ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

【動画付】絶景を満喫! ハワイのおすすめドライブルート

投稿者: Yoshiko 更新日:2019年01月08日

Beautiful Road Trip on Oahu's East Coast

ALOHA! ハワイも何度目かになると、ワイキキを抜け出して今まで見たことのないハワイの景色を見てみたくなりまませんか? そんな時はレンタカーでドライブ! Myハワイのおすすめはワイキキを出て南東部ハワイカイ~東部カイルアまでをぐるりと回るルート。ドライブ中に美しい景色が楽しめるだけでなく、ビーチやハイキング、ショッピングなども楽しめます。今回は、実際にこのルートを回ったMyハワイ編集部がその見どころをご紹介しましょう!

ワイキキ~オアフ東部のドライブルート

今回のドライブルートは、ワイキキを出発してH-1フリーウェイ東方向に乗り、カハラ、ハワイカイ、ハナウマ湾、マカプウ、ワイマナロ、カイルアを通ってまたワイキキに戻るコースです。

走行距離約40マイル(約64km)のドライブルート。交通渋滞がなければ約1時間30分程度で着く距離ですが、観光客のレンタカーやバスが多いルートのため、途中止まらずにドライブするだけでもこれより時間がかかります。

ドライブの途中で数か所に寄りたいという場合は、余裕を持って半日~1日の時間を見ておいたほうが良いでしょう。

距離的には40マイル(約64km)と比較的短いドライブですが、美しい景観や見どころもたくさんあるドライブルートです。また、ココマリーナセンターやカイルアのホールフーズ、ターゲットなどのショッピングや休憩スポットも多く点在しています。

さまざまな場所でストップして、オアフ島の美しさを存分に楽しんでくださいね!

レンタカーの借り方

ドライブの前に、まずはレンタカーを借りる方法から説明しましょう。ハワイでレンタカーを運転する場合、予約は日本で済ませておくのが得策です。予約は自分で行うことも出来ますしツアー会社を通して行うことも可能です。アラモレンタカーなら、同社の日本語サイトを利用して日本からの予約が可能です。

◇関連記事/【動画付】保存版!ハワイのレンタカー基礎知識

レンタカーを契約する際はビザ、マスター、JCB、アメリカンエクスプレスなどの大手クレジットカードが必要です。ハワイ州ではアメリカに入国1年以内ならば有効な日本の免許証で運転することが可能で、これは観光客でも同じです。ただし在ホノルル日本国総領事館によると、地元の警官が日本の免許証を認識出来ない場合もあるため国際免許証の携行も強く勧めており、またパスポートの携帯は必須とのことです。

空港でレンタカーを借りる場合

ダニエル・K・イノウエ(旧ホノルル)国際空港でレンタカーを借りる場合は、バゲージクレームでスーツケースなどの荷物をピックアップした後、空港ターミナルから予約したレンタカー会社の無料シャトルバスで各レンタカー会社の営業所へ向かいます。

◇関連記事/【動画付】保存版!ハワイのレンタカー基礎知識

レンタル契約を済ませ、契約書のコピーと車の鍵を受け取ったら、敷地内の駐車場で自分の借りるレンタカーを探します。海外での運転に慣れていない場合は、車をスタートする前に車内のどこにどのような機能があるかを一通り確認し、分からない場合は係員に尋ねてください。

ワイキキで借りる場合

滞在中に遠出する予定がある日数のみ借りる場合は、ワイキキなどにあるレンタカー会社の営業所でレンタル契約の手続きをします。

こちらはワイキキのカイウラニ通り(Kaiulani Ave.)、キングス・ビレッジ隣にあるアラモレンタカーのカイウラニ営業所です。ワイキキに宿泊している場合、ドライブから帰ってきたら車を返してすぐホテルに帰れるのが利点です。

カイウラニ営業所によると、日本人観光客に人気の車種は屋根の開閉が出来る「コンバーチブル」だそうです。ただし、ショッピングに行く際など大きな荷物が予想される場合はトランクが大きい他の車種がおすすめです。

アラモレンタカーはアラモアナセンターに近いディスカバリーベイ2階にも営業所があります。空港でもワイキキでも、レンタルする際は日本語に翻訳した説明書があるので安心です。

なお、各種自動車保険は海外旅行保険に付帯されている場合もありますが、盗難や事故、非常時の補助(ロードサイドアシスタンス)などがカバーされる保険契約を現地で契約することもできます。

車を借りたら、早速ドライブに出かけましょう!

