ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Myハワイ編集部

【6/19 更新】ハワイの新型コロナウイルス最新情報【感染状況・フライト・入国規制】

投稿者: Myハワイ編集部 更新日:2021年06月20日

Latest News on Coronavirus in Hawaii

世界中で感染が拡大している「新型コロナウイルス」ことCOVID-19。いまだ感染が拡大している国々もある中、世界の人々が訪れる観光地のハワイでも拡大防止のための多様な対策が実施されています。

Myハワイでは、ハワイ州内における新型コロナウイルスに伴う状況を随時更新しています。さらに、ハワイ‐日本の飛行機の運航状況も、最新情報としてアップデートしていますので確認ください。

<目次>
1.ハワイの新型コロナウイルス感染状況  2021年6月18日(金)更新!
2.ハワイにおける隔離状況 
3.ハワイへのフライト運休状況について 2021年6月10日(木)更新!New!
4.ハワイの新型コロナ関連記事
5.新型コロナウイルス、ハワイのこれまでの経緯
◆2020年3月~11月までの情報は別記事でもご覧になれます。

 

スポンサーリンク

1.ハワイの新型コロナウイルス感染状況

 

ハワイ州の感染者数 6月18日(金)37,214(前日比+44。うち死者510人+3

現在、ハワイ州では、米本土と日本の渡航者を対象に事前検査プログラムを実施しており、出発前72時間以内にハワイ州認定の医療機関で行ったPCR検査の陰性証明の提示により、ハワイ到着後の10日間の自己隔離措置が免除されます。事前検査プログラムに参加しない方は渡航日3日以内に行った検査の陰性結果を入国の際に提示する必要があります。

2021年6月

◆新規感染者にデルタ株が報告されました。
詳細はこちら

オアフ島で6月11日から警戒レベル緩和
詳細はこちら

◆ハワイ州、ワクチン接種完了率6割でレストラン規制緩和へ
詳細はこちら

◆ハワイ州、ワクチン接種率70%到達でコロナ渡航規制 全撤廃へ
詳細はこちら

◆新型コロナに関する最新調査でハワイ在住者が楽観的な見解を示していることがわかりました。
詳細はこちら

2021年5月

◆5月30日(日)ハワイ州内の新型コロナ関連死者が500人に到達。全米では死亡者数が最も少ない州とされています。

◆ハワイ州、屋外でのマスク着用義務撤廃へ
詳細はこちら

◆ハワイのイゲ州知事は、失業保険受給条件をコロナ禍前に戻すと発表
詳細はこちら

◆ハワイ島がコミュニティーで行っている、無料の新型コロナウイルス検査が5月22日を持って終了

◆ハワイ大学が学生にワクチン接種を義務付け
詳細はこちら

◆5月13日(水)ハワイ州、12歳から15歳までのプレティーンへ新型コロナウイルスのワクチン接種を開始.。
詳細はこちら

◆5月11日(火)ハワイでワクチンパスポートの運用が開始されました。
詳細はこちら

◆5月7日(金)オアフ島は今後4週間は現在の警戒レベルを継続。カウアイ島は警戒を強化へ
詳細はこちら

◆5月4日(火)マウイ市郡では、空港到着後のPCR検査義務付けを開始しました。検査を拒否した場合には10日間の自己隔離を強いられます。

2021年5月以前のコロナ関連記事はこちらからご覧になれます。

 

スポンサーリンク

2.ハワイにおける隔離状況

現在、州外からのハワイ渡航者全員に対して10日間の隔離措置が取られています。「ハワイ・セーフ・トラベルズ・プログラム」に参加して、ハワイ州が指定する医療機関で渡航前72時間以内に行ったPCR検査の陰性証明をホノルル国際空港到着時に提示できる人のみ、この自己隔離を免除されます。

なおハワイ州を含むアメリカ合衆国全土で、入国の際の陰性証明の提示が義務化されています。ハワイへ渡航する際には、事前検査プログラムに参加しない場合でも陰性証明は必須となっており、証明書がない場合には飛行機への搭乗ができません。
詳細はこちら!

ハワイ旅行者にPCR検査を提供している医療機関一覧【都道府県別】

2021年6月15日(火)より、ハワイの隣島間の渡航者に対するコロナ規制を全終了されます。隣島を行き来する場合に義務付けられているPCR検査と到着後の自己隔離義務は、撤廃されます。ワクチン接種をどこで受けたか、またワクチン接種を完了しているかなどに関係なく、島間旅行者の事前検査、ならびに自己隔離措置は不要となります。

また6月15日(火)から、ハワイ州でワクチン接種を終えた渡航者は、ハワイ州外からハワイへ来る際に陰性証明書を提示をせずとも、到着後の自己隔離義務を免除されます。
詳細はこちら!

 

◆オアフ島

現在新型コロナの感染率を示すデータに基づく4段階に渡る経済再開プランを実施していますが、6月11日(金)から一番緩い段階の「レベル4」に変更されました。
詳細はこちら!

◆ネイバーアイランド(隣島)

その他、カウアイ郡(カウアイ島)、ハワイ郡(ハワイ島)、マウイ郡(マウイ島、モロカイ島、ラナイ島)では、到着後はそれぞれの市郡が設定したコロナ規制に従って行動しなければなりません。現在は、マウイ郡、ハワイ郡では島到着後の陰性検査は実施していません。

 

 

3.ハワイへのフライト運休状況について 

新型コロナの影響による、ハワイー日本間のフライトの変更、臨時運休については以下をご覧ください。

運航または運休などのスケジュール詳細は、各社の公式ウェブサイトを確認ください。

◆日本航空(JAL)

ハワイ行きの直行便、成田‐ホノルル、成田‐ハワイ島コナ、中部‐ホノルル、関西‐ホノルル~2021年9月末まで

◇JALが9月末までの運航計画を発表。超過手荷物無料キャンペーン実施中!

