ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

ハワイ旅行、インフレ・円安でもお得にハワイを楽しむ節約術10選

投稿者: Eriko 更新日:2022年10月26日

Enjoy Hawaii Trip While Saving Money

新型コロナウイルスの入国制限も解除され、ハワイ旅行を計画している方も多いことと思います。しかしインフレや円安などの問題もあり、「これまでのようにハワイを楽しめないのでは?」と不安を抱いたり、ハワイ旅行を諦めてしまう人もいるのでは? そんな方々は必見です! 

この記事では、ハワイ旅行で節約できる部分や現地でのセービング法などを伝授します。ハワイに行きたい皆様の参考になれば幸いです!

◇関連記事/ハワイの物価を徹底調査! 1ヵ月の生活費はいくら必要?

<目次>

1.ハワイ行き飛行機はマイルを利用する
 1-1.燃油サーチャージを節約できる方法とは?
2.ハワイのホテルをお得に予約する方法
3.ハワイで自然を満喫するアクティビティを楽しむ(無料)
 3-1.人気のビーチ
 3-2.人気のハイキングスポット
4.ハワイで堪能できる無料の植物園や美術館
5.ワイキキで無料フラショーやハワイアン音楽を楽しむ
6.移動にはライドシェアがタクシーよりお得!
7.ホノルル内の移動はレンタル自転車「BIKI」を利用してみる
8.イートインよりもチップ支払い不要のテイクアウト
 8-1.プレートランチでピクニックを楽しむ
9.ハワイのレストランでお得に食べられる時間帯を利用する
10.お得なお土産買い、ショッピングの裏技伝授!

 

1.ハワイ行き飛行機はマイルを利用する

ハワイ旅行に行くと決めたら、まずは航空チケット探し。コロナでハワイ行きの便数が限られていることに加え、オイル価格急騰により燃油サーチャージも高くなっている今、安いチケットを探すのは一苦労ですよね? そこでこの章では、マイルを利用してハワイ行きの航空券をお得に購入する裏技をご紹介します。

航空会社が実施している「マイレージ」プログラムにすでに加入している方は多いと思います。以下は、ハワイ旅行で利用する際に比較的マイルを貯めやすい航空会社の例です。

●ANA(全日本空輸) ANAマイレージクラブ
●JAL(日本航空) JALマイレージバンク
●デルタ航空 スカイマイル
●ユナイテッド航空 マイレージプラス
●ハワイアン航空 ハワイアンマイルズ

特にANAとユナイテッド航空は、共通の「スターアライアンス」に加盟しているので、どちらかに登録すると、ユナイテッドのマイルでANA便の特典旅行券を発券する、またはその逆など、マイル利用法の幅が広がります。

またマイルの利用は片道ずつの発券にも利用可能な場合があることをご存知ですか? 現在貯めているマイルが往復券に満たない場合、例えば行きはLCC(格安航空会社)のZIPAIRで、帰りだけマイルを利用するのもありですね。

さらにお得な情報として、マイルを使って特典旅行券を発券する場合に、アメリカの航空会社(デルタ航空、ユナイテッド航空、ハワイアン航空など)では、燃油サーチャージがかからないというメリットもあります。

 

1-1.燃油サーチャージを節約できる方法とは?

航空機の燃油サーチャージは、燃油市況価格平均(シンガポールケロシン)に基づき2ヵ月ごとに変更されるので、飛行機の運賃は大幅に変動することになります。

2022年はウクライナ情勢などにより、燃油サーチャージが上昇傾向にありました。値上がりが過去最高と言われた時期もありました。さてその燃料サーチャージを回避する方法はあるのでしょうか? こちらにいくつか紹介しています。

ハワイ旅行でZIPAIRを利用する場合は燃油サーチャージが付きません。LCCでただでさえ低価格ですが、さらに安くで航空券を購入することが出来ます。

また上の章でも説明していますが、アメリカの航空会社(ユナイテッド航空、デルタ航空、ハワイアン航空)のマイルを利用して特典航空券を取得する場合には燃油サーチャージが加算されませんので、こちらも利用するべき。

◇関連記事/JALのハワイ便、燃油サーチャージ往復61,000円に値下げ

 

