ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ハワイ州の失業率、1桁台に改善

投稿者: キョーコ 更新日:2021年01月28日

State jobless rate decline to 9.3%

スポンサーリンク

米労働統計局最新データ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大で、ハワイ州は失業率が全米で最も高く、州経済に深刻な影響を及ぼしていますが、米労働統計局がこのほど発表した最新データによりますと、ハワイ州の2020年12月の失業率が、9ヵ月ぶりに1桁台に改善されたことが明らかになりました。

ホノルル・スターアドバタイザー紙の報道によりますと、コロナ禍以前のハワイ州の失業率は2.5%前後と全米で最低水準となっていましたが、緊急事態宣言発令後の2020年4月の失業率は23.8%、5月は23.5%と国内でも最高レベルに達していました。

ハワイ州では昨年10月15日から米国内向けに入国規制緩和措置を講じ、ハワイ渡航72時間前に指定の機関で事前検査を受け、陰性証明書を提示した場合に、到着後14日間の自主隔離を免除しているほか、同11月6日からは日本からの旅行者にも同様の渡航安全プログラムを実施。州ビジネス・経済開発・観光局のユージン・ティアン主席エコノミストは、これらの取り組みが奏功し、労働市場の改善に繋がったと説明しています。

米労働統計局のデータによると、ハワイ州の失業率は大きく改善されたものの、依然として国内でもっとも高く、ネバダ州(9,2%)、カリフォルニア州(9%)と続いています。

(Honolulu Star-Advertiserより)

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています!

◇ハワイの2020年破産申請件数、前年を下回る
◇ハワイ経済、コロナ禍以前の水準回復は2025年
◇ハワイの観光業回復は「夏以降」
ハワイの人口減少傾向、新型コロナで深刻化
◇ハワイ住民の7割が「経済的に困窮」

新型コロナウィルスの関連情報

◇【毎日更新】ハワイの新型コロナウイルス最新情報【感染状況・フライト・入国規制】随時更新!
◇1/26からハワイ州を含む米国渡航者、陰性証明取得が必須に
◇ハワイ州でコロナ変異種を検出
◇ハワイで大規模ワクチン接種始まる
◇マウイ郡、接触確認アプリを本格導入
◇ハワイから日本へ コロナ禍の旅行体験記【国際線利用や到着までの流れなど】
◇ハワイの観光業回復は「夏以降」
◇ハワイ到着後の隔離期間を10日に短縮
◇ハワイにいなくてもハワイを感じられる10のアイデア

スポンサーリンク

新型コロナウィルス関連情報はMyハワイをフォロー!

Myハワイでは今後も、ハワイの新型コロナウィルスに関する最新情報をいち早くお届けしていきます。ウェブサイトをブックマーク、またはインスタグラムフェイスブックツイッターでも最新記事をお知らせしているのでぜひフォローください! ニュースレターも週に一度配信しております。

Myハワイ編集部ブログを再開しました!

しばらくお休みしていたMyハワイ編集部ブログを再開! 編集部員の呟きのような感じで、毎週ハワイから生の情報をお伝えしますので、気軽に読んで頂けたら嬉しいです。ブログページはこちらから!

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