ハワイ行きの運航状況(~9月末)

2021年9月末までの成田‐ホノルル間の臨時便の運航が発表されています。

<5月>

羽田‐ホノルル JL074 毎週 火、金曜日に運航 

羽田発21:00 ホノルル着9:30

5月4日、7日、11日、14日、18日、21日、25日、28日

ホノルル‐羽田 JL073 毎週 水、土曜日に運航 

ホノルル発11:55 羽田着15:55(翌日)

5月5日、8日、12日、15日、19日、22日、26日、29日

<6月>

羽田‐ホノルル JL074 毎週 火、金曜日に運航

羽田発21:00 ホノルル着9:55

6月1日、4日、8日、11日、15日、18日、22日、25日、29日

ホノルル‐羽田 JL073 毎週 水、土曜日に運航

ホノルル発12:35 羽田着15:55(翌日)

6月2日、5日、9日、12日、16日、19日、23日、26日、30日

<7月>

羽田‐ホノルル JL074 毎週 火、金曜日に運航

羽田発21:00 ホノルル着9:55

7月2日、6日、9日、13日、16日、20日、23日、27日、30日

ホノルル‐羽田 JL073 毎週 水、土曜日に運航

ホノルル発12:35 羽田着15:55(翌日)

7月3日、7日、10日、14日、17日、21日、24日、28日、31日

<8月1日~15日>

羽田‐ホノルル JL074 毎週 火、木、金、土曜日に運航

羽田発21:00 ホノルル着9:55

8月3日、5日、6日、7日、10日、12日、13日、14日

ホノルル‐羽田 JL073 毎週 水・木・土・日曜日に運航

ホノルル発12:35 羽田着15:55(翌日)

8月4日、5日、7日、8日、11日、12日、14日、15日

<8月16日~31日>

羽田‐ホノルル JL074 毎週 火、金曜日に運航

羽田発21:00 ホノルル着9:55

8月17日、20日、24日、27日、31日

ホノルル‐羽田 JL073 毎週 水、土曜日に運航

ホノルル発12:35 羽田着15:55(翌日)

8月18日、21日、25日、28日

<9月>

羽田‐ホノルル JL074 毎週 火・金曜日、9月18日(土)、19日(日)に運航

羽田発21:00 ホノルル着9:55

9月3日、7日、10日、14日、17日、18日、19日、21日、24日、28日

ホノルル‐羽田 JL073 毎週 水、土曜日、9月19日(日)、20日(月)に運航

ホノルル発12:35 羽田着15:55(翌日)

9月1日、4日、8日、11日、15日、18日、19日、20日、22日、25日、29日

◎JAL公式ウェブサイト:https://www.jal.co.jp/jp/ja/

 

◆全日本空輸(ANA)

ハワイ行きの運航状況(~9月末)

6月2日(火)、ANAは、8月のお盆シーズンに「フライングホヌ」を復活させると発表しました。
詳細はこちら!

現在、羽田=ホノルル線を週2往復で運航中。運航スケジュールは以下を参考にしてください。

<5月>

羽田‐ホノルル NH186 毎週 月、金曜日に運航

5月3日、7日、10日、14日、17日、21日、24日、28日、31日

ホノルル‐羽田 NH185 毎週 土、火曜日に運航

5月1日、4日、8日、11日、15日、18日、22日、25日、29日

<6月>

羽田‐ホノルル NH186 毎週 月、金曜日に運航 

6月4日、7日、11日、14日、18日、21日、25日、28日

ホノルル‐羽田 NH185 毎週 土、火曜日に運航 

6月1日、5日、8日、12日、15日、19日、22日、26日、29日

<7月>

羽田‐ホノルル NH186 毎週 月、金曜日に運航 

7月2日、5日、9日、12日、16日、19日、23日、26日、30日

ホノルル‐羽田 NH185 毎週 土、火曜日に運航 

7月3日、6日、10日、13日、17日、20日、24日、27日、31日

<8月>

羽田‐ホノルル NH186 毎週 月、金曜日に運航 (8/10、8/14、8/17は運休)

8月2日、6日、20日、23日、27日、30日

ホノルル‐羽田 NH185 毎週 土、火曜日に運航 (8/9、8/13、8/16は運休)

8月3日、7日、21日、24日、28日、31日

成田‐ホノルル NH184 お盆限定

8月9日、8月13日

ホノルル‐成田 NH183 お盆限定

8月10日、8月14日

<9月>

羽田‐ホノルル NH186 毎週 月、金曜日に運航 

9月3日、6日、10日、13日、17日、20日、24日、27日

ホノルル‐羽田 NH185 毎週 土、火曜日に運航 

9月4日、7日、11日、14日、18日、21日、25日、28日

◎ANA公式ウェブサイト:https://www.ana.co.jp/

 

◆ハワイアン航空

臨時運休

成田=ホノルル路線 HA457/863:2021年8月1日
羽田=ホノルル路線:2021年8月1日
成田=コナ路線:2021年8月1日
関西=ホノルル路線:HA450/499 2021年8月1日
新千歳=ホノルル路線:2021年8月1日
福岡=ホノルル路線:2021年8月1日

ハワイ行きの運航状況(~9月末)