2.ハワイのホテルをお得に予約する方法

ハワイのホテルを予約する方法として、旅行代理店を通じて予約、またはホテルの公式サイトで各自出予約する方法がありますよね。

しかし以外に知られていないのが、ホテルの公式ページから直接予約した場合、リゾート料金がかからなかったり、公式ページならではのお得なスペシャルプランを提供しているということ。

ハワイの多くのホテルは日本語サイトがあるので、まずは泊まりたいホテルをリストアップして、公式サイトを検索してみましょう。予約する際の利点や特典を利用して予想以上にお得に泊まることも可能です。以下に、ホテルが提供する特典の一部をご紹介しています。

  • ●特別レートが適用される
  • ●リゾート料金が免除される
  • ●朝食が無料でつく
  • ●宿泊パッケージが利用できる
  • ●通常より早くチェックインできる
  • ●非常時の予約変更やキャンセルがしやすい
  •  

上記は一例で、すべてのホテルが同じではありません。宿泊を希望するホテルのウェブサイトをじっくり読んで、公式サイトから予約する利点を比較してみましょう。

「非常時のキャンセル」については、新型コロナの影響でハワイ旅行がストップとなり、苦い体験をされた方も多いと思います。旅行予約サイトなどを通じて予約した場合、安くても返金不可になる場合も多いのですが、公式サイトで予約した場合には、何か起きた場合に変更やキャンセルの交渉がしやすくなります。キャンセル規約に関しては各ホテルで異なり、ホテルの公式サイトに「72時間前までキャンセル無料」などが記載されているので、注意してお読みください。

ハワイの人気ホテルのウェブサイトは下の記事からご覧ください。

◇【2022年最新版】ハワイのおすすめホテル16選

 

3.ハワイで自然を満喫するアクティビティを楽しむ(無料)

海や山など美しい自然に囲まれているハワイ。いたるところにビーチパークや緑溢れる公園もたくさんあります。もちろんレンタカーでしか行けないような場所はオプショナルツアーに入れたいですが、旅行中はツアーをぎっしり詰め込まないで、身近でハワイの自然と戯れてみてはいかがでしょう? パンデミック期間中にさらに美しくなったハワイのビーチを満喫してみませんか?

 

●無料で楽しめるアクティビティ1.ビーチ

ハワイはどこに行っても美しいビーチがあります。ハナウマ湾(入場料大人一人25ドル)など除いてはほとんどのハワイのビーチは無料です。(※マウイ群のビーチ公園は来春から有料化される予定

オアフ島のビーチの情報は以下をご覧ください。

◇ハワイ、オアフ島のベストビーチ15選

 

●無料で楽しめるアクティビティ2.ハイキング

ダイヤモンドヘッドなど州立公園は料金制ですが、ほとんどのハワイのハイキングスポットは無料です。ハイキングでは、体を動かしながら地上からは見れない絶景を眺めることもできる最高のチャンスです! 

以下に、無料で行ける人気のハイキングスポットをいくつかご紹介します。

マノアの滝 ‐ハワイ大学の近くにあり、ワイキキからも市バスで行くことができるハイキングトレイルです。ハワイで森林浴を楽しみたいならおすすめです。

ラ二カイ・ピルボックス ‐カイルアにあり、水色に輝くラ二カイ・ビーチの絶景を見下ろせる大人気のハイキングスポット。青い海に映えるピルボックス(トーチカ、またはコンクリートでできた防御陣地)の上に登って、写真撮影はマスト! ハワイに来た思い出にインスタグラムに投稿してもよし!

