ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

タロイモとは?の巻 – B級グルメ ローカルフード

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2001年07月01日

静かなブームを呼んでいるB級グルメ情報! 安くて美味しくて、ちょっとディープな秘密のお店を紹介します。誰も知らない怪しいお店やロコで賑わうお店にチャレンジしてみませんか? 独断と偏見で選んだ美味しさは超A級でもお値段はB級の素敵なお店を「ハワイ大食いクラブ(知る人ぞ知るハワイ大学一熱心なサークル)メンバーの私がご案内いたします。

タロイモとは?の巻


これがタロイモなのです

皆様こんにちは。今日はハワイのソウルフードとも言うべきタロイモを紹介したいと思います。タロはハワイだけではなく、ポリネシアやミクロネシア、メラネシア、南アメリカ、東南アジアなど、世界中の温かい地域で栽培されており、多くの地域で人々の主食として活躍しています。ハワイには約1500年ほど前に伝えられ、現在は80種類ほどが栽培されているそうです。

ハワイの人々にとってタロは特別な意味を持つ植物で、古代ハワイアンの創世記伝説によると、空の神様には長男がいましたが生まれてすぐに亡くなり、そのお墓の上に生えてきたのがタロだったそうです。そしてその神様の次男が古代ハワイアンの祖先となったそうです。長い歴史を持つこの植物をハワイの人々はとても大事にしているのです。

タロイモをゆでた状態

タロと言えばポイ(Poi)が有名ですね。ポイとは蒸したタロを水にさらしながらつき混ぜ発酵させたもので、古代からハワイアンの人々の主食として食べられてきました。消化が良く栄養価が高いため、ベビーフードとしても理想的だと言われています。また、簡単に食べられ胃腸にもやさしいのでお年寄りにも人気です。

調べれば調べるほど興味深いタロ(とりわけポイ)。スーパーマーケットを見回してみれば、タロを使った商品がずいぶんあります。今回大食いクラブが試したものは、

・ポイ(普通のもの)3.79ドル
・味つき一口ポイ
(キウイ味。ほかにココナツ味、バナナ味があります。)
1.19ドル
・タロ芋チップス 2.29ドル
・タロ芋アンパン 2.69ドル
・ポイチーズケーキ 5.99ドル

タロイモ商品の数々

以上の5種類です。
ではまずは王道、ポイから行って見ましょう。少し水でうすめて食べやすいやわらかさにしました。ポイだけだと味があまりないので、POKEと一緒に食べる事にしました(いわゆる「フィッシュ&ポイ」ですね)あまり発酵が進んでないものを選んだのでとても食べやすく、箸(おっとスプーン)が進みます。大食いクラブの評価は◎。大好評でした。
大食いクラブY子さん談
「思ったより美味しい、ハマリそうかも。ポイだけでは味に変化がないので、POKEと食べるのが正解ですね。」

これがフィッシュ&ポイ!

次は味つきの一口ポイ。キウィ味というのが不思議です。ポイ独特の風味が苦手な人にも食べてもらえるよう開発された商品です。「学校やピクニックに最適!」とあったのでワクワクしながら食べてみました。が、結果は…
T君談
「う〜ん… なんだかキウィの味がとっても人工的なんだよね。アメリカっぽいというか。ポイは自然のままで食べた方がおいしいな〜」
とのこと。「いまいち」と言う事で一致しました。

さて次はタロイモチップス。見た目は白いチップスに紫の筋が走っていて、いわゆるポテトチップスとは全然違います。食感はぱりっとしており、あまり油っぽさがありません。塩気もほとんどなくヘルシーな感じです。サルサやディップをつけても良いかもしれません。

タロイモアンパンはうっすら紫の皮の中に「タロイモあん」が入っています。あんは甘すぎずほのかに洋酒の風味が。マロングラッセっぽい味で、美味しー!! なんと、予想を上回るナイスなお味でした。
T君談
「なかなか行けますね〜。あんが絶妙で、甘党の僕としては大満足!」

見た目で驚くなかれ。味はナイスなポイチーズケーキ

その濃〜い紫色にちょっとびっくりさせられるのが、ポイチーズケーキ。羊羹っぽい感じかな? 食べてみてびっくり。見た目とは違いずいぶん甘さ控えめでタロの味がしっかり残っています。ぽくぽくとした食感もナイス。これは日本人の口にも合うと思いました。

タロの加工食品はどれもとても美味しく、今まであまり食べなかったのが悔やまれました。ハワイらしい美味しさ、とでもいいましょうか。素朴で優しい味に、はまる人も多いのではないでしょうか。みなさまもチャンスがあれば是非チャレンジしてみてくださいね。ダイエーやフードランド、タイムスなどのスーパーマーケットで手に入れることができますよ。

ハワイのソウルフード、タロを是非試してみてください。目からうろこのおいしさなのです。私は子供が出来たらポイで育てようと思っています。ポイ加工食品については次のウェブサイトに詳しく出ていますのでご参照下さい。
ポイカンパニー(英語):http://www.thepoicompany.com

それではまたお会いしましょう。

(2001年7月取材)

大食いクラブお薦めデザート
タロイモ自身を使った手軽なデザートを紹介します。職場のデザート名人A子さんに習った「タロタピオカ」です。彼女は一時期これに凝り、毎日3食食べ続けていたとか。実は私も今ハマリつつあります。危ない危ない…

用意するもの
・タロイモ(ダイエーにて購入。3ドルくらいかな?)
・ココナッツミルク1缶
・タピオカ適量(小粒のもの)
・砂糖適量

作り方
1. タロイモは大き目のさいころ状にきり、水からゆでます。まわりが崩れ、柔らかくなるまでゆでてくださいね。
2. 小鍋にお湯を沸かします。沸騰したらタピオカを入れ15分くらいゆでます。タピオカの量は適当ですが、かなり膨れますので気をつけてくださいね。それと、水からゆでるとタピオカが溶けてしまいますので必ず沸騰したお湯に入れてくださいね。
3. ココナッツミルクに砂糖と水をまぜスープをつくります。少し暖めて砂糖を溶かします。タロイモにもタピオカにも味がないので、ちょっと甘すぎるくらいにしておくと丁度よくなりますよ。
4. ゆであがったタロイモとタピオカは水を切り合わせます。そこにココナッツミルクを注げばできあがり。

バリエーションとしてはバナナを入れたり練乳をトッピングしたりと、素直な味なので色々なものと合うと思います。アツアツでも冷たくしてもそれぞれ美味しいので、皆様も是非試してみてくださいね。あ、そうそう、そのまま冷蔵庫に入れておくと、次の日はタピオカプディングになっていますよ。

この記事が属するカテゴリー: B級グルメ, ハワイのローカルフード


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