ハワイアン航空は現在、成田=ホノルル路線と、関西=ホノルル路線を運航しています。

成田発は火、木、土曜日、ホノルル発は火、木、日曜日に運航。関西発は木曜日、ホノルル→関西は火曜日に運航。

<5月>

成田‐ホノルル HA822  毎週火、木、土曜日に運航 

5月1日、4日、6日、8日、11日、13日、15日、18日、20日、22日、25日、27日、29日

ホノルル‐成田 HA821  毎週火、木、日曜に運航

5月2日、4日、6日、9日、11日、13日、16日、18日、20日、23日、25日、27日、30日

関西‐ホノルル HA450 毎週木曜日に運航

5月6日、13日、20日、27日 

ホノルル‐関西 HA449 毎週火曜日に運航

5月4日、11日、18日、25日

<6月>

成田‐ホノルル HA822  毎週火、木、土曜日 に運航

6月1日、3日、5日、8日、10日、12日、15日、17日、19日、22日、24日、26日、29日

ホノルル‐成田 HA821   毎週火、木、日曜に運航

6月1日、3日、6日、8日、10日、13日、15日、17日、20日、22日、24日、27日、29日

関西‐ホノルル HA450  毎週木曜日に運航

6月3日、10日、17日、24日

ホノルル‐関西 HA449 毎週火曜日運航

6月1日、8日、15日、22日、29日

<7月>

成田‐ホノルル HA822  毎週火、木、土曜日に運航 

7月1日、3日、6日、8日、10日、13日、15日、17日、20日、22日、24日、27日、29日、31日

ホノルル‐成田 HA821  毎週火・木、日曜日に運航 

7月1日、4日、6日、8日、11日、’13日、15日、18日、20日、22日、25日、27日、29日

関西‐ホノルル HA450 毎週木曜日

7月1日、8日、15日、22日、29日

ホノルル‐関西 HA449 毎週火曜日

7月6日、13日、20日、27日

<8月>

成田‐ホノルル HA822  毎週火、木、土曜日に運航 

8月3日、5日、6日、7日、10日、12日、14日、17日、19日、21日、24日、26日、28日、31日

ホノルル‐成田 HA821  毎週火・木、日曜日に運航 

8月3日、4日、5日、8日、10日、’12日、15日、17日、19日、22日、24日、26日、29日、31日

関西‐ホノルル HA450 毎週木曜日

8月5日、12日、19日、26日

ホノルル‐関西 HA449 毎週火曜日

8月3日、10日、17日、24日、31日

<9月>

成田‐ホノルル HA822  毎週火、木、土曜日に運航 

9月2日、4日、7日、9日、11日、14日、16日、18日、21日、23日、25日、26日、30日、10月2日

ホノルル‐成田 HA821  毎週火・木、日曜日に運航 

9月2日、5日、7日、9日、12日、14日、16日、19日、21日、’23日、26日、28日、30日、22日、25日、27日、29日

関西‐ホノルル HA450 毎週木曜日

9月2日、9日、16日、23日、30日

ホノルル‐関西 HA449 毎週火曜日

9月7日、14日、21日、28日

◎ハワイアン航空公式ウェブサイト:https://www.hawaiianairlines.co.jp/

 

◆ZIPAIR Tokyo 

ZIPAIR Tokyoは、2021年7月21日(水)に成田‐ホノルル路線の運航を再開すると発表しました

詳細はこちらの記事をご覧ください。

◎ZIPAIR公式ウェブサイト:http://www.zipairtokyo.com/ja/

 

◆デルタ航空 

成田=ホノルル、関西=ホノルル、中部=ホノルル路線の定期便を一時運休。

デルタ航空のフライトの詳細はこちらからご覧ください。

◎デルタ航空公式ウェブサイト:https://ja.delta.com/jp/ja

 

◆ユナイテッド航空 

ユナイテッド航空(UA)は、成田=ホノルル路線を臨時運休。

詳細は、ユナイテッド航空がコードシェアしているANA(全日空)の羽田‐ホノルル間の臨時便をご覧ください。

◎ユナイテッド航空公式ウェブサイト:https://www.united.com/ja/jp

 

◆大韓航空

ホノルル=成田路線(ソウル‐成田‐ホノルル)(KE053/054、KE001/002便)を一時運休

◎大韓航空公式ウェブサイト:https://www.koreanair.com/jp/ja

 

※上記の情報は各社の公式ウェブサイトをもとにしています。

 

スポンサーリンク

4.新型コロナウィルスの関連情報

◇ハワイ州指定、陰性証明書を取得できる医療機関一覧【都道府県別】 
◇【ハワイ旅行】外務省、海外からの入国者への水際対策を強化 
◇日本からハワイへ コロナ禍の旅行体験記 【2021年1月、羽田→ホノルル】
◇ハワイから日本へ コロナ禍の旅行体験記【国際線利用や到着までの流れなど】
◇ハワイにいなくてもハワイを感じられる10のアイデア
◇ハワイで閉店したレストラン一覧【新型コロナ】

新型コロナウィルス関連情報はMyハワイをフォロー!

Myハワイでは今後も、ハワイの新型コロナウィルスに関する最新情報をいち早くお届けしていきます。ウェブサイトをブックマーク、またはインスタグラムフェイスブックツイッターでも最新記事をお知らせしているのでぜひフォローください! ニュースレターも週に一度配信しております。

 

5.新型コロナウイルス、ハワイでのこれまでの経緯

2021年4月
2021年3月
2020年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月

 