マカプウ岬 ‐東オアフに位置するハイキングトレイルです。海に面したハイキングコースは舗装されているので、子ども連れやバギー押し、ペット連れで登っている人もみかけます。頂上からはお天気が良い日にはモロカイ島の絶景ショットを撮影することもでき、11月~4月ごろの冬期にはザトウクジラも見えることで有名なスポットです。

ココへッド・トレイル ‐ちょっと山登り慣れした、中級者以上におすすめのコース。東オアフにあり、頂上からは360度のパノラマビューが見渡せます。往復2時間ほど。

ハワイのハイキングスポットに関する情報は以下をご覧ください。

◇Let’s Goハイキング!初心者も楽しめるトレイル4つ
◇美しい自然を大満喫!ハワイのおすすめハイキング6コース

 

4.ハワイで堪能できる無料の植物園や美術館

さらに、ワイキキではハワイアン文化を堪能できる無料のエンターテイメントが多く開催されています。以下に、ハワイで楽しめる無料アクティビティをご紹介しています。

ハワイの植物を鑑賞出来て、ピクニックだって楽しめるボタニカルガーデン(植物園)。またアートを楽しみたい人には、美術館などもおすすめです。以下に、ホノルル周辺にあり、無料で楽しめる植物園と美術館をご紹介しています。

リリウオカラ二植物園 ホノルルのダウンタウン外れに位置。かつてリリウオカラ二王女がピクニックを楽しんだと言われる歴史ある場所です。

ハワイ州立美術館 こちらもダウンタウンにある美術館です。無料で、ハワイに関連のあるアーティストたちの作品を鑑賞できます。スペイン様式の美しい建造物で、中にあるカフェ「アーティズン」は美味しいと人気です。

◎リリウオカラニ植物園
Lili’uokalani Botanic Garden
住所:123 N. Kuakini St. Honolulu, HI  96817
電話:(808)586‐0900
営業時間:毎日7:00‐17:00
定休日:クリスマス&元旦
入場料:無料
ウェブサイト(英語):https://www.honolulu.gov/

◎ハワイ州立美術館
Hawaii State Art Museum
住所:250 South Hotel St., Honolulu, HI 96813
電話:(808)586‐0900
営業時間:月曜~土曜10:00‐16:00
定休日:日曜、州・連邦祝祭日
入場料:無料
ウェブサイト(英語):https://hisam.hawaii.gov/

 

5.ワイキキで無料フラショーやハワイアン音楽を楽しむ

左上から時計回り:アラモアナセンター、ワイキキ・ビーチ・ウォーク、インターナショナルマーケットプレイス、ロイヤル・ハワイアン・センター

 

ハワイにはフラやハワイアンミュージックなど独特の文化があります。ワイキキ周辺でもこれらのエンターテイメントが無料で提供されている場所がありますので、以下を参考にしてみてくださいね。

‐アラモアナセンター

ハワイ最大のオープンエア・ショッピングセンターである アラモアナセンターでは、1階のセンターステージで毎日午後5時より、フラショーを開催しています。20分間によるショーでは、古典フラ(カヒコ)と現代フラの両方を鑑賞することができます。

◎アラモアナセンター
Ala Moana Center
住所:1450 Ala Moana Blvd., Honolulu, HI 96814
電話:(808)955-9517
営業時間:毎日10:00-20:00
休業日:年中無休
ウェブサイト(日本語):https://www.alamoanacenter.com/ja.html

‐インターナショナルマーケットプレイス

ワイキキの大型ショッピングセンターインターナショナルマーケットプレイスでは、毎週月、水、金曜日に1階のクィーンズコートで、無料フラショー「ナ・オ・ラニ・サンセット・フラ・ショー」を開催しています。

カラカウア通り側のトーチタワーからクイーンズコートまで順番に灯りをともすトーチライティングセレモニーから始まり、その後はクィーンズコートにてハワイとポリネシアの曲やダンスなどのフラショーを開催。ワイキキの歴史や文化にちなんだ豪華なショーを楽しめます。ショー開始時間は、3~8月の期間は午後7時、9~2月は午後6時半スタート。

◎インターナショナルマーケットプレイス
International Market Place
場所:2330 Kalakaua Avenue, HI 96815
電話:(808)931-6105
営業時間:毎日11:00-20:00(レストラン及び百貨店では営業時間が異なります)
ウェブサイト(日本語):https://ja.shopinternationalmarketplace.com/
フェイスブック公式ページ(日本語):https://www.facebook.com/pg/IntlMktPlaceJP/posts/
インスタグラム公式ページ(日本語):https://www.instagram.com/intlmktplacejp/

