ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー

安くて美味!ハワイでシカゴ式ホットドッグにガブリ

投稿者: Yoshiko 更新日:2018年10月30日

Must-try Gourmet Hot Dogs at Hank's Haute Dogs

いろいろとお金がかかる海外旅行、ハワイも例外ではありません。「せめてランチはあまりお金をかけずに美味しいものを食べたい…」と思うのが人情と言うもの。そこで美味しくて安いB級グルメを探求するMyハワイ編集部員は今回、カカアコの「ソルト」にあるホットドッグショップ「ハンクズ・オートドッグ(Hank’s Haute Dogs)」を取材。有名シェフが作るリーズナブルなグルメホットドッグをご紹介します!

ただのホットドッグじゃない! その秘密とは…!?

「アメリカンフード」と聞いてまず連想するのは通常ハンバーガーとホットドッグ。ハワイに美味しいハンバーガー店は多くありますが、ホットドッグと聞くと「パンにソーセージを挟んだ食べ物」以上に想像力が発展しない編集部員。しかし、ここハワイにグルメホットドッグ店があると聞き、編集部員のB級グルメレーダーが敏感に反応。早速カカアコに行って食べてきましたよ!

ソルト(SALT)」は、アラモアナ・ブルバードとアウアヒ・ストリート、コーラル・ストリート、ケアヴェ・ストリートのカカアコエリアを囲む一大ショッピング&ダイニングエリア。ニューヨークのアーバンスペースを思わせる、コンテンポラリーで芸術的な雰囲気が今ローカルに大人気のスポットです。

そのソルト内、コーラル・ストリート側に位置するのがこちらの「ハンクズ・オートドッグ」。沖縄系日系人シェフのヘンリー(ハンク)・アダニヤさんが経営する、本場シカゴスタイルのホットドッグ専門店です。

オープン早々お客さんがひっきりなしに訪れる人気店で、編集部員が開店直後に訪れたにもかかわらず、取材中に日本人観光客数組が来店していました。

その人気の秘密とはいったい何でしょうか? オーナーのヘンリー・アダニヤさんにお会いして聞いてみると、意外な新事実を発見! 

ヘンリー・アダニヤさんは、ハワイで(ネイバーアイランド含む)で今年10月6日~28日に開催された「ハワイ・フード&ワイン・フェスティバル」でもフィーチャーされた、全米で名を知られるシェフです。

ハワイ生まれでアメリカ本土で育ったヘンリーさんは元々エンジニアだったそうですが、次第に料理の世界に引き込まれ、本土でレストランビジネスに参入。イリノイ州シカゴで高級レストラン「トリオ」の経営者として大成功を収めたそうです。

しかし、その後高級レストランの世界から転向し、ハワイに戻ってホットドッグ店を立ち上げることを決意。やるとなったら本腰を入れるのがヘンリーさんのやり方だそうで、シカゴでのみ手に入るスパイスや食材を使い、グルメホットドッグ店をここカカアコにオープン。

カカアコが今のように芸術家の街として有名になる前、すでに2007年からコーラル・ストリートにこのお店を出していたそうで、「カカアコの先駆けは僕です(笑)」と話していました。

「なぜホットドッグ?」という疑問がわいてきますが、ヘンリーさんの料理の原点は、ご両親が1940年代にワイキキで経営していたホットドック店なのだそうです。

上の写真がそのお店「ビーチ・グリル(The Beach Grill)」。もしかしたら、ヘンリーさんは幼い頃にハワイで過ごした思い出とホットドッグが懐かしくなったのかもしれません。

「ハンクズ・オート・ドッグス」は米料理専門ケーブル局フード・ネットワークのシェフ、ガイ・フィエリ氏の人気番組「ダイナーズ、ドライブ・インズ・アンド・ダイブズ(Diners, Drive-Ins & Dives)」や、旅行専門ケーブル局トラベル・チャンネルの「マン vs.フード(Man Versus Food)」でも紹介されました。

右上の写真がアメリカでは有名なシェフ兼テレビ番組ホストのガイ・フィエリ氏です。

シェフ自慢のホットドッグ3種はこちら!