2021年4月

◆4月29日(木)ハワイではじめて子どもがコロナの犠牲に
詳細はこちら

◆4月26日(月)ハワイ保健局がジョンソン&ジョンソンのワクチン接種を再開すると発表
詳細はこちら

◆4月20日(火)ハワイ州が島間の渡航緩和へ。「ワクチンパスポートプログラム」へ一歩前進
詳細はこちら

◆4月19日(月)16歳以上の市民へのワクチン接種今日から開始
詳細はこちら

◆4月15日(金)ハワイ大学、学生や教員へのワクチン義務化を検討
詳細はこちら

◆4月14日(水)100万本のワクチンがハワイ州内で接種されました。4月19日(月)から、16歳以上の一般市民へのワクチン接種が開始されます。

◆4月9日(金)ワクチン接種対象、50歳以上のオアフ住民に拡大
詳細はこちら

◆4月7日(水)ハワイ州は4月19日までに、ハワイの一般市民(全年齢)向けのワクチン接種を開始すると発表しました。

◆4月5日(月)オアフ、警戒レベル引き上げの可能性
詳細はこちら

◆4月2日(金)HISハワイ、ワイキキで新型コロナウイルスPCR検査を4/1から開始
詳細はこちら

◆4月1日(木)ワクチンパスポート計画を精査中
詳細はこちら

2021年3月

◆3月29日(月)ハワイ州が結婚式の参列を許可
詳細はこちら

◆3月29日(月)29日から60才以上の新型コロナのワクチン摂取が可能になります。1Cグループ(エッセンシャルワーカー)はすでに接種を開始

◆3月27日(金)ハワイ州セーフトラベルズプログラム渡航者が200万人突破
詳細はこちら

◆3月26日(金)JALがハワイ渡航者にプレクレアランスプログラムを開始
詳細はこちら

◆3月18日(水)ハワイ渡航者が昨年3月より最多数を記録
詳細はこちら

◆3月15日(月)ハワイ保健局は、3月15日(月)より、65才以上の一般市民にワクチン接種を開始。現在65才~74才が対象者。ハワイではハイリスクの人々(高齢者や疾患のある人など)、医療関係者、不要不可欠の職業に従事している人などから順にワクチンの接種を開始しています。

NEW!◆3月12日(金)オアフ島で今日からバーが再開
詳細はこちら

◆3月8日(月)70才以上のワクチン接種が開始
詳細はこちら

2021年2月

◆2月24日(水)2月25日(木)よりオアフ島の新型コロナ警戒レベルが緩和
詳細はこちら

◆2月23日(火)ハワイ州知事らが新型コロナのワクチン接種
詳細はこちら

◆2月19日(金)ハワイ州がワクチン接種を終了した渡航者を対象に電子パスポートを導入したトラベルプランを検討
詳細はこちら

◆2月18日(木)オアフ島の新型コロナウイルスの感染者数が減少傾向にあることから、ホノルル市は警戒レベルを、早ければ来週木曜日から、現在の「2」から、規制の緩い「3」へ移行すると発表。
詳細はこちら

◆2月13日(金)ハワイ住民の90%が新型コロナの接種に前向きであることがわかりました。
詳細はこちら

◆2月3日(土)ハワイ州観光局が旅行者を対象に行った調査結果が出されました。
詳細はこちら

 

 

2021年1月

◆1月29日(金)ハワイ州が、来月から韓国旅行者の入国制限の緩和を開始します。
詳細はこちら

◆1月27日(水)ハワイ州で新型コロナの変異種が検出されました。
詳細はこちら

◆1月26日(火)ハワイを含む米国への渡航者は入国の際に陰性証明を提示することが義務化されました。
詳細はこちら

◆1月22日(金)マウイ郡では今週から、ハワイ州政府が公認する接触確認アプリ「アロハセーフアラート」の本格導入を開始しました。
詳細はこちら

◆1月18日(月)過去2週間で2,232ケースの新規感染が確認され感染上昇が懸念さるハワイ州で、大規模なワクチンの接種が開始されます。
詳細はこちら

◆1月12日(火)アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は米国時間2021年1月26日より、米国に入国する全渡航者を対象に、新型コロナウイルス感染症陰性証明書の提示を義務化することを発表しました。
詳細はこちら

◆1月5日(火)ハワイ州が新型コロナのワクチン接種計画を発表しました。
詳細はこちら

◆1月4日(月)正月三が日の週末、ハワイ州の感染率が上昇しました。新規感染者数は、元旦(金)241名、2日(土)171名、3日(日)149名と報告されています。クリスマス後の感染上昇率は全米の州では、メイン、アイオア、ニューヨークに次ぎ、ハワイは4番目となっています。

 

2020年12月

◆12月30日(水)業界関係者はハワイの観光業が回復するのは来夏頃だとみているそうです。
詳細はこちら

◆12月28日(月)JTBハワイは、3月までツアーの催行を中止と発表しました。
詳細はこちら

◆12月22日(火)ホノルルの更正施設で発生しているクラスターに関して、オアフ島のコールドウェル市長が受刑者患者を新型コロナ規制基準の患者数に入れるべきではないという申請を、イゲ州知事がこのほど承認しました。

◆12月21日(月)日曜日の新規感染者は約3ヵ月ぶりに200人越えになったと報告されています。
詳細はこちら

◆12月16日(水)12月17日(木)から、ハワイ到着時に陰性証明を提示できない旅行者の自己隔離期間を、14日間から10日間に短縮します。
詳細はこちら

◆12月15日(火)12月14日(月)ハワイに新型コロナのワクチンが到着しました。15日より、ハワイ州で新型コロナワクチンの接種が開始されます。
詳細はこちら

◆12月9日(水)ハワイ到着時に陰性証明を提示できない旅行者の自己隔離期間を、14日間から10日間に短縮する緩和の方向で調整していることが明らかになりました。
詳細はこちら

12月2日(水)より、州外からハワイ島への全ての到着者に、到着時に抗原検査を実施しています。ハワイ島に到着する州外からの到着者は、到着時に抗原検査を受ける必要があります。

◆12月2日(水)より、カウアイ島がハワイ州の事前検査プログラムから一時除外されます。
詳細はこちら

 

2020年11月

◆11月17日(火)ハワイ州は、日本人旅行者を対象とするPCR検査を提供する医療機関をさらに追加し、年末年始や連休中の旅行体制を整えたと発表しました。
詳細はこちら

◆11月6日(金)には、国外で初めてハワイが認証する事前検査プログラムによる日本からの旅行者受け入れを開始しました。
詳細はこちら

 

