ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
Eriko

【動画付】クイーン カピオラニ ホテルに滞在すべき11の理由

投稿者: Eriko 更新日:2018年11月13日

11 Great Things about Queen Kapi’olani Hotel

ワイキキでリーズナブルなホテルをお探しの方は多いと思います。と同時に、「でも安いからルームの老朽化は我慢します」という声もよく耳にします。そんな旅行者の方は必見! 約1年の大改装を経て、2018年10月に新装オープンしたばかりの「クイーン カピオラニ ホテル」がおすすめです。この記事では、Myハワイ編集部員の滞在体験をもとに、新しく生まれ変わりさらに魅力的になった同ホテルの全容を徹底検証していきます。編集部員がおすすめする11個のポイントとは?

クイーン カピオラニ ホテルについて

クイーン カピオラ 二ホテルは、ワイキキの東側ダイヤモンドヘッドの裾野にあるカピオラニ公園の側に位置しています。約3千万ドル(約33億円)を投じ行われた大規模な改装工事を経て、2018年10月に新装オープンしました。

ワイキキビーチやホノルル動物園が目の前という利便性を伴う立地条件、アットホームな雰囲気、サービスの良さからリピーターが多い隠れ家的なホテルとしても在住者や旅行者に人気を博しています。

◇関連記事/クイーン カピオラニで改装後のグランドレセプション開催

クイーンカピオラ二ホテル

それでは早速、新しくなってさらに話題を呼んでいるクイーン カピオラニ ホテルの11の魅力について迫ります! 

1.新しい!

当たり前のことですが、新しいのは気持ちよいですよね? 全315室の客室はモダンに改装されています。お部屋のインテリアはシンプル&モダン。それでいてどこか懐かしく温かみが感じられます。部屋に設置されたヘッドボードやランプなどの家具は、落ち着いた色調とやわらかな照明でコンテンポラリーなビーチの雰囲気が演出されています。

それでは気になるお部屋をご紹介しましょう。※限定で割引があることもあるので公式ウェブサイトを確認してみてください。

ダイヤモンドヘッドビュー

クイーンカピオラ二ホテル

今回筆者が滞在したのが、11階のこのタイプの角部屋でした。ワンルームですが広々としていて2人でも窮屈に感じなさそうです。ベッドに寝転ぶとダイヤモンドヘッドがクッキリ見えています。クィーンサイズのベッドはすごく寝心地がよかったです。ベッドの他にも、小さなテーブルと椅子、ソファも設置されているのでお部屋で寛ぐことも出来ます。

ワイキキのホテルによっては夜間は騒音が気になることもあるようですが、滞在中は、夜でも窓を閉めると外部の音はほとんど聞こえず静かでした。部屋にはテレビ、小さな冷蔵庫、セキュリティボックス付き。バスルームはシンプルですがバスタブも付いています(お風呂を使用したい場合はフロントデスクの人に伝えると栓をくれます)。

ダイヤモンドヘッドビューのお部屋からは海が部分的に見える部屋もあるとのことです。

ハワイの格安ホテル

QKプレミア1ベッドルーツスイート 

18階に位置するワンベッドルーム付きのスイート。角部屋で窓が両サイドにあり、ダイヤモンドヘッドとワイキキビーチの両方が贅沢に堪能できます。

しかも、他のホテルではなかなか見ることの出来ないダイヤモンドヘッド全体が綺麗にお部屋から見渡せます。さらに広いラナイにはテーブルやチェア、ソファも設置され、ラナイも1つの部屋として寛げる空間になっています。ラナイからは息を呑むほどの絶景が望めます。

クイーンカピオラニ、部屋

ベッドルーム付き

ハワイ旅行、格安レート、安いホテル

窓が大きくて明るいリビングルーム! ワイキキがパノラマ状で見渡せます。

スイーツ、ハネムーン、クイーンかピオラニホテル

ミニキッチンがあると何かと便利! 

クイーンカピオラ二、スイート

ラナイ(バルコニー)からは息を呑む美しい景色が望める!