ワイキキからH-1東方向へ

ワイキキのホテルに宿泊している場合、東方向ではカピオラ二・ブルバードのH-1入り口が最寄です。ワイキキの各通りからアラワイ・ブルバード(Ala Wai Blvd.)に入り直進して、マッカリー・ストリート(McCully St.)で右折。橋を渡った後すぐカピオラ二・ブルバード(Kapiolani Blvd.)で右折して直進します。

ユニバーシティ・アベニューを過ぎると、左側に「H-1 East」の青い標識が見えます。左のレーンに移り、信号が青になったら左斜めに坂を上ってフリーウェイに乗りましょう。

フリーウェイを進んでしばらくすると右側に「ワイアラエ・アベニュー」出口が見えます。カハラモールに寄る場合はそこで降りますが、そうでない場合は直進。

右手にカハラモールを過ぎるとH-1フリーウェイはそこで終わり、そのまま「カラニアナオレ・ハイウェイ(Prince Kuhio Kalanianaole Highway)」に名称が変わります。

カハラモール
Kahala Mall
場所:4211 Waialae Ave., Honolulu, HI 96816 
電話:(808)732-7736
営業時間:月曜~土曜10:00-21:00、日曜10:00-18:00
ウェブサイト(英語):www.kahalamallcenter.com

ココマリーナセンターで朝食を!

オアフ島東側へ行くドライブは午後になると道路が混むので、なるべく朝早く出発しましょう。朝ごはん前に出発し、ドライブ中に朝食またはブランチを食べるのもおススメです。

カラニアナオレ・ハイウェイを直進していると海側にずっと高級住宅が並んでいるのが見えます。しばらく走ると右側の視界が突然開け、美しいビーチが目に入ってきます。この地域は「ハワイカイ」と呼ばれ、マリーナに面する美しい景観が人気の住宅街です。前方海側にはココヘッドが見えてきます。

住宅地を過ぎると左側にマリーナとショッピングセンター「ココマリーナセンター」が見えてきますので、左折してここでひと休み。

◇関連記事/【動画付き】ココマリーナでスリル満点!のマリンスポーツに挑戦

朝食前にドライブをスタートした場合は、ここで食べていくと便利ですよ。 コーヒーやスムージー、ペストリーなどで軽めに済ませたい場合は「スターバックス」や「ジャンバジュース」、またはパンケーキや卵料理などをしっかり食べたい場合は「モエナ・カフェ」がおすすめ。

ローカルフードが食べたい場合は、ロコモコで有名な「ロコモコ・ドライブイン」や、ローカルに愛されるカジュアルなレストラン「ジッピーズ」、「パイナ・カフェ」もありますよ。

◇関連記事/大人気!ハワイで食べたいロコモコ12選

お腹がいっぱいになったらまたドライブを再開! ハワイカイを過ぎて、風光明媚なオアフ島南部から東部に向かう湾岸道路をドライブします。

◎ココマリーナセンター 
Koko Marina Center
住所:7192 Kalanianaole Highway, Honolulu Hawaii 96825 
電話:(808)395-4737
営業時間:9:00-21:00 ※店舗によって異なります。
ウェブサイト(英語):http://www.kokomarinacenter.com/

ハナウマ湾からマカプウ・ビーチまでの絶景ドライブ!

ココマリーナセンターを過ぎると、左側にハイキングトレイルで有名なココクレーターが見えてきます。ココクレーターを過ぎるとすぐ右側にはハナウマ湾への入り口が見えてきますので、寄りたい方はここで右折して駐車場に入りましょう。

◇関連記事/【動画付】ハナウマ湾でシュノーケリング!ランチはココマリーナで!