2020年10月

◆10月27日(火)イゲ州知事は、日本人旅行者を対象とする事前検査プログラムを11月6日から開始することなど具体案を発表しました。
詳細はこちら

◆10月22日(木)オアフ島の新型コロナ対策として実施されている規制が一段階緩和されました。
詳細はこちら

◆10月15日(木)ハワイ州で事前検査プログラムがスタートします。出発前72時間以内に行った新型コロナウィルスの検査陰性証明を提示するとハワイ到着後の14日間の隔離期間を免除されます。
詳細はこちら

◆10月14日(水)ハワイ州が米国以外で初めて日本の厚生労働省が認可する新型コロナウイルス感染症の核酸増幅検査(NAT)を承認しました。
詳細はこちら

◆10月8日(木)10月15日にハワイ州がスタートする事前検査プログラムへのハワイ諸島の参加可否やその内容について問われています。
詳細はこちら

 

2020年9月

◆9月30日(水)先日のハワイアン航空とユナイテッド航空に続き、アラスカ航空が10月15日より新型コロナの事前検査を提供すると発表しました。今後別の航空会社も同じようなサービスを行うことが期待されます。

◆9月28日(月)ハワイアン航空とユナイテッド航空が空港での事前検査を提供することを発表。
詳細はこちら

◆9月24日(木)オアフ島で実施されている外出禁止令の新規制が本日から緩和されました。
詳細はこちら

◆9月21日(月)週明けの月曜日、新規感染者数が56名に減少しました。グリーン副州知事は市民に気を緩めずに警戒を継続するよう要請しています。

◆9月18日(金)ハワイ島のベテランズホーム(退役軍人施設)で12名が亡くなっていたことが明かになりました。オアフ島でも70代の男性が死亡しており、ハワイでの新型コロナによる死亡者数は120名となりました。

◆9月16日(水)延期され現在のところ10月1日から開始予定とされている「新型コロナの事前検査プログラム」導入による観光再開が再び延期となります。
詳細はこちら

◆9月16日(水)イゲ州知事が、カウアイ島のリゾート・バブルを許可。
詳細はこちら

◆9月15日(火)ハワイアン航空が10月から週に一便、成田‐ホノルルを就航させると発表しました。

◆9月11日(金)ハワイ州のジョッシュ・グリーン副州知事の新型コロナウイルス感染が発表されました。

◆ハワイ州のイゲ州知事は、新型コロナの影響を受け家賃を払えない人々に支援給付金を開始すると発表しました。
詳細は
こちら

◆9月8日(火)ハワイの新規感染者が約一ヵ月ぶりに2桁台になりました。ホノルル市長がステイ・アット・ホーム・オーダー(外出禁止令)の延期を発表。
詳細はこちら

◆9月3日(木)9月1日(火)に続き、オアフ島のH3フリーウェイで大規模なPCR検査が行われました。

 

◇関連記事/ハワイの今! ワイキキやインターナショナルマーケットプレイスの様子は?

2020年8月

◆8月31日(月)過去最多の新型コロナ関連死(7名)を記録しました。

◆8月27日(木)外出禁止令(緊急事態命令25号)が施行。

◆8月25日(火)ホノルル市長は、8月27日(木)よりオアフ島で「外出禁止令」が施行されると発表しました。この期間、在住者はオアフ各所にて無料でPCR検査を受けられます。
詳細はこちら

◆8月24日(月)オアフ島(ホノルル市・群)で本日から9月16日まで、緊急事態命令が施行されました。
詳細はこちら

◆8月18日(火)ホノルル市長が、オアフ島での集会に関する新規性を発表。イゲ州知事は、9月1日予定とされていたハワイ観光の再開を一ヵ月遅らせると発表しました。この発表に伴い、ハワイアン航空も臨時運休の延長を発表。
詳細はこちら

◆8月17日(月)3桁台をキープしているハワイでは、週末には感染者数が5,000名を超えました。

◆8月13日(木)ハワイ州内での感染者が355名と報告されています。オアフ島の更生施設内で86名のクラスターが発生。ホームレスシェルターでもクラスターが発生していると報告されています。

◆8月12日(水)イゲ州知事は、9月に再開予定の旅行者受け入れを延期するかもしれないと示唆しました。
詳細はこちら

◆8月11日(火)ニューヨーク、ニュージャージー、コネチカット州が、ハワイを隔離リストに加えました。

◆8月10日(月)コロナによる死者が3名と過去最多を更新しました。また、ホノルル市庁舎で48名のクラスター感染が発生し、消毒のために閉鎖されました。

◆8月7日(金)オアフ島内だけで200名の新規感染者が報告されました。マウイ島で1名とされています。

◆8月6日(木)ホノルルのコールドウェル市長は、オアフ島で感染率が上昇しているため、ビーチや公園を再度閉鎖すると発表。また、ハワイ島間の旅行者の14日間隔離措置も来週から再施行されます。

詳細はこちら

◆8月6日(木)オアフ島で、あらたに2名の新型コロナ関連死が報告されています。本日の新規患者数は53名とされていますが、検査にテクニカルな問題が生じて正確な数字ではなくおそらく200名は超えているだろうと報告されています。

◆8月3日(月)ハワイの新規感染者が207名と報告されています。
詳細はこちら

 

2020年7月

◇関連記事/ハワイ観光再開は日本向けではない? ハワイ州がトラベルバブルの働きかけ

◆7月31日(金) 昨日の一日の新規患者数109名で初の3桁台に突入しましたが、本日はさらに124名と最多を更新しています。
詳細はこちら

◆7月28日(火)日本政府は、海外からの受け入れ国にハワイを導入することを発表しました。
詳細はこちら

◆7月23日(木)ハワイアン航空の客室乗務員が新型コロナで死亡したと発表されました。同氏は6月にホノルルで開催された同社のトレーニングで発生したクラスターで感染したものとみられています。
詳細はこちら