プレミアムオーシャンビュー

18階に位置するワンベッドルーム付きのスイート。ベッドルームからもパノラマ状に海が見渡せます。

スタンダードルーム

夜になるとビルや山肌に立ち並ぶ家の明かりなどで素敵な夜景が楽しめます。昼間の買い物や観光の疲れから開放されて、夜景を見ながらゆったりとお部屋で寛いでみるのも良いですね。スタンダードオーシャンビューもこのタイプと同じ価格で提供されています。

クイーンカピオラ二、シティビュー

2.安い!

料金はワイキキの他のホテルと比較するとお得です。今ならオープン割引もあるのでさらにお得に予約が可能。先述しているように、1泊$139~(スタンダードシティビュー、スタンダードオーシャンビュー)から予約が可能です。1泊$100台で新しいホテルに宿泊出来るところはワイキキではおそらくここだけだと思われます。クイーン カピオラニのルームレートはこちらからご覧になれます。(※ルームレートは日々変動します)

3.お洒落なインテリア! 

ミッドセンチュリーモダン(1940年~60年代に生まれた、アメリカを中心とした産業デザインを施された家具)がテーマのホテルのファーサード(建築物)にインスパイアされたインテリアは、ヴィンテージの椅子やテーブル、照明、家具などを導入。ホテルに一歩足を踏み入れると、そこはモダンでありながらどこか懐かしいノスタルジックな雰囲気漂う素敵な空間となっています。

カパフル通りのエントランス近くにある通りに面した正面部分は、同ホテルのシンボルでもあるフラワーモチーフの外壁をそのまま残しつつ新しい照明を設置。1階、到着およびロビーエリアのインテリアやお店は全てリノベーションされています。

入口は2つあります。ひとつは先述のカパフル側で、もう1つは逆側の車寄せエリア。レセプションデスクを車寄せの側に移動させることによって、人々の行き来をスムーズなものにして以前より利便性が高まりました。

ノッツコーヒーロースターズ

大学の図書館を彷彿させるレトロ感が素敵!

クイーンカピオラ二ホテルのロビー

照明がミッドセンチュリーモダンしてる!?

カピオラニ通り側1階のテラス

ミッドセンチュリーモダン、クイーンカピオラニホテル

4.カピオラ二王妃のレガシーとワイキキの歴史

クイーン カピオラ二 ホテルは、ハワイ王朝のクイーン・カピオラ二(カピオラ二王妃)のライフストーリー抜きでは語れません。カピオラ二は1863年にハワイ王朝7代目の王カラカウアと結婚し王妃となりました。カピオラニは、アートや音楽をこよなく愛し、ポロやサーフィンなどのスポーツをたしなみ、異国へ旅し海外の社交界で文化交流を率先した文化的な女性だったと言われています。さらに、ハワイに女性と子どもの病院「クィーンカピオラ二ホスピタル」を建設するなど、ハワイの人々に多大な貢献をしたことは有名な話です。

1967年にカピオラ二王妃の名前から取ったカピオラ二公園が見下ろせるロイヤルランド(王家の土地)に建設された同ホテルは、50年以上もの間、ローカルの集いの場として愛されてきました。カピオラ二王妃の愛したアート、ビーチ、音楽、人々など、王妃のレガシーを引き継ぎカルチャーやホスピタリティを人々に提供することをモットーとしています。

お洒落なインテリア

中2階に展示されているカピオラ二王妃の肖像画

5.ダイヤモンドヘッド! 

いくら見ても飽きることのないのがダイヤモンドヘッド! クイーン カピオラ二 ホテルは、このオアフ島のアイコン的な山に最も近いホテル。ダイヤモンドヘッドはホテルのあらゆる場所から見え、時間帯や季節によって変化する様々な顔を楽しむことが出来ますよ。ちなみに、以下に紹介しているのはほんの一部です。

ペントハウスから見るダイヤモンドヘッド

ダイヤモンドヘッド

3階のデックから見るダイヤモンドヘッド

ダイヤモンドヘッドの景色

ダイヤモンドヘッドと朝ヨガ

ダイヤモンドヘッド、ヨガ

ダイヤモンドヘッド&日の出@お部屋(ダイヤモンドヘッドビュー)

ダイヤモンドヘッド、絶景、ハワイ

6.アートが楽しめる!

