ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

アラモアナセンターに新規オープン予定の10店舗とは?

投稿者: Eriko 更新日:2022年06月29日

10 New Store Opening at Ala Moana Center

スポンサーリンク

日本食スーパー、ニジヤマーケットもアラモアナセンター内に移転

 

 

ハワイ最大のオープンエア・ショッピングセンターである アラモアナセンターはこのほど、新たに6軒のショップおよびレストランを迎えることを発表しました。すでに発表されていたテナントと合わせ10軒のオープン予定のテナントは、以下をご覧ください。

 

スポンサーリンク

近日オープン予定の新店舗

1.85℃ベーカリーカフェ 

サードレベル3F、ホオキパ・テラス(2022年12月オープン予定)

「85℃ベーカリーカフェ」では、種類豊富なパンやペストリー、ケーキに加え、タピオカドリンクやコーヒーを提供します。コーヒーは、口当たりがよく深い味わいが特徴的なグアテマラ産の豆を使用。ドリンクは全て、注文を受けてから作ります。アラモアナ店では、受賞歴のあるマスターシェフが作る美味しいケーキや、毎時焼きあがる焼き立てのパンやペストリーが50種類以上並びます。

 

2.レーザーアウェイ  

ストリートレベル1F、ダイヤモンドヘッドウィング(2022年9月オープン予定)

美容皮膚科のリーダー的存在である「レーザーアウェイ」は、アメリカ各地にクリニックを構え、レーザーによる脱毛やスキンリジュビネーション(お肌の若返り)、ボトックスの施術などを行っています。300万件を超える豊富な経験と高い技術で、あらゆるスキンタイプの患者様が本来持つ肌の美しさを引き出せるよう、治療の提案をしています。クリニックは有資格の美容皮膚科専門医による監督体制の下、登録看護師をはじめ、研修を重ねたナース・プラクティショナーや医師助手が、最先端技術のみ使用した美容医療を提供しています。

 

3.ニジヤマーケット  

ストリートレベル1F、エヴァウィング(2022年11月移転予定)

「ニジヤマーケット」がアラモアナ・プラザからアラモアナセンター内に移転します。新店舗は、エヴァウィングのフェイマス・フットウェア隣となり、さらにお買い物に便利な立地になります。新しい外観に生まれ変わる広々とした店内には、日本の食品やオーガニック野菜、自然食品など、健康的な品が豊富に揃います。

 

4.シュガー ファクトリー

アッパーレベル4F、ホオキパ・テラス(2023年初旬オープン予定)

スイーツ好きのセレブ御用達の「シュガー ファクトリー アメリカン ブラッセリー」がハワイに初進出。豪華な料理に、フォトジェニックなスイーツやキャンディーを提供することで知られているアメリカの人気レストランは、店内に足を踏み入れた瞬間からその世界観に夢中になること間違いなし。

屋内席とテラス席を構えたダイニングエリアには、インスタ映えするネオンサイン、花壁、カラフルなキャンディーハートの壁紙など、思わずポーズをとりたくなるフォトスポットがたくさん。併設されたショップでは、床から天井までカラフルなお菓子がずらりと並んだシュガー ファクトリーのアイコン“キャンディーウォール”も必見。セレブやブランドとコラボ展開する高級ロリーポップ「クチュールポップス」や、キュートでユニークなスイーツの数々を購入できます。シュガーファクトリーは、年齢を問わずあらゆるお客様に思い出深いダイニング体験を提供します。

 

5.サンライズシャック

ストリートレベル1F、センターコート(2022年7月オープン予定)

美味しいコーヒーを提供する「サンライズシャック」は、2016年にノースショアの中心部にある小さなプルメリア農園にオープンしました。

創業者であるアレックス、トラビス、コアのスミス3兄弟とその親友のコア・ロスマンは、ハワイ諸島で育ったサーファーたち。大自然の中で育った彼らにとってオーガニックフードは、健康には欠かせない大切な食材です。彼らの食へのこだわりが今日のサンライズシャックを作り上げました。厳選されたコーヒーを堪能し、店に来た人とおしゃべりをする。そして、今日はいい日だと実感することができる、そんな特別な場所です。

 

6.タイガーシュガー

モールレベル2F、マウカウィング(2022年8月オープン予定)

2017年、台湾の台中でオープンした「タイガーシュガー」は、瞬く間に世界で人気の黒糖タピオカミルクの専門店になりました。ドリンクの豊かな味わいはもちろん、手で注いだシロップが作り出す独特の「タイガーストライプ(虎の縞模様)」がおしゃれと話題に。

他のライバル店がタイガーシュガーのドリンクを模倣しようとしましたが、8時間かけて作るシロップとタピオカの独自の調理法は簡単に真似できるものではありません。彼らは「真似をするということは、評価されている証拠だ」と言います。この手の込んだ調理法により、一口味わうごとにお茶、ミルク、シロップの完璧なハーモニーを楽しむことができるのです。真摯に取り組む姿勢が、また飲みたいと思わせるドリンクの数々を生み出しています。

 

7.神座ラーメン  

モールレベル2F、ラナイ@アラモアナーセンター(2022年夏オープン予定)

スープは醤油でも、味噌でも豚骨ベースでもありません。「神座ラーメン」は、フランス料理のコンソメスープをベースにしています。1986年、店主がこのスープで「みんなを幸せにしたい」という思いを込めて、大阪の道頓堀にオープン。当時はたった9席の小さな店舗でした。今日では日本全国で70店近くの直営店舗を展開するまでに成長。2022年にはハワイに店舗をオープンし、世界にも進出。トレードマークは「美味しいラーメン」、文字通りに美味しいラーメンです。