◆7月14日(火)ハワイ州知事が、8月1日から予定されていた事前検査にての観光客受け入れを9月1日まで延期すると発表しました。8月末までハワイ到着者には継続して14日間の自己隔離措置が取られます。
詳細はこちら

◆7月13日(月)新たに3名の新型コロナによる死者が報告されました。週末の土曜日には過去最多の一日42名の新規患者数を記録。

◆7月9日(木)日本航空が8月末までハワイ路線の運休を延長すると発表。8月中にはハワイ在住者や留学生のための臨時便4往復が設置されます。

◆ハワイの新型コロナの患者数が1,000名を突破しました。7月6日(月)ハワイアン航空で従業員13名のクラスターが発生したと報告されています。また夏休みの子どものためのプログラム「サマーファン」の従業員や、再開したばかりのオアフ島のジムでも新型コロナの感染者が報告され、現在調査が進められています。

 

2020年6月

◇関連記事/ハワイの今、第3弾! 観光業再開に向けてのステップ

◆6月24日(水)ハワイ州、8月1日よりコロナの事前スクリーニングで、州外旅行者の受け入れを開始すると発表。
詳細はこちら

◆6月17日(水)ハワイで最大規模の老人ホームでクラスターが発生。現在職員を含む5名に陽性が報告されています。ハワイ島プナで隔離措置に違反し逮捕された、米本土のカルトグループ21名が本土へ強制送還されました。

◆6月16日(火)ハワイ島間の旅行者への14日間自己隔離措置が解除。
詳細はこちら

◆6月15日(月)5月より新規患者数一桁台をキープしていたハワイで、先週金曜日15名(うち10名は家族内のクラスター)の患者が報告され、ハワイ州は外出時には社会的距離を保つよう注意を呼びかけています。

◆6月10日(水)イゲ知事がハワイ外からの渡航者に対する14日間の自己隔離措置を7月31日まで継続すると発表。
詳細はこちら

◆6月5日(金)オアフ島のレストランでの飲食が再開!

◆6月4日(木)デイビッド・イゲ州知事は、6月19日からオアフ島の映画館、バー、フィットネスセンターの営業再開を許可

◆6月1日(月)デイビッド・イゲ州知事は、ハワイの島間旅行者の14日間の自己隔離措置を16日より停止すると発表。
詳細はこちら

 

2020年5月

◆5月28日(木)デイビッド・イゲ州知事は5月28日より「シーライフパーク・ハワイ」やプール、キャンプ場などの営業再開を許可。5月29日からはサロンや理髪店の営業再開も許可

◆5月21日(木)ホノルル市長が6月5日にオアフ島のレストラン再開を許可。

◆5月18日(月)デイビッド・イゲ州知事は、ハワイ経済再開の「4段階プラン」を発表。

◆5月15日(土)デイビッド・イゲ州知事は、6月5日よりオアフ島におけるレストランの営業再開を承認。

◆5月15日(土)5月16日より条件付きでビーチを開放。10名以下の同一世帯の家族の集まりのみ利用可能。同一世帯でない人とは6フィートの社会的距離を保持すること。マウイ島、モロカイ島、ラナイ島も同じく再開。カウアイ島では試験的に2週間限定でビーチを開放。

◆5月15日(金)オアフ島「自宅での安全命令」6月末まで延長。一方、段階的に制限を解除。

◆5月14日(木)5月15日よりショッピングセンター・小売店、営業再開

◆5月9日(金)8週間ぶりに新規感染者ゼロを報告

◆5月8日(木)ハワイ大学の経済学者によると、ハワイの観光業が再開できるのは楽観的な見解で7月末との予想

◆5月7日(水)マウイ島は5月11日(月)、オアフ島は15日(金)にショッピングセンターや小売り店の再開を許可

 

2020年4月

◇関連記事/ハワイの今、第2弾!「ハワイ住民の暮らし」をリポート

◆4月21日(火)ハワイではオアフ島で1人、マウイ島で1人新たに新型コロナウイルス感染による死者が報告され、これまでの死者は計12人になりました。死亡したのはどちらも65才以上の男性で、既存の疾患があったということです。ハワイ州の21日の新規感染者数はマウイ島の2人で、オアフ島では2日連続で新規感染者が0人でした。なお、これまで全感染者数の75%にあたる437人が回復しています。

4月20日(月)ホノルルでは20日より外出時、社用、市バス乗車の際、ドライブスルーでオーダーする際なども含めて、マスク着用が義務化されました。フェイスマスクは顔をカバーするもので、スカーフやバンダナなどでの代用も可能だということです。

ただし、銀行やATM使用の際、病気でマスクを出来ない人、小さな子どもを除きます。また、CDCは2才以下の子どもにはマスクはすすめないと述べています。

コールドウェル・ホノルル市長はこれは市民の義務でありビジネスでもこの規則を強制すべきであると述べました。カウアイ島では先日5才以上のすべての市民はマスクを着用する規則を発表しています。

◆4月14日(火)ハワイ州内の感染者数は前日から13人増の517人となりました。うち全体の64%にあたる333人はすでに回復済みです。ハワイのニュース局KHON2の報道によると、州政府は現在もハワイに渡航して来る人が見られることを憂慮しており、対策を検討しています。

◆4月13日(月)ハワイ州内の感染者総数は前日から5人増の504人となりました。5人のうちオアフ島とマウイ島で各2人増、ハワイ島で1人増で、504人のうち315人はすでに回復しています。

◆4月8日(水)ハワイで新型コロナウイルスによる6人目の死者が報告されました。詳細については明らかにされていません。ホノルル・スターアドバタイザー電子版によると、ハワイ州内で現在までにウイルス陽性と診断され入院した人の数は合計42人で、今日新たに入院した人はいないということです。