ホテル内の各階にテーマを決めたアートや写真がディスプレイされ、まるでギャラリーのようです。ホテルのテーマの一つでもあるワイキキのゴールデンエージ(古き良き時代)を司った展示物や、ハワイ王朝の人々の肖像画は必見の価値あり。宿泊した際にはホテル内でのアート巡りを楽しんでみては?

1階のコンテンポラリーアートの壁画

ホテルのロビーエリアは、ワイキキのゴールデンエージ(1955年~65年)をテーマとした展示がされています。その中心となるのがハワイ在住の作家による3つのコンテンポラリーアートの壁画。(下参照)壁画に関する詳しい情報はこちらの記事に書かれています。

また、ノッツ・コーヒー・ロースターズには、歌川広重の東海道五十三次にインスパイアされた、ダイヤモンドヘッドを様々な角度から撮影した12枚の写真が展示されています。

ノッツコーヒーロースターズ

作品名:ワイキキ ファン(Waikiki Fun) 作家名:ニック・カッチャー(Nick Kuchar)
チェックインカウンター横の入口から入って一番目にある壁画。

ニックカッチャー

作品名:ウルコウのレイ・グリーター(Lei Greeter of Ulukon) 作家名:マイク・フィールド(Mike Field)
ロビーの中心に展示

ニック・カッチャー、グリーンルーム

作品名:マカとパイナップル・ボーイ(Maka and Pineapple Boy) 作家名:ケィティ・ボーデン(Katie Borden)
ノッツ・コーヒー・ロースターズの横に展示

サーフカルチャーの展示物

ハワイのレジェンダリーサーファー使用のサーフボード、超レトロなボディーボードなども展示されています。(2枚目の写真はハワイ初代のボディーボード)

ハワイの伝説のサーファー、デュークが使用していたのと同じサーフィンボード、デュークが着用していたのと同じアロハシャツも展示されています。

ハワイのサーファー、サーフィン、ボディーボード

ハワイ王朝の肖像画

The Good Old Days of Waikiki(ワイキキの古きよき時代)を象徴するサーファーや当時のレアな写真を鑑賞して、ワイキキのゴールデンエージ(黄金時代)にタイムスリップ。さらにカピオラ二王妃をはじめとするハワイ王朝の人々の肖像画などが展示されている中2階のエリアはクラシックな雰囲気が漂い、まるで美術館にいるような感覚に浸れます。

ハワイ王朝

ハワイ王朝の人々の肖像画

カメハメハ大王、カラカウア

伝説のサーファー、デューク・カハナモクと女の子

デューク、サーファー

各階のアート展示物

各階にはハワイ旅行ポスターのコレクションが展示されています。下の階から順番に見ていくとハワイの観光地としての歴史がよくわかり面白いかもですよ。稀少なポスターもあります。

ハワイ旅行、ハワイ旅行者

古き良きワイキキのフラガールたち

グリーン・ルーム・ギャラリー

1階ロビーに位置するグリーン・ルーム・ギャラリーはコンテンポラリー・サーフアートを中心とした作品が展示され購入できます。マイク・フィールド、ニック・カッチャー、ケイティ・ボーデンをはじめとするハワイ在住の人気アーティストのアートがウォールサイズ、絵葉書、Tシャツ、エコバックなどの商品で提供されています。ロビーに展示された壁画のポスターもこのお店で手に入ります。ホテルに滞在した記念に購入したら帰国してもハワイ旅行の余韻に浸れそうです。

グリーンルームギャラリー

グリーンルーム

7.ホノルル動物園やカピオラニ公園が近い!

