ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「アン先生のキルト日記」

第39回 夏休みの手作り小物とキルト

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2001年07月02日

第39回 夏休みの手作り小物とキルト


ブルーのハワイアン柄で作った旅行用下着入れ(ファスナーアクセサリーを付けて)

皆様こんにちは。毎日べとべと梅雨の時期をどうお過ごしですか?ハワイも最近とても暑いです。お天気がいいと、外に行かないと…と思ってしまってなかなかキルトが進みませんが、雨の日は朝からとっても嬉しい気分になります。エアコンを効かせた部屋でお紅茶とお気に入りのお菓子をテーブルの上に置き、朝からずっとちくちくキルトができると思うと、本当に心がうきうきします… が、今アメリカはもう夏休みまっただ中。お子さんがいる家庭は毎日子供の世話とどうやって楽しい夏休みを送らせてあげよう思案していると思います。アメリカの子供たちは学年が9月から変わるので、夏休みの宿題はありません。ですから、本当にやることがないと飽きてしまうのです。日本のお子さんには夏休みの課題があるかと思いますが、今日は簡単に4年生くらいのお子さんならできるような小物を紹介してみましょう。

ブルーのハワイアン柄キルティングで作ったゲームボーイ入れ。(娘の力作)

ハワイアン柄の生地はもう日本の生地屋さんでもお馴染みですね。これをちょちょっとミシンをかけるだけで、旅行用の可愛い下着入れができてしまうのです。アクセントに海系のファスナーアクセサリーを付けてあげると、かなり可愛く変身してしまいます。またハワイアン柄のキルティングの生地はポータブルCDプレーヤーやゲームボーイなどの壊れやすい物用のバッグには最適です。(ちなみにハワイではハワイアン柄の生地は1ヤード$2.99、ハワイアン柄キルティング生地は1ヤード$8.95、これはどちらともファブリックマートにて)巾着にすればミシンで直線縫いのみ。子供でも簡単に縫えてしまいますね!うちのちび(と言っても今秋6年生)もミシンの使い方を1日で習得し、今では下糸も自分で巻け、上糸もミシンに通し、じゃんじゃん線も引かずに縫うことに夢中になってしまいました。こんな風にいっしょに少しづつお裁縫に慣れてくれると将来のハワイアンキルターも有望なんですが…(いつ気が変わるかわからないのが、怖い…)

黄色のスター柄パッチワークのクッション

ハワイアンキルトはまだ難しいですが、パッチワークならちょっとできるかも。簡単なスターの図案から一緒に作ってみてはいかがでしょうか?好きな色から生地を選んでもらい、手伝ってもらっていると、いつの間にか興味が湧くようです。これも大好きな黄色で作ったパッチワークキルトのクッションです。

私の新作。パイナップルのハワイアンキルトのクッション。

娘がプールで泳いでるのを見ながら、私はハワイアンキルトを続け、また海でサーフィンをしてるのを見ながら、アップリケを続けています。その姿を見て、少しでもハワイアンキルトに触れて大きくなってほしいと願っていますが…(そのおかげで私は真っ黒)私の作品はパイナップルのクッションが出来上がったくらいかなあ… 今年の夏、イルカと一緒に遊んだ記念にと今イルカのベビーサイズキルトを制作中です。夏が終わるまでに出来上がるかが心配ですが…

今年の夏、ハワイに旅行計画中の方、お子さんと一緒に来られるのであれば、何かハワイの思い出がしまっておけるような手作りの作品を考えてみるのもいいのでは??お子さんにとっては、宝物になるはずです。安全で楽しい夏休みを。

(by アン)

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, キルト日記
関連キーワード: キルト,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「アン先生のキルト日記」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