‐ワイキキ・ビーチ・ウォーク

ワイキキ・ビーチ・ウォークでは、本格的なハワイアン・ミュージックやフラのパフォーマンスを楽しめるだけでなく、訪問者にハワイの文化に触れる機会を提供しています。下に紹介しているイベントの詳細はこちらからご覧ください。

• メレ・ハリア – 毎月開催されるハワイアンミュージック・コンサート

• クー・ハア ヘオ – 毎週火曜日、午後4時半から6時まで開催される、ハワイアンライブエンターテイメント

• カ・レイ・フラ  – 毎週日曜日の午前9時から無料で開催されるフラのレッスン。定員10名で、人気があるので参加者は要予約

• ザ・ロイヤル・ルーム/ハワイアン・ミュージックの殿堂 – 毎月21日、午前11時から「メイク・ミュージック・ハワイ」シリーズ特別公演をライブストリーミング配信

◎ワイキキ・ビーチ・ウォーク
Waikiki Beach Walk
住所:226 Lewers St., Honolulu HI 96815 
ウェブサイト(日本語):http://jp.waikikibeachwalk.com/
フェイスブック公式ページ(英語):https://www.facebook.com/waikikibeachwalk/
インスタグラム公式ページ(英語):https://www.instagram.com/waikikibeachwalk/?hl=en

‐ロイヤル・ハワイアン・センター

ワイキキのロイヤル・ハワイアン・センターでは、フラショー、レイメイキング、ウクレレレッスン、ラウハラ編みレッスンなど、ハワイアンカルチャー関連のイベントやクラスを無料でたくさん提供しています。以下に紹介している以外のショーやクラスは、こちらのウェブサイトに詳しく掲載されています。

• フラ・カヒコ – ハワイに古くから伝わる(1800年代以前)古典フラショーを楽しめます。毎週土曜日午後5時~6時30分にロイヤルグローブにて、伝統的な衣装をまとったフラダンサーが、伝統的なリズムの楽器や詠唱者と共に舞を披露

• マルヌイ・プロダクションズ – 毎週金曜日、午後5時半から6時30分までロイヤルグローブで、フラなどのハワイアンライブエンターテイメントを楽しめます

• ケイキ・フラ・レッスン  – 毎週木曜日の午後12時~午後1時までロイヤルグローブで、子どものため(5~10歳が対象)のフラレッスンが開催

●ウクレレレッスン  – 毎週月曜日の午前11時~正午まで1階(ビルB)のヘルモア・ハレ・ゲストサービス&ヘリテージルームにて開催。先着12名(10歳以上おすすめ)ウクレレ持参は不要

◎ロイヤル・ハワイアン・センター
Royal Hawaiian Center
住所:2201 Kalākaua Ave, Honolulu, HI 96815 
ウェブサイト(日本語):https://jp.royalhawaiiancenter.com/

 

6.移動にはライドシェアがタクシーよりお得!

レンタカー派でない方の旅行中の移動には、料金がタクシーより安めで、乗車前に価格を把握でき便利なUber、Lyft、ホロホロなどのライドシェアがおすすめです。

ホテルからの送迎が付かない個人旅行の場合、空港からの交通手段としてもおすすめです。Uber X(エコノミー、3人乗り)でタクシーの最低料金ほど。例えば、ホノルル国際空港からワイキキまでは40ドル弱です。

またハワイ発のシェアライドホロホロは、ピーク時でも料金が上がることがない良心的な価格設定で、安全や衛生対策もしっかりしているので安心して利用できますよ。

さらに現在、ホロホロのアプリをダンロードして、予約ページの最後にあるプロモーションコードの欄に「MYHAWAII」を入力すると、ハワイ内を移動する際に使える$7割引のクーポンがもらえます。ぜひ利用してみてくださいネ。

以下のリンクいずれかから、アプリをダウンロードできます。
・アップルストア:https://apps.apple.com/us/app/holoholo-mobility/id1558580591
・グーグルプレイストア:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.holoholo.consumer

ハワイに到着してからホテルまでの交通手段の比較は以下の記事をご覧ください。

◇ホノルル国際空港からワイキキまでの交通手段、徹底比較!

