ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「アン先生のキルト日記」

第38回 キルトに使われる植物たち

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2001年06月02日

第38回 キルトに使われる植物たち


日本はお花が満開ですね。ここハワイは常夏の島ですが、前にもお話した通り、季節で違うお花が咲きます。ハワイアンキルトのデザインとなっている植物やお花を今日は紹介してみましょう。写真をご覧になってわかるかと思いますが、バックグラウンドの青い空がいかにも! って感じじゃないですか?
(そこがハワイだ!)

まず「実になる」、幸運をもたらすと言われるパンの木です。これはキルトのパターンの中でもとてもポピュラーで、必ず一度は作ってみるパターンの1つです。こうやって写真を撮り、そこからマイパターンを作ってみるのはいかがでしょう。きっと素晴らしいオリジナルキルトができるはずです。昔のハワイアンは主食の替わりにしていた時もあったそうです。

プルメリアもパターンにはよく使われます。香りもいいので、レイのお花として有名です。色は白、黄色、白に黄色、ピンク、赤などがあります。プルメリアのお花は季節をあまり問わず、咲いています。

ハイビスカスもハワイでは一年中見られるお花です。八重になっている花びらを持つハイビスカスはハワイにしか生息しない唯一のハイビスカスだったりします。見た目は同じ様ですが、かなり多くの種類があるようです。ハワイの女性は耳の上に飾ったりします。未婚、既婚がわかるというものです。

レッドジンジャーは少し変わったお花ですが、これも頻繁にハワイアンキルトのパターンに使われます。ホワイトジンジャーと少し形が違います。このお花をフラワーアレンジメントに1つ入れるだけで、とてもトロピカルになるのが不思議です。情熱的な赤がやはり印象的ですね。香りはあまりありませんが、私が大好きなお花の1つです。

ハワイの至る所に咲き乱れているお花や植物をカメラに収めて、日本に帰ってからパターンとしてトレースしてみるのも、また違った楽しみ方になるに違いありません。私はこの写真たちをコンピューターの画面上に並べ、眺めているだけで、幸せな気分になります。自分の撮った植物で来年はカレンダーでも作ってみようかなあ… 

話はかなり変わりますが、先日私は、な、なんとキャシー中島さんのハワイアンキルト展に行ってしまったのです。仕事の日程がパーフェクト。初日に行きました。

もちろん日本でキャシーさんのキルト展を見るのは初めてでしたが、うわさ通り、素晴らしい作品の数々… ただただ美しい… 新しいデザインやパターンを作り続けるキャシーさんに脱帽です。お忙しい方なのによく作品を作られるなあと感心して帰って来ました。まだまだゆっくりと眺めていたかったのですが… 

多分、行かれた方もたくさんいらっしゃると思いますが、皆さんも同じ感想だったでしょうね… 制作意欲が湧いて来た来た… さあがんばって作りかけのキルトたちを仕上げてあげましょうね。

(by アン)

Senator Fong’s Plantation
場所:47-285 Pulama Rd., Kaneohe, 96744
電話:239-6775
Foster Botanical Garden
場所:180 N Vinyard Blvd., Honolulu, HI 96817
電話:522-7066

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, キルト日記
関連キーワード: キルト,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「アン先生のキルト日記」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