 

◇関連記事/ハワイの今!「新型コロナウイルス」の影響をリポート 

2020年3月

◆3月31日(火)
ハワイで初めて新型コロナ関連の死者が報告されました。4月1日〜30日間、ハワイ州の離島間の移動者にも14日間の自己隔離期間が義務付けられました。

◆3月27日(金)ハワイ州では新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ハワイ時間の3月25日(水)午前0時1分から外出禁止措置が実施されていますが、ホノルル警察では禁止令に従わなかったとして、3月26日の時点で少なくとも70件の違反切符を発行、2人を逮捕しました。

◆3月24日(火)
ハワイ州全域に外出禁止令が出されました。3月25日から4月30日まで。反則の場合は罰金もしくは禁固刑もあります。詳細はこちらの記事をご覧ください。

◆3月24日午前の陽性患者数:ハワイ全体95件、うちオアフ島68件

◆3月23日(月)
ホノルル市のカーク・コールドウェル市長は3月22日(日)、新型コロナウイルス感染症のオアフ島内での拡大を深刻視し、住民に対し外出を著しく制限する、事実上の外出禁止令を出しました。詳細はこちらをごらんください。

また、これらの対策に伴い、ハワイ州のホテルが続々と臨時休館を発表しました。

◆3月21日(土)
ハワイ州のイゲ州知事は、ハワイに到着する住民、旅行者全員に対し14日の自己隔離を実施すると発表しました。3月26日(木)より適用されるとのことです。旅行者は滞在期間中、ホテルなどの指定滞在場所に留まり、公共エリアなどへの立ち入りは禁止となります。詳細はこちらの記事をご覧ください。

◆3月19日(木)
ホノルル市のカーク・コールドウェル市長は、ハワイ時間の3月20日(金)午前8時30分より15日間、市内のバー、クラブを閉鎖し、レストランについては店内での飲食を禁じ、テイクアウト、ドライブスルー、デリバリーのみの営業に限定すると発表。詳細はこちらの記事をどうぞ。

3月18日(水)
デイビッド・イゲ州知事は3月17日(火)、新型コロナウイルス感染対策についての記者会見を開き、ハワイ州への訪問を今後30日間控えるよう要請しました。詳細はこちらの記事をご覧ください。

3月16日(月)
ハワイ内で初めてのウイルス陽性患者が報告されました。この人物はオアフ島のクアロア牧場勤務の女性で、最近旅行などの渡航歴がないそうです。同日、ホノルルのカピオラニメディカルセンターの従業員と米本土からマウイ島を訪れているカップルにも陽性反応が見つかり、ハワイの感染者は合計10名になりました。

◇関連記事/日本人夫婦のハワイでの行動履歴を公表

(ハワイ時間2021年5月更新)

 

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

30 responses to 【6/19 更新】ハワイの新型コロナウイルス最新情報【感染状況・フライト・入国規制】

  1. 匿名様、2021年5月26日の時点では、新型コロナのワクチン接種終了者はハワイの島間の渡航は陰性証明なしでもできます。米本土へ同様の緩和措置が取られるのは、早くて6月とのことです。こちらはまだ正式発表はされていません。日本を含める海外へはその後になると思います。先日米国から日本への渡航禁止が発表されましたので、それがまず解除されなければ両国間の渡航は困難かと思われます。この記事は週末を除き毎日更新しています。また新たな情報が入りましたらアップデートしますのでどうぞご確認ください。

  2. 問いあわせ:ハワイ入域コロナワクチン(Bionmthek/Pfizer Comirnati)2回接種済み者に対する入国管理はどうなってますか?
    接種した医師は接種記録を作ってくれますしワクチン接種済み証にも英語で接種日と接種下ウェアクチン名は記載されています。
    旅行希望時期は7月初旬です。

  3. 匿名様、以前書いた情報が残っていたのかもしれません。確認いたします。お知らせどうもありがとうございました。

  4. はじめまして。大韓航空の成田‐ホノルル間の運行状況が公式ホームページで確認できなかったのですが、4月以降に毎週金曜日のみ運行という情報はどちらを参考になさいましたか?

  5. 匿名様、コメントどうもありがとうございます。そうですね、早いもので一年過ぎてしまいましたね。自由に旅を出来るようになる日が早くきますように。

  6. 去年の3月にコロナの流行でハワイに行くか行かないか悩み、現地の情報を集めるためにこちらのサイトを見るようになって一年近く経ちました。
    日々の感染者の人数やフライトの情報、関連ニュースなどの情報が分かりやすくて毎日助かっています。
    ありがとうございます。

  7. 匿名様、良かったですね。

  8. 元気に遊ぼうさん、こんにちは。久しぶりのコメントありがとうございます。マスクはアメリカ合衆国全土の規制だと思いますが、ビーチに入るときには着用しなくても良いのではないでしょうか。プールサイドでは着用しなくてはいけないと思いますが。

  9. Myハワイでコロナ情報をフォローしていますがマスク着用の規制撤廃のニュースを期待しています。
    昨年はハワイに行けない年でした、今年も行けそうになく残念です、この先どうなるのか予想つきませんがおいしいお店や楽しいショッピングが元通りになるのは来年以降になるのかな~~新たなお店をMyハワイでフォローするのが楽しみです。
    水着にマスクは滑稽で楽しめないので解除されるまではしばらく我慢。

  10. ハワイ観光局の公式情報発表の感染率から考えても残念ながら、
    他の国と比べてもかなりのコロナ感染率なのが残念ですね。

    10万人あたり、870人もいては・・・・。
    日本の人口に換算するとなんと、感染者96万人!ですよ。

    落ち着いている、タイやベトナム、ニュージーランド、台湾どころか、日本と比べても圧倒的に感染率が高い!