 

7.ホノルル内の移動はレンタル自転車「BIKI」を利用してみる

ホノルル市内の移動はレンタル自転車の「BIKI」が便利でお得です。BIKIステーションはホノルル市内約130ヵ所に設置されているので、目的地の近くで乗り下りが可能。料金は、1回30分で4.50ドルで、滞在中に何回か使用したい人には300分(5時間)25ドルの長時間パスも便利です。ホノルルの街を自転車で風を切って走るのも楽しいアクティビティになること請け合いです!

ただしBIKIの支払いには現金は使用できず、クレジットカードまたはデビッドカードが必要です。BIKIの乗り方の詳細はBIKIのウェブサイト(日本語)をご覧ください。

レンタサイクル「biki」徹底取材!(動画&マップ付き)

◎BIKI公式ウェブサイト(英語)https://gobiki.org/

 

8.イートインよりもチップ支払い不要のテイクアウト

美味しくお金をセーブしながら食事をしたいならテイクアウトがおすすめです。

ハワイでは新型コロナのパンデミック期間中に物価が上昇し、飲食店の値段も上がってしまいました(泣)。ワイキキのレストランでディナーを食べようと思ったら軽く一人30ドルは超えてしまいます。それに加えてチップ(ランチで15%~、ディナーだと20%~)となると、円換算するとショックですよね。プレートランチでも最近では20ドル近くしてしまうという実情。

しかし、テイクアウトならチップの支払いを回避できるというメリットがありますよね。滞在中に外食する日を決めて、それ以外の日はテイクアウトを楽しんでみてはいかがでしょうか?

またコロナ禍で一般のレストランでもテイクアウトが出来るレストランが増えていますので、テイクアウトをぜひ活用してみてくださいね。

ハワイ旅行中のチップに関する質問・詳細は、以下の記事をご覧ください。

◇【2022年度版】ハワイでのチップの常識

 

●プレートランチをテイクアウトして公園やビーチでピクニックを楽しむ

ローカル(ハワイ在住者)は休日にビーチや公園でピクニックやBBQを楽しみます。皆さんもローカル風に、お天気の良い日(ハワイでは確率高いです!)にはお気に入りのプレートランチをピックアップして、カピオラ二パークやビーチで自然を満喫しながらピクニックを楽しんでみてはいかがでしょう。ちょっと遠出して、カイルアやラ二カイ・ビーチもおすすめです。(上写真はカイルアビーチ)

◇カイルアガールのおすすめスポット10選【最新情報あり!】

 

9.ハワイのレストランでお得に食べられる時間帯を利用する

滞在中に豪華な食事もしてみたい。でも予算が気になるという方も多いと思います。そこで、この章では、ハワイのレストランでダイニングする際のセービング法をご紹介します。

写真は、ルースズ・クリスのプレフィックスコース(滝本真弓さん提供)

◇旅行者インタビュー!母と水入らずハワイ旅行、MySOSと税関申告アプリで帰国スムーズ

ハワイのレストランではおつまみやアルコールなどのドリンクが安くで食べられる時間帯「ハッピーアワー」があります。ハッピーアワーの時間帯は、ランチ終了後の午後3時頃からディナー時前の6時頃に開催されるのが通常です。時間を自由に使える旅行者は、これを利用しない手はありませんね。

ステーキで人気のウルフギャング・ステーキハウスでは、月~金曜日の15:00-18:30(バーエリアにて)までハッピーアワーを開催しており、ビールやワインが安くなるほか、ステーキを挟んだミニサイズのバーガーやアヒ・タルタルなどのおつまみが全て$7。さらに、12オンス(約340g)のニューヨーク・サーロインステーキにマッシュポテトとクリームほうれん草、チーズケーキがセットになったハッピーアワースペシャル($72.95)などを楽しめます。

さらに、プリフィックスのコース料理を時間限定でお得に提供しているレストランもあります。ルースズクリス・ステーキハウスでは、コース料理をお得に楽しめる「プライムタイム」を実施しています。ワイキキ店(16:30-18:00)とホノルル店(17:00-18:00)の両方で楽しめます。