オアフ島でも最も人気のある観光スポットであるハナウマ湾は早朝到着しないと駐車場が満杯になることもあります。ここに寄る予定のときは、午前6~7時頃までには到着するのがおすすめ。なお、毎週火曜日は閉園ですのでご注意を!

ハナウマ湾自然保護区
Hanauma Bay Nature Preserve
場所:Hanauma Bay State Park 7455 Kalanianaole Hwy Honolulu, Hawaii
電話:(808)397-5840 
営業時間:6:00-19:00(冬季は -18:00)
定休日:火曜日
ウェブサイト(英語):https://hanaumabaystatepark.com/

ハナウマ湾を過ぎると、左側にはオアフ島創成の歴史を感じさせる層状の岩石、右側には息を呑むように美しい海岸線を望む湾岸道路に入ります。

絶景が望める素晴らしいドライブですが、運転手がよそ見をしていると危ないので、各所にあるルックアウト(展望台)に車を停めて景観を楽しんでくださいね。

この展望台には景観を遮らない低い壁しかありませんが、大波が突然来ることがあるため、壁を越えて海の近くに行くのは大変危険です。「危険:このポイントを越えるな」という標識がありますので、もしほかの人々が岩の上を歩いていても真似をしないでくださいね。

こちらのポイントを過ぎてさらに行くと、「ハロナ・ブローホール(Halona Blow Hole、ハロナ潮吹き岩)」の展望台があります。

こちらも駐車場のスペースが狭いので、ここでストップしたい場合は平日の早朝に来るのがおすすめです。この日は大型バスや乗用車の数が多く、残念ながら編集部員は車を停められませんでした…。

海岸線をさらに走って行くと平地に入ります。右側に見えてくるのはオバマ前大統領がハワイのバケーション中にボディサーフィンを楽しんだサンディー・ビーチ。

面積の広いサンディー・ビーチパークはボディサーファーやボディボーダー、そしてローカル住民の憩いの場となっています。ただし、このビーチは「ショアブレイク」と呼ばれる波打ち際で立つ波が非常に荒く、巻き込まれると危険なので遊泳には向きません。

日陰もないので、ここで時間を過ごしたい場合はパラソルや簡易テント持参をおすすめします!

◎サンディー・ビーチ・パーク
Sandy Beach Park
場所:8801 Kalanianaole Hwy., Honolulu, HI 96825

写真左上に見えるのが前出のハロナ潮吹き岩の展望台。サンディー・ビーチは目とは鼻の先です。

サンディー・ビーチを過ぎてしばらく走ると、マカプウ・ライトハウス・トレイルがある州立公園「カイヴィ・ステート・シニック・ショアライン(Kaiwi State Scenic Shoreline)」が右手に見えてきます。ここまで来ると、住所上ではもうホノルルではなくワイマナロとなります。

◇関連記事/Let’s Goハイキング!初心者も楽しめるトレイル4つ

マカプウ・ライトハウス・トレイルは舗装された歩きやすいトレイルで、片道25~30分程度で頂上に着きますが、途中傾斜が急な部分もあるので結構体力を使います。乾燥している地域で日陰もないので、ハイキングを楽しみたい場合は帽子とサングラス、ボトルウォーターを忘れず、熱中症予防をしましょう。

トレイルからは見渡す限り美しいオーシャンビューが楽しめます。マカプウはクジラのサンクチュアリ(保護区域)で、クジラがハワイを訪れる11月~3月頃までは運がよければ沖にクジラが見えるかも!? 