    母数で少ないように見ているのがこわいと思います。

    コレでは、心情的になんとかと言っても、日本帰国時の2週間隔離は解除すると大変なことになりそうです。

  11. 匿名様、>>アメリカのカリフォルニアからハワイで乗り換えて日本に帰国する場合、ハワイでの隔離や待機がありますでしょうか?
    コメントありがとうございます。乗り継ぎのけんに関しては私どもも正しいことはわかりませんが、空港からいったん出てしまうと、隔離が必要になるとは思います。詳細は航空会社に確認することをおすすめします。

  12. 匿名様、ハワイ滞在中の日本人のための臨時便をJALが8月に出すと発表しています。こちらのニュースをご覧ください。https://www.hawaii-arukikata.com/news/2020_0710_jal.html

  13. 匿名様、14日間隔離の場合は、食べものや必要な物資は全て配達システムを利用することになると思います。それが不可能な人は2週間の隔離も難しいかと。よろしくお願いします。

  14. 毎週ハワイの情報を頂けることに感謝しています。
    ところでコンドミニアムや自宅での14日間隔離措置の事に付いてですが、具体的にどの様に過ごすのでしょうか?
    誰でも食事だけは必要なのでスーパー等、食料品や弁当の買い物の外出だけはOKだということですか?
    3か月近い滞在の内の2週間の我慢は、ハワイの空の下ではなんでもないことです。私共には。

    早くこの災害が過ぎ去り、心から笑顔になれ日が来ることを願っています。

    御社のスタッフの皆さんもどうかご自愛ください。

  15. アメリカのカリフォルニアからハワイで乗り換えて日本に帰国する場合、ハワイでの隔離や待機がありますでしょうか?

  16. アメリカのカリフォルニアからハワイ乗り継ぎで日本に帰国する場合、ハワイで隔離や待機が必要になりますか?

  17. ハワイ滞在中の日本人は、日本への帰国が可能でしょうか。

  18. 匿名様、イゲ知事が発表した計画では日本人も訪問することは可能です。しかしハワイ州が出している条件を満たしたら14日間隔離期間を免除されるということだと思います。くわしくはこちらの記事をご覧ください。https://www.hawaii-arukikata.com/tokushu/hawaii_corona_japan_travel.html

  19. 8/1からハワイ入国の際に陰性の証明を提示すれば隔離しないと言ってますが、今現在日本での保健所や医療機関でPCR検査を元気な方に検査しないとのことです。基本的にPCR検査は治療目的のためにと。ビジネス渡航やどうしても渡航したい方は、保険適応外の高額で検査をしてくれる機関があるようで、かなり日本から渡航に関してハードルが高いです。
    外務省の回答では、ハワイは危険レベル3で「渡航を止めてください」と言ってますが、航空会社や空港で渡航を強制的に止めることはしないようですが、そもそも日本で事前PCR検査が容易でないのが現状なので、本当に日本からの渡航は難しそうな感じです。
    更に、現時点で、日本へ帰国した方にも14日間の隔離か自宅待機が義務付けられるようです。

    後、グアム渡航が7/1から隔離なしで大丈夫になると初めは報道されてましたが、ギリギリになって6月末に、その内容が白紙撤回され、渡航しても14日間の現地隔離に戻ったようです。

    早くハワイに以前のように行けることを願うばかりです。

  20. 匿名 2020年7月1日

    今回のイゲ知事の発表での8/1からの条件を満たした訪問者受け入れは、アメリカ州内からに限るといった他社の記事を見つけました。日本も含む、海外からの訪問者の受け入れも8/1から可能になるのでしょうか?

  21. 8/1からのハワイ入国に必要なのはPCR検査を72時間に受ける必要があるという事でしょうか?PCR検査で陰性が必要でしょうか?

  22. 匿名様、ハワイアン航空のページで確認したものを掲載しております。変更が確認されましたらまたアップデートいたしますのでお待ちください。

  23. 7月31日まで14日間隔離なのにハワイアン航空は何故2020年7月14日まで臨時運休なのでしょう?

  24. 匿名様、ハワイの消費者センターは存じかねますがツアー会社に問い合わせるのが方法なのではないでしょうか。

  25. 匿名様、滞在先の質問に関する答えです。実際には友人宅に泊まっている人がいるともニュースで報道されていますが、ハワイ政府のウェブサイトではこのように書かれています。
    (ハワイ在住者は自宅へ、訪問者はホテルかレンタルの宿泊施設へ直行すること。)
    If you are a resident, your designated quarantine location is your place of residence.
    If you are a visitor, your designated quarantine location is your hotel room or rented lodging.
    ですので、原則的には、ホテルやコンドミニアムでの滞在という風に理解しています。

  26. はじめまして。いつもハワイの情報をありがとうござます。質問ですが、2週間の自主待機場所にホテルやコンドミニアムとなっておりますが、友人宅は無理でしょうか?2月の入国の際、自主待機ごない時期です。その時は友人の住所で可能でした。

  27. ゴールデンウィークにハワイに行く予定で予約していたアクティビティの返金が未だに行われずに困っています。
    日本であれば消費者センターとかありますが、ハワイだとどうすればいいのでしょうか。。。

  28. この場合はホノルルではなくハワイ島で14日間自己隔離をすればよいはずです。ヒロに住居があること(自宅の住所)を伝えると良いのではないでしょうか。

  29. ホノルルからヒロのトランジットはホノルルで14日間の自己隔離が必要でしょうか?ちなみにヒロに住居(VISA取得済)があります。ホノルルで14日間隔離で更にヒロで自宅で14日間隔離となるのでしょうか?

  30. 滑りこみセ―フで行って来たのでラッキーでした‼️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