ホテルの周辺はビーチや緑が多い場所なので散策するのに最適。ワイキキの喧騒から離れた静かなロケーションでもあるクイーン カピオラ二 ホテルは、ホノルル動物園、カピオラ二公園、ダイヤモンドヘッド、KCCファーマーズマーケットまでも徒歩圏内で観光には超便利なロケーションに位置しています。

カピオラニ公園は12月初旬に開催されるホノルルマラソンのゴール地点でもあるので、ゴールをした後にすぐシャワーを浴びて休めるという事からランナーにはすでに大人気。また、同公園では頻繁にコンサートやイベント、アート展が開催されています。

土曜日の朝は早起きしてKCCのファーマーズマーケットへ出かけてみたり、グルメ街で有名なモンサラット通りやカパフル通りへふらっと出かけてみるのも楽しいかもです。ゆったりとしたハワイライフを満喫出来そうですね。

◇関連記事/人気連載「ハワイ写真集」 Vol.17-カピオラニ公園
◇関連記事/KCCファーマーズマーケット完全版!人気の店23選
◇関連記事/【オアフ島ガイド】家族連れに大人気スポット「ホノルル動物園」徹底取材!

クイーン カピオラニ ホテル、30億円投資 改装

8.ホテル内でのアクティビティが充実している

ホテル内ではプールやジムなどの設備に加えて、ホテル内で提供されているアクティビティもあり、ハワイでの滞在をより楽しいものにしてくれそうです。今回編集部がトライしたのは以下の通り。同ホテルで提供されているアクティビティはこちらのページから確認出来ます。

プール

3階のレストラン、デックの横に位置しています。サイズは大きくありませんが、ダイヤモンドヘッドの景色を眺めながらゆったりと過ごせますよ。プールサイドのバーで購入したドリンクが楽しめます。

フィットネスセンター

2階にあるフィットネスセンターは、宿泊者なら誰でも無料で使用できます。24時間オープンで広さ2,100スクエアフィート(約195平方メートル)あり、ワイキキのホテルでは最も大きなフィットネスセンターの1つです。エクササイズマシーンも設置され、本格的なワークアウトも可能です。

サーフィン

同ホテルの1階にあるハンズヒーデマンサーフスクールでサーフィンやサップのレッスンが受けられます。ワイキキビーチでインストラクターと一緒に初心者でもサーフィンが楽しめます。レッスンは宿泊者でなくても受けられます。グループ別、プライベートレッスンなどもあり、数日続けて受けることも可能で、好みに合わせたレッスンが受けられます。詳細はこちらのページからご覧下さい。サーフボード、ラッシュガード、ビーチシューズは同店で貸してくれ、ロッカーに貴重品も保管してくれます。

編集部アシュリーもサップに挑戦!  ハードだったそうです。

サーフィンにも挑戦のアクティブガール! サーフィンの方がサップより簡単だそうです。

ヨガ

週2回、3階のデックでヨガのクラスが開催されます。ワイキキのヨガスタジオYogalogha Hawaiiの講師が行うヨガクラスは、呼吸法が中心で初心者から経験者まで、誰でも無理なく参加することが出来ます。マットとタオルは無料でレンタル可能。

日時:土曜日 7:00-8:00、水曜日 18:00-19:00(15分前にロビー中央で集合)
時間:1時間
料金:宿泊者 $10/1回、宿泊者以外 $15/1回

DIY ボタニカル・パーフュメリー・バー(DIY Botanical Perfumery Bar)

純粋なアロマオイルとエキスなどをブレンドしてバスソルトやボディケアアイテムを作るクラス。アロマセラピーのスペシャリスト「Aloha Apothecary」と「AIM HI Every Day オーガニックスキンケア」が主催者。
編集部員が今回の滞在中にトライしたのは、バスソルトとフットスパ用のソルト作り。オーガニックコスメの工場をノースショアで営むベティ・ゲリーさんの指導で用意された材料で簡単に作れます。参加者はレシピも貰えるので、自宅で自分でも作ることが出来るのも嬉しい。

1階のロビーで行われるイベント。

今回はシーソルトやアロマオイル、植物エッセンスをミックスしてバスソルトを作成しました。参加者にはレシピも提供されます。

アシュリーが作ったのはフットスパ用のソルト。

講師のベディさんは素敵な女性!

