんとした英語の履歴書がなければ、人材募集中の企業があっても、まず相手にしてもらえません。海外で仕事を探すには、当然のことながら企業の人事担当者と面接の約束を取り付けることから始まります。「この人に会って、面接したい」と思わせる英文の履歴書を書くには、どうしたら良いのでしょうか?

履歴書

 履歴書でブロークンな英語はご法度
「日本人だから、ちょっとぐらい英語がブロークンでも大丈夫」などと思っている人はいませんか? 日常生活やビジネス・シーンでやりとりされる会話の中でちょっとくらい文法や英単語が間違っていても、内容が通じればハワイの人は寛容なので大丈夫。でも、英文履歴書の中に英単語のスペルミスや明らかな文法の間違いがあると、アメリカでは面接してもらえない可能性が大。ハワイだからといって気は抜けません。日本でも、履歴書で漢字の間違いがあったら当然、採用されませんよね。履歴書は、仕事探しにおいて、自分の顔のようなもの。「ネイティブ・スピーカーではないから」と開き直って間違いだらけの英文履歴書を書いて提出しても、仕事につながるどころか、面接にもこぎつけられません。英文履歴書は、必ずスペルチェックにかけてから、英語を母国語とする友人や知人に添削してもらいましょう。

仕事

日本式の謙遜は、ダメ でも、虚偽の記述は、論外
英文の履歴書を書くにあたって、日本式の謙遜はアメリカでは通用しません。仕事の内容などはできる限り詳しく説明し、自分が仕事がデキる人だということをアピールしましょう。やる気がある(highly motivated)、プレッシャーに強い(work well under pressure)、チームワークが得意(team player)などとポジティブな枕詞を使って自分について表現します。ここで、海外生活経験者が犯しやすい間違いがひとつ。「アメリカでは物事を大きくいう傾向があるから、思いっきり誇張して言おう」と意気込むあまり、結果的に虚偽を履歴書に書いたり、面接で事実ではないことを発言してしまうこと。例えば、過去の経歴でアルバイトだったのに正社員だったと記述したり、卒業していないのに卒業したと言ったり。アメリカでは、実際に過去の雇用主に連絡して記述に相違がないかチェックする企業も多く、履歴書で虚偽の記述をしたために採用後に解雇される場合もあるので、英文履歴書に書く内容は慎重に吟味しましょう。


働く

好印象な英文カバーレターとは?
カバーレターとは、履歴書につける企業宛ての短いレターのこと。カバーレターなしで履歴書のみを提出しても、採用担当者に見てもらえないことが多いです。カバーレターは1枚にまとめ、なぜその仕事を志望するのかや自分のスキルややる気を明確に表現すること。長文のカバーレターは、多忙な人事担当者には読んでもらえない可能性があるので、必ず2段落程度までの長さで簡潔かつ丁寧な言葉でまとめることが大切です。履歴書と同じく、英語のスペルと文法や表現は英語を母国語とする人にチェックしてもらいましょう。

ハワイで仕事を見つけるときのワンポイント・アドバイス


ボランティア:アメリカでは、職歴と学歴だけではなく、ボランティアや所属クラブなどもセールス・ポイントになり得ます。
◎推薦状:社長や博士の肩書きを持つ社会的に地位の高い知り合いや前の上司や学生時代の指導教授などから、英文の推薦状をもらい、いつでも見せられるようにしておくと有利です。
◎リファレンス:企業への応募用紙には、身元や人格を証明してくれる人の名前を書く「リファレンス」という欄があります。そこには、自分のことを長く知っている人で、地元出身の人の名前と連絡先を書きます。企業から確認の電話がある場合がありますので、知り合いの名前を勝手に書かず、あらかじめ本人に了解を得ることが必要です。最低、3人分はリファレンスとして応募書類などに名前と連絡先が出せるように手配しておきましょう。
◎不採用の場合:企業に履歴書を提出したり、面接をした後で不採用になった場合、理由を聞いたり、怒ったり、文句を言ったりするのは常識外れとされています。不採用になった場合でも、後味の良い返答をしておくと、将来的な仕事につながったり、コネとなる場合もあります。


(2009年3月取材)

この記事が属するカテゴリー: ハワイ暮らし・その他, 暮らし
関連キーワード: 就職活動, 履歴書,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*