頂上の展望台からはマカプウからワイマナロまで続くマリンブルーの海と白砂のビーチ、そして沖に浮かぶマナナ島(別名ラビット・アイランド、奥)とカオヒカイプ島(別名タートル・アイランド)の無人島2島が見えます。

◎マカプウ・ライトハウス・トレイル
Makapu`u Point Lighthouse Trail
場所:Kaiwi State Scenic Shoreline, Waimanalo, HI
往復距離:約3.2km
往復所要時間:約50分~1時間
入場料:無料

マカプウ・ライトハウスを過ぎると、すぐ右側にボディサーフィンのスポットとして有名な「マカプウ・ビーチ」が見えてきます。白砂と青く透き通るような水がとても美しいビーチです。景観だけを楽しみたい場合は、ビーチ上の道路脇に広いスペースがあるので、数分車を停めて写真撮影するのもいいですね(ただし停めたまま置いていくのはNGです)。

そしてマカプウ・ビーチを過ぎると、すぐ左に「シーライフ・パーク・ハワイ」に入る標識が見えてきます。ドライブの途中で寄る場合、ここで左折してください。

◇関連記事/イルカと会えるだけじゃない!シーライフ・パーク潜入取材(動画付き)

海を見渡す広々としたマリンパークでは、心地よい潮風を感じながら、愛らしい海洋生物との触れ合いプログラムに参加できます。イルカと遊べるドルフィンプログラムや、シャークトレック、シーライオン(アシカ)、ハワイアンアカエイと体験できるプログラムなどもありますよ。

シーライフ・パーク・ハワイ
Sea Life Park Hawaii
場所:41-202 Kalanianaole Hwy., Waimanalo, HI 96795
予約&問い合わせ:0120-966123(パシフィックリゾート)まで。
ウェブサイト(日本語):https://www.hawaiisealifepark.jp/

ワイマナロ・ビーチからカイルアへ!

シーライフ・パークを過ぎると、しばらくして海辺の小さな町ワイマナロを走ります。海側に住宅が並んでいるためビーチは時々見える程度ですが、しばらく走ると右側に水色の海が美しい「ワイマナロ・ビーチ・パーク」が見えてきますので、ここで休憩しましょう。

芝生が広がる広いビーチパークはトイレやシャワー、遊歩道などの公共施設が整ったおすすめのスポット。海流も周りのビーチから比べると穏やかで、ライフガードタワーもあります。

ビーチには木陰も多くあるので、砂浜に座ってのんびりと楽しめますよ。ピクニックにも最適なスポットです。

◎ワイマナロ・ビーチ・パーク
場所:41-741 Kalanianaole Hwy., Waimanalo, HI 

カラニアナオレ・ハイウェイはハワイカイを過ぎるとワイマナロまで1レーンしかないため比較的ゆっくり進みますが、ワイマナロの町を出てカイルアへ向かう途中に2レーンになるので交通速度を上げることができます。ここからカイルアに行くためには、カラニアナオレ・ハイウェイが終わりとなるパリ・ハイウェイとのT字路で右に曲がります。

パリ・ハイウェイを直進すると名称は「カイルア・ロード(Kailua Rd.)」に変わります。

カイルア・ロードをそのまま直進し、次の十字路でハマクア・ロード(Hamakua Rd.)を右折、すぐヘキリ・ストリート(Hekili St.)で左折すると、左側にホールフーズ・マーケットのカイルア店正面駐車場が見えてきます。ホールフーズ・マーケットで停まってしばし休憩し、お土産ショッピングやランチ、ドリンク等を楽しみましょう。

ヘキリ・ストリートには「ブーツ&キモズ」もあるので、かの有名なマカデミアナッツソース・パンケーキにトライしてみては!?

◇関連記事/絶対食べたい!ハワイの美味しいパンケーキ20選

ブーツ&キモズのすぐ前には大型小売店「ターゲット」もあります。ここでも忘れずにお土産をチェックしていきましょう。


◎ホールフーズ・マーケット・カイルア店
Whole Foods Market Kailua

場所:629 Kailua Rd., Kailua, HI 96734
電話番号:(808)263-6800
営業時間:7:00-22:00
ウェブサイト(英語):https://www.wholefoodsmarket.com/stores/kailua

◎ブーツ&キモズ・ホームスタイル・キッチン
Boots&Kimos Home Style Kitchen
場所:151 Hekili St., Kailua, HI 96734
電話番号:(808)263-7929
営業時間:月曜、水曜~金曜 7:30-15:00
定休日:火曜日
ウェブサイト(英語):https://www.bootsnkimos.com

◎ターゲット カイルア店
Target
場所:345 Hahani St., Kailua, HI 96734
電話番号:(808)489-9319
営業時間:月曜~土曜8:00-22:00、日曜8:00-21:00
ウェブサイト(英語):https://www.target.com/sl/oahu-kailua/2697

カイルアからパリ・ハイウェイ経由でホノルルへ!

