ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

ハワイ島 フルーミン・ダ・ディッチ

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2006年10月15日

オアフ島を制したら、まだまだ未知の魅力あふれるネイバーアイランド(隣島)へ飛び出しましょう極上のリゾート、どこか懐かしいオールド・ハワイ、ダイナミックな自然… ネイバーアイランドには新たな発見がいっぱいです。このコーナーではマウイ島とハワイ島を中心に、現地レポーターがネイバー最新情報をお届けします。

フルーミン・ダ・ディッチ

Flumi’in Da Ditch
(2006年10月15日のハワイ島沖地震のため、フルーミン・ダ・ディッチは閉鎖されました。)ビッグアイランドの北部、ノースコハラには、ダイナミックな自然を満喫できるアウトドア・アクティビティがたくさんあります。その中でも特にユニークで注目度大なのが、今回ご紹介するフルーミン・ダ・ディッチ。コハラ・マウンテンの渓谷の中を貫く水路をカヤックで下っていくツアーです。

ハワイでカヤックといえば、海岸線を漕いでいくシーカヤックが一般的。でも、このツアーではサトウキビの灌漑用に作られたコハラ・ディッチと呼ばれる用水路をクルーズします。実はこのコハラ・ディッチは、およそ100年ほど前に日本からやってきた移民たちの手によって造られたものです。大変な難工事と犠牲の上に出来上がったのですが、ハワイ島に住む人たちですらその歴史はおろか、このノース・コハラに灌漑用水路があることさえ知る人は多くありません。フルーミン・ダ・ディッチは、そうした秘められたヒストリカルな側面もガイドしてもらえ、普通のスポーツ・アクティビティとはひと味もふた味も違うツアーなのです。

出発は午前8時30分からと午後12時30分からの1日2回。まずはビッグアイランドの北端部にあるハヴィ(Hawi)という小さな町にあるツアーのオフィスに集合します。ここでチェックインし、コハラ・ディッチの簡単な歴史やカヤックの操作法のレクチャーを受けた後、シャトル用のミニバスに乗ってカヤック乗り場へ向かいます。

ディッチは流れも緩やかだし、幅が限られているので、海で行うシーカヤックのようにカレントや横波を心配する必要はありません。カヤック体験が全く初めてでも、操作に手こずったり、あらぬ方向にいってしまうようなことがないという訳です。また、水深は腰よりも浅いので、もす水の中に落ちることがあっても足がつくので安心。各カヤックには4、5人が乗れ、必ず1艘づつにガイドがついてくれます。このガイドさんたちは、みんな地元のロコ。ノース・コハラ・エリアとこのディッチの事を知り尽くし、行程中コハラのヒストリーや自然を楽しく語ってくれます。

水路は全長36キロ。ツアーはその中の一部を下ります。途中トンネルや水路橋があったり、脇から流れ込む水しぶきを頭からかぶったりと、アドベンチャ−気分も満点。熱帯雨林のジャングルや水路の幅も広くゆったりとした草原地帯など、次々に移り変わる風景も見る目を飽きさせません。身をかがめないと頭をぶつけそうな狭いトンネルやうっそうと茂るジャングルの中を通ると、本当に100年も前にこんなところに、どうやって水路を造ったのかと驚かされます。全水路中には57のトンネルと19の水路橋があり、全長のうちのなんと半分以上がトンネルなのです。

1905年に工事は始まりました。雇われた日本人の人夫600人は、険しい地形のために水路へ機械を入れることができない渓谷の工事現場へ、毎日崖をよじ登って通ったそうです。そして、つるはしとダイナマイトの手作業で掘り進んでいったとか。当時のハワイでは、他国人の労働者では進まない危険な工事や過酷な仕事を、勤勉な日本人労働者が請け負うことが多かったのです。作業中の事故で17人の人夫が命を落としましたが、それでも1年半という驚異的な早さで用水路は完成。お陰でノースコハラのサトウキビの収穫量は3〜4倍にもなったのだそうです。ツアーで通るトンネルの中には日本語で書かれた落書きもあり、当時の人夫達の気持ちが伝わってくるようで、思わずしんみりしてしまったりもします。

カヤッキングしている時間は2時間ほど。ツアー・オフィスには午前の部で11時30分、午後は15時30分ごろ戻ってきます。ツアーでは水に濡れるのは必至なので、水着か乾きやすいTシャツ、ショーツなどの着用がオススメ。また、靴も濡れていいもの(かかとが留まるビーチサンダルなど)を穿いていくか、持参がベター。もちろん、着替えやタオルも準備しておくのがいいでしょう。

●フルーミン・ダ・ディッチ
Flum’in Da Ditch
住所:Bldg #3, 55-519Hawai Road, Hawi, HI 96719(旧コハラ・シュガー・プランテーション・ヘッドクォーター)
電話&ファックス(日本語可):808-883-0116(但し、受付時間は日本時間の午前3時-午後3時)
営業時間:7:30-16:30
Email:japanese@flumindaditch.com
ホームページ:www.flumindaditch.com
料金:大人 $85、5〜18歳 $65(5歳以下は参加不可)
*48時間以内のキャンセルはキャンセル料が発生します。

(2002年6月更新、2007年更新)

この記事が属するカテゴリー: ハワイ島, 離島案内
関連キーワード: ハワイ島,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*