日時:第一火曜日 16:00-18:00(今年は11月6日と12月3日)
時間:30~60分のクラス(17:30が最終クラス)
料金:宿泊者 $35/クラス1回につき、宿泊者以外 $45/1回

9.グルメが楽しめる

デック

3階に位置するオープンエアのレストラン。ダイヤモンドヘッドの絶景を目の前に食事が楽しめるレストランはここだけ。シーフードからステーキ、野菜料理などバラエティ豊かなメニューも魅力的。カクテルやワインの種類も豊富です。

◇関連記事/国際外食企業が新レストラン&カフェ運営を発表

オープンエアで景色を見ながら食事が楽しめる!

ノッツ・コーヒー・ロースターズ

1階のカパフル・アベニュー側の入口横に位置する東京発の本格的コーヒーショップ。一日中、コーヒーだけでなく軽食やカクテルが楽しめます。

◇関連記事/ハワイ初上陸!ワイキキのお洒落な最新カフェ

デイリーハッピーアワー・スペシャル

ドリンクやおつまみなどがお得に食べられるハッピーアワーはぜひ利用すべし! クイーン カピオラ二の両方のレストランでハッピーアワーが開催されます。

◎ノッツ・コーヒー・ロースターズ 毎日15:00-17:00、レイトナイトハッピーアワー 毎日21:00-22:00
コーヒーやティーが$2、ビール$4、ワイン$7、カクテル$7、おつまみが$2~7で食べられます。

◎デック 17:00-20:00
サンセットセッションの日替わりメニューとライブミュージックが楽しめます。詳細はこちらから確認できます。

10.アロハ精神溢れるサービス

クィーンカピオラ二ホテルは最高のサービスに定評があります。これは、ハワイの文化を愛しハワイ語で会話することを好みながらも、ヨーロッパの舞踊を学ぶなど、進取の気性に富んだカピオラニ王妃の名を冠し、彼女の座右の銘「Kūlia i ka nu’u(努力して最高を目指す)」をモットーとしているからだとか。

スタッフたちのホスピタリティに溢れるアロハ精神たっぷりのおもてなしで、心地よいハワイ滞在を過ごせるに違いありません。

11.エコ活動を推奨している!

クィーンカピオラ二ホテルはリサイクル活動を推奨して実行しているホテルです。例えば、各部屋のバスルームで提供されている日焼け止めクリームなどのアメニティは環境に優しいものを使用。飲み水も1階のウォーターディスペンサーで、各部屋に置いてあるグラスや自前の水筒などに補充することが出来ます。(下写真)

さていかがでしたか? クイーンカピオラ二ホテルに滞在した編集部員の感想は、新しくて気持ちよく過ごせ、居心地満点、価格も納得のいく安さだし、利便性も良くて言うことなしでした。皆様もぜひ体験してみてくださいね。次回のハワイ旅行のお役に立てれば幸いです。

クイーン カピオラニ ホテルの詳細は、公式ウェブサイトwww.QueenKapiolani.com (英語)にて確認できます。

◇関連記事/編集部が選ぶ本当におすすめのハワイ、オアフ島のホテル15選

◎クイーン カピオラ二 ホテル
住所:150 Kapahulu Ave Honolulu,Hawaii 96815
電話:(808)922-1941
ウェブサイト(英語):http://www.queenkapiolani.com/our-hotel.htm
料金&予約:http://www.queenkapiolani.com/hawaiian-accommodations.htm
フェイスブック公式ページ(英語):https://www.facebook.com/queenkapiolanihotel
インスタグラム公式ページ(英語):https://www.instagram.com/queenkapiolanihotel/

この記事が属するカテゴリー: オアフ島のホテル, ホテル


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*