ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
ハワイ歩き方事務局
人気連載「第12回 ハワイモニター旅行当選者2」

当選者 埼玉県 岡田様 ウクレレ兄弟のハワイアン・カルチャーな旅 その3

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2005年02月14日

第12回ハワイモニター旅行当選者 埼玉県 岡田さん

2日目 ハワイの文化を堪能



美しい景色、波の音、すがすがしい風

朝起きてみると、天気は晴。早朝の薄暗い中、ラナイに出てみると、眼下にライトアップされたプールに蘭の花が浮かび上がり、右のほうから波の打ち寄せる音が聞こえてきました。すがすがしい朝です。

ウェルカム・フルーツと、昨日買っておいたパンで朝食をとりました。1階のハウス・ウィズアウト・ア・キーの前でセルフ・サービスのコーヒーがもらえます。部屋に持ち帰り、ラナイで飲みました。海をながめながら、ラナイで飲むコーヒーは何とも言えません。滞在中は毎朝のようにこのコーヒーのお世話になりました。

今日は午前9時30分集合で、ビショップ博物館のホ・イケ・イケ・ツアーの日です。9時すぎにホテルを出て、集合場所のシェラトンのバス乗り場に向かいました。25分には送迎バスが来たのですが、出発してすぐ救急車が交差点の近くに止まっていて、大型バスが角を曲がれないため、その後にいた我々のバスも動けません。日系2.5世(自称)の老運転手は遅れることを気にもせず、観光案内、自慢話とマイクを通しておしゃべりを続けます。「これがハワイアン・スタイルか」とあきらめかけた時、なんと歩道に左側のタイヤを乗り上げて、大型バスの左側を通り抜けてしまいました。あと2軒ほどホテルに寄ってピックアップした後、フリーウェイを飛ばします。その間も、運転手は後ろを振り向きながらマイクを片手におしゃべり。こちらがヒヤヒヤする中をようやく無事にビショップ博物館に到着しました。


ケアロハ先生と、短いながらも楽しいウクレレ・レッスン

受付で支払いを済ませ、日本人ガイドさんの案内で博物館に向かいました。この建物は「外壁には溶岩、内装と階段にはコアの木を使用している」との説明がありました。確かに、今では貴重品となってしまったコアの木がいたる所にふんだんに使われています。「このきれいな木目のコアの木を使ったら、いったいどれくらいのウクレレが作れるのだろう」と不謹慎なことまで考えてしまいました。

午前中は中央のハワイアンホールに入り、1階で歴代のカメハメハ王朝の説明をしばらく受けました。時間が短かったので1階の展示しか見られませんでした。次回は時間をかけて、じっくり見学したいと思いました。その後、中央の舞台で古典フラ、現代フラのショーを見学。12月ということで、ダンサーの花飾りやレイもクリスマス風のものでした。

昼食は和風のランチで、それにパイナップル、ロミロミサーモン、ラウラウ、カルアピッグのハワイ料理がそれぞれ小さなプラスチックの容器に入って付いていました。


私達の手作りレイです

午後はウクレレ・レッスンとレイ・メイキングを行いました。レイ・メイキングは全員同じですが、ウクレレとフラは曜日によって選ぶことができます。我々はウクレレを選びました。まずは、ウクレレ。先生はハワイアンのケアロハ先生。白い髪と鬚を伸ばした優しそうな先生です。生徒は3人。私と弟と、もう1人の年配の男性。この方は「奥さんがフラのレッスンを受けるのでその間、初めてウクレレを受けることにした」とのことです。メジャーの3コードを練習した後、「ユー・アー・マイ・サンシャイン」を練習。時間が短めでしたが、本当に楽しく練習できました。

その後、日本人ガイドさんの説明を受けながら、ティーリーフを使ったレイに挑戦。2本のティーリーフを編み込んで、最後にプルメリアの花を飾るというシンプルなものです。簡単なので、初めてでも楽しめました。「ティーリーフには魔除けの意味がある」というので、家に持ち帰り、今でも玄関に飾ってあります。

午後1時30分に終了し、2時までは自由時間。2時にバスで出発し、2時30分ころにシェラトンのバス乗り場に到着。帰りは幸い? 別の運転手でした。

ホテルに戻る途中、水着を購入して、ハレクラニのプールに行ってみることにしました。プールサイドに行くと、係の人がタオルを用意してくれます。デッキチェアーに寝そべったり、泳いだりしてしばらくの間優雅にすごしました。これは余談ですが、プールサイドで巨人の清原選手を見かけました。弟によると、他にも野球の選手を何人か見かけたとのことでした。

カクテル・パーティーへ


カクテル・パーティ、粋な計らいです

着替えて、午後5時30分から行われるホテルのマネージャー主催のカクテル・パーティーに出かけました。ホテル2階のハウテラスで行われるこのパーティーは、毎週水曜日に滞在しているホテルゲストが招待されます。このレストランは周りのガラス扉をすべて開放してあり、さわやかな風が通り抜け、ピアノの生演奏もあり、優雅な雰囲気でした。飲物とオードブル程度の立食パーティーですが、味のほうはさすがにハレクラニという感じで、おいしいものでした。最初のうちは日本人の姿を見かけましたが、しばらくすると皆部屋に戻ってしまったようです。英語での会話が楽しめないと長居はしにくいですね。我々も1時間くらいで退出しました。

夕食は、初日に見かけたチーズバーガー・ワイキキという店に行きました。ここは以前シズラーがあった場所です。クア・アイナに行けなかったので、期待してアボカドバーガー、オニオン・リング、飲物を注文しました。オニオン・リングはおいしかったのですが、アボカドバーガーはパンの部分がハンバーガーには合わない感じがしました。以前、マウイ島で食べたチーズバーガー・イン・パラダイスのアボカドバーガーはおいしかったのに、「あの店の支店ではないのかなぁ」とがっかり。その後、DFSギャラリア・ワイキキロイヤル・ハワイアン・ショッピング・センターで買物をしてホテルに戻りました。

この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート
関連キーワード: ウクレレ兄弟, ハワイアン・カルチャー, ハワイ旅行, プレゼント, 埼玉県, 当選者, 懸賞, ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*