いよいよドライブも終盤に入りました。カイルアからパリ・ハイウェイを通ってホノルルへ向かいましょう。ホールフーズ・マーケットからは来た道を戻り、パリ・ハイウェイに入ってそのまま直進するとホノルルに帰ることができます。

パリ・ハイウェイからヌウアヌ地区まではハワイ王国時代の様々な史跡が残っているので、ハワイの歴史に興味がある方はチェックしてください。

史跡の中でも最も有名なのはもちろん「ヌウアヌ・パリ展望台(Nu‘uanu Pali Lookout)」。まだ行ったことのない方は、帰路にあるのでぜひ寄ってみてくださいね。

ヌウアヌ・パリ展望台は州立公園のため、ハワイ州民以外のビジターには普通乗用車1台につき$3の入場料がかかります。入場する前に駐車場にある支払機で支払いを済ませ、レシートをダッシュボードに置きましょう。

標高1,200フィート(約366m)の展望台からは、カイルアからカネオヘ湾の海を180度見渡す絶景が望めます。風が大変強いスポットで、階段もあるのでお子さまから目を離さないよう注意してくださいね。

ここは、ハワイ島から襲来しオアフ島を侵略したカメハメハ大王軍と、オアフ王の軍が凄絶な戦闘を繰り広げた歴史的で神聖な場所でもあります。

展望台に、戦闘についての説明が書かれた看板(英語)がありますので、時間があったら読んでみてください。大変興味深い史実が学べますよ。

◎ヌウアヌ・パリ州立公園
Nu‘uanu Pali State Wayside
場所:Pali Highway, Honolulu, HI 96817
ウェブサイト(英語):http://dlnr.hawaii.gov/dsp/parks/oahu/nuuanu-pali-state-wayside/

パリ・ハイウェイ周辺には他にも、「クイーン・エマ・サマーパレス(エマ王妃夏の離宮)」や、パリ・ハイウェイから右に反れるヌウアヌ・アベニュー(Nu‘uanu Ave.)の「マウナアラ(ハワイ王廟)」などの史跡が点在しています。

ヌウアヌ・パリ展望台からワイキキまで帰る一番分かりやすい方法は、パリ・ハイウェイを終わりまで行き、ダウンタウンを経由してアラモアナ・ブルバード(Ala Moana Blvd.)からワイキキへ帰る方法。

パリ・ハイウェイはサウス・ベレタニア・ストリート(South Beretania St.)を過ぎるとビショップ・ストリート(Bishop St.)に名称が変わります。そのままま直進するとアラモアナ・ブルバードとのT字路に出ますので、そこで左折します。

アラモアナ・ブルバードはダウンタウンからカカアコ・ワードエリアを通り左側にアラモアナセンターがありますので、買い物や食事をして帰るのにも便利ですよ!

◎アラモアナセンター
Ala Moana Center
場所:1450 Ala Moana Blvd., Honolulu, HI 96814https://goo.gl/maps/NhNi496TabU2
電話:(808)955-9517
営業時間:月曜~土曜9:30-21:00、日曜10:00-19:00
休業日:年中無休
ウェブサイト(日本語):https://www.alamoanacenter.com/ja.html

以上、オアフ南東部から東部を周る美しいドライブルートをご紹介しました。「ワイキキでは見られない風景を見てみたい」と思う方、次回のハワイではぜひドライブにチャレンジしてみてくださいね。

この記事が属するカテゴリー: オプショナルツアー


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