ヘンリーさんと話しているうちに、ホットドッグが出来上がりました! しかしその前に運ばれてきたのがこちらの「ハイビスカス・レモネード」です。

この鮮やかな赤にビックリしましたが、飲んでみるとフレッシュでナチュラルなフレーバーが美味! 乾いた喉を潤して、リフレッシュしてくれます。後味もすっきり。

そしていよいよお待ちかねのホットドッグが登場!

こちらはホットドッグをハワイ風にアレンジした、その名もズバリ「ハワイアン(Hawaiian)」。地元ハワイのククイ・ポーチュギース・ソーセージ・カンパニーのポルトガルソーセージとマンゴーマスタード、パイナップルレリッシュを挟んでいます。

値段はホットドッグのみで$6.50と、今どきお目にかかれない良心的な金額です(フレンチ・フライとホート・ディッピング・ソース別)。

弾けるようなソーセージと柔らかいパンが、ほのかに甘いパイナップルレリッシュと絶妙にマッチしていて美味! これなら1個といわず2個くらい軽くいけそうです(笑)。

そして次にオーダーしたのがこちら、本場シカゴスタイルのホットドッグ「シカゴ・ドッグ(Chicago Dog)」。

ポピーシード入りのパンに、100%牛肉のウインナーソーセージ、トマト、ピクルス、レリッシュ、イエローマスタードなど、伝統的シカゴスタイルのトッピング7種を挟んでいます。のせて欲しくないトッピングがある場合はオーダー時にスタッフに伝えてください。

トッピングがたくさんのっているのでボリュームたっぷり! これで$7.25はお得感がありますね。ホットドッグはファーストフードの部類に入りますが、これなら野菜も一緒に食べられるので栄養のバランスが取れていてヘルシー(シカゴ・ドッグにはベジタリアンオプションもあり)。

お次に運ばれてきたのはこちら「チリ・ドッグ(Chili Dog)」。

100%牛肉のフランクフルトソーセージにハウスメードのチリ、カットした生玉ねぎ、チェダーチーズがのっています。適度にピリッとしたチリとソーセージがよく合っていて、シンプルながらとっても美味しいですよ!

ソーセージも特大で、お腹も大満足です。これで$5.95は驚きですよね!

同店には現在肉なしのベジタリアンホットドッグ「ノー・ドッグ(No Dog)」$4.25も含め11種のレギュラーメニューがあるほか、レアなメニューが毎日替わる「デイリースペシャル」もあり、こちらも大人気。

デイリースペシャルは月曜「イタリアン・ビーフ」($9.50)、火曜「ワイルド・ボア(猪)ドッグ」($6.75)、水曜「ラビット(うさぎ)」($8.95)、木曜「バッファロー(水牛)・ドッグ」($8.95)、金曜「ザ・グリーク(ギリシャ、ラム肉)」($11.50)、土曜「フォアグラ」($9.50)、日曜「コーベ(神戸牛)」($8.50)です。

また金曜~日曜は特別に「ロブスター」($10.50)、と「ロブスター・ファットボーイ」($11.50)があります。

以上、ローカルにも観光客にも大人気のハンクズ・オートドッグをご紹介しました。ホットドッグもシェフが味を追求するとこんなに美味しくなるのだ、と編集部員も新しい発見をした気分です。

有名シェフが作るこだわりのB級グルメ、お得感もたっぷりで見逃せません。カカアコでウォールアート巡りをした後などに、ぜひソルトに寄って美味しくて安いグルメホットドッグを試してみてくださいね!

◎ハンクズ・オートドッグ
Hank’s Haute Dogs
場所:324 Coral Street, Honolulu, HI 96813
電話番号:(808)532-4265
営業時間:月曜~木曜10:00-16:00、金曜~日曜11:00-18:00
ウェブサイト:http://www.hankshautedogs.com

◎ソルト
SALT at Our Kaka`ako
場所:691 Auahi St., Honolulu, HI 96813
ウェブサイト:https://saltatkakaako.com

 

この記事が属するカテゴリー: B級グルメ


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