 

8.ミートフレッシュ  

ストリートレベル1F、エヴァウィング(2022年7月オープン予定)

「ミートフレッシュ」は、2014年にカリフォルニア州アーバインにオープンした台湾デザート専門店です。台湾の台中市豊原区で代々農業を営む家庭で育ったフー姉弟が始めた同店では、タロイモボール、タロイモプリン、ゼリーなど、厳選した素材と伝統的な製法にこだわった本場の台湾デザートを楽しめます。

 

9.ザ・エクスペリエンス  

サードレベル3F、マウカウィング(2022年7月オープン予定)

「スヌーピーを探して:ピーナッツ・アドベンチャー」は、没入型の新アトラクションです。チャールズ・シュルツ氏が描く世界的人気コミックのファンを、ピーナッツの世界で繰り広げられるユニークな冒険へと導きます。

スヌーピーの犬小屋、チャーリー・ブラウンのベッドルーム、受話器を通してルーシーからのアドバイスや助言を聞くことができるルーシーの精神分析スタンドなど、まるでコミックに入り込んだようなワクワク感を体験できます。

詳細はこちら>>>アラモアナセンターでスヌーピーがテーマの新アトラクション、7/1公開

 

10.ウォルバーガーズ

モールレベル2F、エヴァウィング(2022年7月オープン予定)

「ウォルバーガーズ」は、俳優のマーク・ウォルバーグが兄のドニーとシェフを務めるポールと共に始めたカジュアルレストラン&バーです。店内には、ドーチェスターに住んでいた子ども時代から、新進気鋭のシェフや世界的なスーパースターに成長するまでの兄弟の人生を祝う写真や思い出の品々が飾られています。

ウォルバーガーズの主役は、美味しい料理にドリンク、そして大切なお客様です。メニューは、新鮮な牛挽肉を使ったハンバーガーやサラダ、フライ類に加え、フラッペなどのドリンクも豊富。来店客が我が家のようにリラックスしてお食事を楽しめるよう、総料理長のポールと厨房チームのスタッフは努力を惜しみません。

 

最近オープンした新店舗

ハワイ・ファイネスト  

ストリートレベル1F、エヴァウィング

「ハワイ・ファイネスト」は、2009年にハワイの小さな島、モロカイ島で誕生したアパレルブランドです。シャツやドレスをはじめ、アイテムの数々は、ハワイに纏わるすべてのものからインスピレーションを得た特徴的なデザインで、オープン以来世界中に名を広めてきました。今日もアパレルだけに留まらず、コンサートの開催などハワイを支援するさまざまな取り組みを続けています。

 

ヒマラヤン・キッチン  

ストリートレベル1F、ダイヤモンドヘッドウィング

ネパール、インド、チベットの融合料理が楽しめる「ヒマラヤン・キッチン」。地元ハワイの業者から仕入れた新鮮な野菜や魚介類を使い、全て一から手作りしています。

 

マナサンドイッチ

モールレベル2F、ラナイ@アラモアナセンター

「マナサンドイッチ」は、日本のパン屋「ブルグベーカリーハワイ」監修のサンドイッチ店です。ブルグベーカリーのパンを使用したジャパンスタイルのスイート系、塩味系の美味しいサンドイッチを楽しめます。

その他にも、チキンスープ、ドリンク、デザートなどのメニューも豊富。ブルグベーカリーは、竹村克英氏が1977年に北海道で開業し、その後札幌で最も有名になった人気のベーカリーです。

詳細はこちら>>>アラモアナセンターに日本式サンドイッチ屋「マナサンドイッチ」登場!

 

タノア

サードレベル3F、エヴァウィング

2009年に米領サモアで設立された「タノア」は、太平洋の島ならではの着心地の良いデザインと、ポリネシアの伝統的な色や柄、シンボルを取り入れたアパレルブランドです。モダンスタイルと楽園の自然美を融合させた多様な商品を取り揃えています。

 

ヨーミーズ ライス×ヨーグルト  

ストリートレベル1F、センターコート

オーストラリア発祥のヨーグルトドリンク専門店で、アジアを中心に人気を博しています。現在は、シンガポール、マレーシア、インドネシア、中国、日本、韓国、アメリカ、タイ、フィリピンで展開中。ヘルシーで美味しいヨーグルトドリンクをハワイでも楽しめます。

◇アラモアナセンターの知っておきたい便利情報10選

 

スポンサーリンク

アラモアナセンター最新ショップ動画!

◇最新記事!アラモアナセンターに15の新店舗! ウォールバーガーもハワイ初進出

 

アラモアナセンターについて

1959年に開業したアラモアナセンターは、160近くのダイニングを含むおよそ350の店舗が集まり、ショッピング、エンターテイメント、ダイニングが楽しめる世界最大級のアウトドア・ショッピングセンターです。総面積240万平方フィート(約223,000平米)あるリテールスペースには、ニーマン・マーカス、ノードストローム、メイシーズ、ターゲットのデパートをはじめ、世界有数のラグジュアリーブランドからハワイの地元経営のブティックなど幅広いセレクションの店舗が並んでいます。また、同センターは毎年延べ5,300万人が訪れる、ハワイ内で最も訪問者数の多い場所のひとつです。

 

◎アラモアナセンター
Ala Moana Center
住所:1450 Ala Moana Blvd., Honolulu, HI 96814 
電話:(808)955-9517
営業時間:月曜~土曜9:30-21:00、日曜10:00-19:00
休業日:年中無休
ウェブサイト(日本語):https://www.alamoanacenter.com/ja.html

 

この記事が属するカテゴリー: B級グルメ, アラモアナセンター, ショッピング, レストラン


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