【プライムタイムのコースメニュー】メインによって、$54.95と$64.95のコースがあります。
●前菜:シーザーサラダ、もしくはステーキ・ハウス・サラダ
●メイン:
$54.95のコース プチフィレ、もしくは鶏胸肉のチーズ詰め
$64.95のコース フィレ、もしくはニューヨーク・ストリップ、もしくはリブアイ
●サイドディッシュ:マッシュポテト、もしくはほうれん草のクリーム煮、もしくは白米
●デザート:アイスクリーム、もしくはシャーベット、もしくはホワイトチョコレート・ブレッドプディング

ディナーの時間にしては少し早いですが、プライムタイムを目当てに来るお客さんは多いので、利用したい場合は早めに予約をおすすめします。ルースズ・クリスの情報や予約に関する詳細はこちらからご覧ください。

 

10.お得なお土産買い、ショッピングの裏技伝授!

ハワイのお土産といえばマカデミアナッツですよね? ハワイ在住の編集部員の経験上、マカデミアナッツチョコレートはロングスドラッグス(ロングス)が頻繁にセールを開催するので要チェックです。※他のスーパーも一応チェックしてみてください。

◇ハワイのスーパー17選、徹底比較!【ワイキキ周辺】

さらにロングスなどハワイのスーパーでは、メンバー限定のセールも実施しているのでこれも利用すべし! ハワイのスーパーの会員は電話番号の提示による無料登録ができます。会員限定セールでお得にショッピングしたり、長期滞在で食料品を調達したい人にはメリットが大きいと思います。

以下に、ハワイのスーパーで旅行者でも会員になれるところをご紹介しています。

旅行者でも会員登録できるハワイのスーパー

ロングスドラッグス:「CVS」カード。電話番号を提示にて作成
セーフウェイ:「セーフウェイクラブ」カード。カード提示により、割引き商品「クラブプライス」のディスカウントがもらえる
フードランド、またはフードランドファームズ:「Maikai Card(マイカイカード)」。カスタマーズサービス(顧客サービスカウンター)で電話番号提示により、旅行者でもその場で登録が可能。カードではなく、支払いの際に電話番号を言うと割引がもらえるシステム

◇ハワイ旅行者も使える!フードランドの無料会員システム一新!(2022年5月記事)

会員制のウェアハウスクラブ、コストコは、マカデミアナッツチョコレートをまとめ買いするなら一番安いかもです。編集部員がオアフ島のお店を色々見て回り確認したところ、12箱で34ドル(1箱あたり2ドル80セント)くらいでした。

◇ハワイのコストコ、殿堂入りアイテム25選以上ご紹介

またお土産はアロハスタジアムで物色するのが、安くで掘り出しもの見つかる可能性大。スタジアムまでは数人ならウーバーを利用していくのもいいですね。

◇ハワイのザ・バス料金、7/1から値上げに

 

ハワイの恒例セール時期を狙う!

さらに、ハワイでは毎年同じ時期にショッピングセンターや百貨店、各ブランドで大規模なセールが開催されます。セールの時期は祝祭日と重なることが多く、その中でも最も大きな規模のセールは感謝祭の「ブラックフライデー」、クリスマス翌日の「アフタークリスマスセール」などがあります。

ショッピングが目的の方はセール時期を見極めてハワイ入りするのもありかと思われます。以下、2023年の祝日表を参考にしてみてください。

ハワイの主なセール時期(2023年)

2月第3月曜日を含む週末

プレジデントデーセール 2023年2月20日(月)

5月最終月曜日を含む週末

メモリアルデーセール  2023年5月29日(月)

7月4日を含む前後5日間ほど

独立記念日セール 2023年7月4日(火)

7月下旬~8月上旬

新学期準備に向けてのセール 

9月第1月曜日を含む週末

レイバーデーセール 2023年9月4日(月)

10月第2月曜日を含む週末

コロンブスデーセール 2023年10月9日(月)

11月第4金曜日を含む週末

ブラックフライデーセール(深夜0時頃にオープン)2022年11月25日(金)/2023年11月24日(金)

12月26日~1月初旬

アフタークリスマスセール 

 

ハワイ旅行の節約法は以上ですが、皆様が楽しいハワイ旅行をできますように!

(2022年10月末更新)

 

この記事が属するカテゴリー: B級グルメ, ショッピング, 基礎知識


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